日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ネス湖畔のネッシー博物館にあるネッシーのイメージ銅像(Wikipediaより)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

イギリス その日、歴史が動いた

ネス湖のネッシー発見(の新聞記事) 日本のツチノコは縄文土器に描かれてた!?

更新日:

 

未知の存在って心惹かれますよね。
未開の地だとか生態のよくわかっていない生き物、あるいは大昔の遺跡など、よく知らない分野でも「新しく発見されました!」なんてニュースがあるとついつい見てしまうという人も多いのではないでしょうか。
広い意味で考えれば、病気になる仕組みや心理学の世界なんかも似たようなものかもしれませんね。
今回はその辺が交差するところにある(ような気がする)、とあるニュースのお話です。

1933年(日本では昭和八年)11月13日、イギリス・スコットランドにあるネス湖で謎の生き物が発見されたという新聞記事が出ました。いわゆる”ネッシー”です。
最近のお若い方はご存じないかもしれませんね。

tomorroweye32

【TOP画像】ネッシー/wikipediaより引用

 

ネス湖は1万1000年程前まで氷付けだった!?

これは「海の恐竜」と言われる首長竜という生き物と同様の形をした海棲生物だといわれていて、目撃されたのも水面から長く伸びた首だったそうです。つまり全貌を見た人は誰もいないということになります。
ネッシーを写したとされる写真でもその影形は不鮮明で、謎っぷりに拍車をかけています。
しかし謎が謎だけでなく観光客を呼び、今でもネッシーを見ようとネス湖を訪れる観光客がいるそうです。

正体については首長竜の生き残りというか末裔説やら、別の動物もしくは物陰の見間違え説やらいろいろあります。
しかし生物学的に考えると、ネス湖そのものが狭すぎてとても巨大生物が生息できる環境ではないとか。食料やら個体数やら、諸々の条件が揃わないと繁殖できませんしね。
首長竜の生き残り説についてはさらに「そもそも恐竜のいた時代にネス湖は存在しておらず、しかもネス湖周辺は地域丸ごと1万1000年程前まで氷付けだった」そうなので、ほぼ完全に否定されています。

ついでに言うと、ネス湖の湖畔はアーカート城という城があって、イングランドvsスコットランドの戦争の舞台になっていましたので、もしそんなデカい生き物がいれば戦争どころではなかったと思われます。戦争中だからそんなもん見てるヒマなかったというのもありえますが。
となるとやっぱり見間違えか、光学迷彩機能のようなものを持った超科学的な存在のどちらかということでしょうかねえ。

首長竜の生き残りなんてことも言われたりしましたね/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

ニッポンがほこるUMA(未確認生物)は……

日本でも似たような騒ぎは何回か起きています。有名なのはネッシーをもじった「イッシー」やツチノコでしょうか。
これまた最近のお若い方には「何それwww」かと思いますのでちょっとだけお話しましょう。

イッシーは鹿児島県指宿市の池田湖というところで目撃されたとされている生き物です。

「体長10~20m程度で黒いこぶを持っている」と言われていますが、元々オオウナギという大型の魚が多く生息する場所でもあり、さらに水がにごっていて水中調査がはかどらず、今もいるのかいないのかよくわからないそうです。
ここのオオウナギは2m級のものが珍しくないらしいので、オオウナギの見間違え説が強いようですが……10mを超えるとなると全く別の生き物である可能性も高そうですね。
多分「オオウナギとは別の巨大な新種の生き物である」ということが確認されたら、イッシーという名前になることでしょう。

ちなみに地元では池田湖の守り神と考えている人もいるそうで、空想歴史読本の著者である円道祥之氏が「捕まえたらいくらもらえますか?」と市役所に問い合わせたところ「神様なので捕まえてはいけません」というマジレスが返ってきたそうです。そりゃそうだ。
日本だと神様とか人魚とか河童とか捕まえるとロクなことにならないってのがセオリーですしね。

池田湖のイッシー像/wikipediaより引用

 

縄文時代の石器や土器にツチノコらしき絵が!?

ツチノコは”お腹の部分が左右に広がった蛇”といった感じの生き物で、長いこと存在が信じられてきました。
同じ体型の蛇やトカゲは何種類かいるそうなので、どれかの見間違え説ということで概ね話が片付いていますが、気になるのは縄文時代のものといわれている石器や土器にツチノコらしき形や絵が描かれているものがあることです。
もしそうだとしたら、誤認にしては頻度が高いような……。
今でもツチノコを追い求める人はいるそうですし、頻繁に目撃談が出てくる地域もあるようなので、いずれはっきりわかるかもしれません。

『コレクト倶楽部』(味覚糖、2002年)のツチノコ模型/wikipediaより引用

こういった話題は全く興味のない方にとっては「妄想乙www」で済んでしまう話なのですけれども、人間が万能な生き物ではない以上、未知や不可知の存在がいても別におかしくはないですよね。
たまたまそのとき一族のうっかりさんが人目に付くところへ出てきてしまったとか、ポカミスで姿を現してしまったのかもしれませんし。
まあ、知らなくていいことを知ってしまったがために、人の道を踏み外してしまう例もありますから、解明されることが絶対に良いとは限らな……ああ、窓に!窓に!

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【参考】ネッシー/wikipedia

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-イギリス, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.