日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 寺社・風習

意外と知らない「謹賀新年」「初春」「あけましておめ~」の使い分け

更新日:

 

あけましておめでとうございます!
タイトルに反して歴史が動いてない出来事を扱っているほうが圧倒的に多い当コーナーですが、今年もその辺は気にせずやって行きたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
早速ですが、元日の今回もそんな感じです。

年始のご挨拶や決まり文句にはいろいろありますよね。
年賀状や店頭のポスター等によく書かれる「謹賀新年」「初春」「賀正」「迎春」、先程も書かせていただいた「あけましておめでとう」など、一つの行事にしては定型句が多いということに、皆さん一度は疑問を感じたことがあるのではないでしょうか。
そこで、今回はそうしたお正月のあいさつについてまとめてみました。

 

歳神様がやってくる? そりゃめでたいというわけで

まず、最もよく使われるであろう「あけましておめでとう」からいきましょう。

これは日本人の宗教観が少し影響しています。
元旦には歳神様(としがみさま)という神道の神様がやってくるとされていたので、「神様がいらっしゃるんだからめでたいだろ!」というわけです。そりゃそうだ。

では「歳神様」って何じゃらホイ(古い)といいますと、いろいろな説があります。
穀物の神様説、その家のご先祖様説、福の神説、はたまた日本神話ではスサノオの子孫の神様説など、特に定説はないようです。
お正月飾りの中に稲穂を使うものがあるのは、穀物の神様説のためなのでしょうね。

一休さんこと一休宗純作とされる歌に「門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」というものもあるので、人によってはめでたいと言い切れなかったかもしれませんけども。
その辺は現代でも「何がめでたいんだよwww」って言われることがありますから、人間の考えることはそうそう変わらないってことですかね。

以前どこかで「昔は寒さや疫病や戦乱、経済的な理由で年を越せずに亡くなる人が多かったから、年を越せること自体がめでたいという意味だった」という説も聞いた覚えがあるのですが、出典忘れましたテヘペロ。

 

スポンサーリンク

賀正や初春などは目上の方へは避けるべし

さて、「初春」「迎春」は暦と少し関係しています。
昔はお正月=春の訪れが近いと考えられており、春=植物の芽が出る=芽出度いという意味に転じ、いつしか春が来ることをさす言葉がお祝いの言葉になりました。
立春は2月ですから、「あと1ヶ月で春が来ると思えば寒さも乗り越えられるね」みたいな意味もあったのかもしれません。

「謹賀新年」と「賀正」はどちらも「正月を祝う」という意味ですが、使い分けにちょっと注意が必要です。
文字数的に何となく伝わると思いますけども、「賀正」は簡略化した表現なので、目上の方やお客様に使うのは失礼だとされています。上記の「初春」「迎春」もですね。
そういう場合は「謹賀新年」を使うといいとか。「恭賀新年」も同様です。

ちなみに英語の「Happy New Year」は正確には「良いお年を」という意味だそうですが、日本人でそこまで気にしている人はいないためか、目上の方に使っても悪くはないようです。
無難さでいえばやはり「あけましておめでとう」「謹賀新年」「恭賀新年」でしょうね。

もしこれから年賀状やお返しを出されるという方は、覚えておくといいかもしれません。
……そういうのは年末に書けって? HAHAHAHAHA!

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

おみくじはいかがでしたか?(Wikipediaより)

長月 七紀・記

TOP画像 by 神田明神(神社)Wikipediaより

スポンサーリンク

参考:日本文化いろは事典 こんごういんキッズ マイナビニュース

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 寺社・風習

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.