日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 徳川家 諸家

岡山2代藩主池田綱政は歴史的風評被害? 後楽園も作った名君の真の実力とは

更新日:

 

歴史上の人物の中には、講談による誇張表現や記録した人の私意によって、不当に貶められる人が少なくありません。
だいたい「好色すぎる」とか「残虐だった」とか「救いようのないバカだった」とかですね。当コーナーでも松平忠直・忠輝、高橋お伝など、こうした風評被害に遭ったと思われる人々を何人かご紹介してきました。
本日は彼らの間に生きていた、やはり記録上ではボロクソに言われている人をもう一人ご紹介しましょう。
正徳四年(1714年)10月29日に亡くなった、岡山藩二代藩主・池田綱政です。

池田綱政

池田綱政/Wikipediaより引用

 

信長、家康、本多忠勝…戦国オールスターの子孫として

この人はまず血筋がスゴイ。
遡れば遡るほど、池田輝政・榊原康政・千姫・本多忠勝・織田信長・徳川家康といった大物が出てくるという、血筋的に言えば戦国オールスターみたいな人でした。
彼の生きた時代には既に太平の世になっていたため、こうしたそうそうたるメンツの血筋らしい武功を挙げることはありませんでしたが、功績の面ではそれをうかがわせるものがあります。

彼が池田家を継いだのは寛文十二年(1672)。しかしこの時代の大名によくあることで、しばらくは隠居したはずの父親が実権を握っていました。
父・光政も名君として名高い人でしたので、綱政としては逆らう理由もなく、また大いに学ぶこともあったでしょう。
そのためか天和二年(1682年)に光政が亡くなるまで、目立った衝突はなかったようです。

そこからは自ら藩政に辣腕を振るいます。
特に力を入れたのは、新田開発のために灌漑(かんがい。水路や堤防を作って安定した水を供給すること)でした。
当時はどこの大名も冷害その他で米の税収が減り、それでも家格に合った暮らしをせねばならんということでビンボーに喘いでいた時期。藩政を安定させるためには、いかにして米を確実に・効率よく実らせるかということを考えなくてはいけなかったのです。岡山藩も冷害ではなく、洪水などの天災で税収が減ってしまっていました。
幸い、綱政のこうした取り組みが功を奏し、やがて財政再建を果たします。

 

スポンサーリンク

三名園「後楽園」も造営、東京ドームじゃないよ

そのおかげか、寺社や庭園の造営にも熱心に取り組むことができました。
新しく作るのはもちろん、ひいじーちゃんの信仰していた岩屋観音にもたくさん寄進をしています。

また、日本3名園の一つ、岡山の後楽園は彼が作らせたものです。地元で客をもてなすときに使われることが多かったようですが、綱政は「何かあったときには城の女子供をここへ避難させるように」とも言いつけていたそうで、いくつもの役割を持った庭園でした。
これは余談ですけども、戦時中には芝生の一部が畑に使われていたこともあったそうで、”いざというとき”に元領民の役に立つことができて、綱政も本望だったのではないでしょうか。
残念ながら、建物は空襲で一度全部燃えてしまったのですけども。文化の破壊ダメ絶対。

photo by la swimming yuu

photo by la swimming yuu

 

スポンサーリンク

なぜかバ~カ殿扱いにされる

そんなわけで綱政はかなりデキる部類のお殿様だったわけですが、なぜか記録上ではボロクソにいわれています。
いわく「女好きすぎて70人も子供を作った」とか「根っからのバカで学がなかった」などなど散々な扱いです。
しかし、当時の乳幼児死亡率を考えれば子供が多いのは悪いことではありません。お家を残していかなくてはいけない大名家なら尚更です。事実、やっと成長したかと思ったら十代のうちに死んでしまった息子も何人かいました。
そんな状態では、例え何人作っても安心できなかったことでしょう。さすがに70人はいろんな意味でやりすぎですが。
どうせなら狸みたいに後家さん=健康な子供を産める確率の高い女性に絞り込んで狙えば良かったのに……と思わなくもないですが、その辺までは考えられなかったんでしょうね。

 

儒教への興味が薄いためにバカ扱いされた可能性が

バカだったかどうかにも疑問が残ります。というのも、この時代の”学問”はほぼ儒教の事を指していたので、「儒教に興味がない」=「ありがたい教えを理解できないバカ」という扱いをされていた可能性が高いからです。
綱政はどちらかというと公家の文化である和歌や書道が得意だったので、儒教命!な武家から見ればバカと見られていたのかもしれないといわれています。特に能が得意で、時には自ら舞って家臣や領民に見せていたとか。
ちなみにお父さんの光政は武門一辺倒だったため、もしかすると「うちの跡取りは軟弱なことばかりに興味を持って、とんだバカ息子だ」なんてぼやいたのがどんどん誇張されていってしまったのかもしれません。トーチャン勘弁してよ。

というかホントにアホだったら何が何でも隠居させて養子なりなんなりに後を継がせていたでしょうから、何十年も藩主をやれていた時点で「どうしようもないアホ」という可能性はかなり低いんじゃないですかね。
綱政にしろ、先日の徳川宗春にしろ、「立派な血筋でありながら不当に貶められていたが、実は領民思いのお殿様だった」というケースは他にもまだまだあるのかもしれません。
また見つけたら順次取り上げていきたいと思います。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2011/10/post-eafb.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E7%B6%B1%E6%94%BF
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-833.html

お名前 (必須)

メールアドレス

題名

メッセージ本文




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 徳川家, 諸家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.