月岡野の戦いがバツグンに面白い!斎藤道三の末子が上杉家を相手に大勝利

 

勝負というのは当人同士でやるもの。そんなイメージがありますが、戦国時代の場合そうとも限りません。

むしろ家と家同士の勝負が「やったなてめえ!」「そっちこそ!!」というように尾を引きまくって長引いていたというほうが正しいですかね。というか、発端の応仁の乱からしてそんな感じですし。

真相がよくわからないながらに、織田家が上杉家に負けてしまった手取川の戦いにも、そんな後日談がありました。
天正六年(1578年)10月4日にあった月岡野の戦いです。

 

やる気マンマンの織田軍 vs 御館の乱真っ最中の上杉景勝

といっても、謙信はこの年の3月に急逝してしまっていたので、謙信個人というよりは上杉家に対するリベンジになったのでした。

やる気満々のNOBUさん以下織田軍に対するは、まだ御館の乱(謙信亡き後の後継者争い)真っ最中の上杉景勝。無能な人ではありませんが、織田家に対抗するにはやはり荷が勝ちすぎというものでしょう。

信長はまず、謙信に追い出されて織田家に来ていた神保長住(ながずみ)という人物に「おい、お前の領地取り返せそうだからいっちょ働いてこい」(超訳)と言いつけて先行させました。
とはいえ彼には満足な兵数もいませんから、いきなり荒っぽい手は取れません。追い出されたとはいえ地元・越中(現・富山県)には元家臣たちや親族がおり、そうした人々に呼びかけて織田家へ帰順するように説いてまわります。

一時上杉家についていた人々も一部これに応じ、長住は密かに越中を掌握していきました。戦そのものも面白いですけど、こういう水面下の動きもワクワクしますね。

上杉景勝/Wikipediaより引用

上杉景勝/Wikipediaより引用

 

まだいたのかマムシの息子! はい、濃姫の弟でやんす

しかし、当然のことながらこれを良しとしない人もいました。
血筋的には上杉家のほうが上と見られていましたから、「NOBUさんだか何だか知らねえけど、そんな得体の知れない家に頭下げるなんてたまるか!」というわけです。

数回に渡って説得を試みてもうまくいかず、ついに信長からは「言っても聞かない奴は倒すしかないな!やれ!」(超訳)という命令が下ります。

先鋒を任されたのは斎藤利治(としはる)。この人は濃姫の末の弟、つまり道三の末息子です。信長にとっては義弟ですね。

信長で”義弟”というとイヤな連想しか思いつかない方もいるかと思うのですが、利治は”甥っ子の龍興があまりにもアレなので織田家に帰順した”というなかなか慧眼な人でしたので、忠実に仕えています。信忠の側近になっていたくらいですから、覚えもめでたかったことでしょう。ちなみに彼も手取川の戦いに参加していたといわれています。対上杉戦は個人的なリベンジでもあったんですね。

利治はまず越中南部の津毛(つげ)城を攻めようとしました。

が、上杉家自体が内乱の最中であり、とても兵卒まで統制されているとはいえない状態。
戦が始まる前から「織田軍が来るぞおおおおお! 皆逃げろおおおおおお!」(※イメージです)とてんやわんやの状態で、城から逃げ出す兵が大多数。戦にならなかったそうです。( ゚д゚)ポカーン

利治はさぞ拍子抜けしたことでしょう。城兵の嗅ぎわけっぷりに感心していたかもしれませんが。

 

足場の悪いぬかるみで3000人を捕らえる大勝利

穏便に拠点を作ることができた利治は、気を取り直してさらに兵を進めました。

次の今和泉城には謙信の側近として仕えていた人物もおり、一筋縄ではいかないと判断した彼は一計を講じます。城攻めを中止すると見せかけて、上杉軍を城の外へ誘い出したのです。

そして地形の複雑な月岡野までひきつけてから一斉に転進。360人を討ち取り、さらに3000人を捕らえるという大勝利を収めました。
月岡野は現在の富山市上栄あたりといわれており、当時はどうだったかわかりませんが、今は大小さまざまな川が流れているので、おそらくかなり足場の悪いところだったのでしょう。

地元でもないのにそこまで把握してた利治ぱねえ。

この働きにはもちろん信長も信忠もホクホク顔で、感状(主君からのお褒めの手紙。領地について書かれていることも)をあげています。

特に信忠は自分の家臣が大功を挙げたことがよほど嬉しかったらしく、「寒い中ご苦労様」「今後も良い知らせを待っている」と書いており、気遣いや喜びようが伺えます。かわいいな。

大喜びの大殿様♪(富永商太・絵)

大喜びの大殿様だったが♪(富永商太・絵)

 

いいところで荒木村重の裏切り トホホ・・・

こうして謙信亡き後とはいえ、名を轟かせていた上杉家を破ったということで各地の大名は「織田家ってヤバくね?」と考えるようになります。
特に越中では織田家についた人が多く、このまま一気に上杉家を破れるかに見えました。

が、本格的に動き出す前に冬が深まり始めたこと、さらに上方で荒木村重が裏切ったためその対処に当たらねばならず、こちら方面の作戦は一時中止となります。

その間に上杉家は御館の乱を片付けて体勢を立て直し、次はこれもリベンジを狙う柴田勝家とぶつかっていきました。

上杉家=謙信、謙信のライバル=武田信玄というイメージが強いので、上杉家といえば武田家との争いが連想されますが、こうして見るとvs織田家との戦いもなかなかドラマに満ち溢れていますね。

大河ドラマか映画でここにクローズアップしたら面白そうだと思うんですが、どなたか良い脚本を書いていただけませんかねえ。

合戦シーンはお金がかかるから難しいかな(´・ω・`)

 

 

長月 七紀・記

参考:月岡野の戦い/Wikipedia

 

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る