日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

常山紀談(近代デジタルライブラリー)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

いかにもな戦国武将の逸話の元ネタはこの人湯浅常山「常山紀談」かも

更新日:

歴史書には、大ざっぱに分けて二つの系統があります。
一つは、「吾妻鏡」のように実際に起きた出来事を記録したもの。
もう一つは、「名将言行録」のようにさまざまな人物の逸話を集めたものです。
後者は該当人物が亡くなってかなり時間が経ってから書かれたものが多いので、事実かどうかというと眉唾ものではあるのですが、小説やドラマなどでよく使われます。
安永十年(1781年)1月9日に亡くなった、湯浅常山という人も後者に分類される本を書いていました。「常山紀談」という本です。有名な本なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

あなたの知っている戦国武将のエピソードのネタもとからも

近代デジタルライブラリーで明治時代の文庫版を見ることができるのですが、目次だけでも歴史上の有名な逸話がたくさん収録されているのがわかると思います。
戦国時代では、厳島の戦いや川中島の戦い、三方ヶ原の戦いといった戦の記録はもちろん、加藤清正の虎退治や細川ガラシャの死に様といったこれまた有名な逸話も入っています。

江戸時代の人が書いたものであれば当然徳川家のことは悪く書いてないだろうと思いきや、「秀忠が駿府に隠居した家康に会いに行ったら、父親から「まだお前は若いんだから、夜のお相手が欲しいだろ?ニヤ(・∀・)ニヤ」と言われた。その夜家康の命令で綺麗な女中が来た。しかし秀忠は手をつけなかった。家康は「律儀なヤツよ(´・ω・`)」と感心した」(超略)なんて話も入っていたりします。
秀忠が律義者なのはまあその通りですが、そもそも親父の家の女中に手つけないですよねえ。多分秀忠のイイ話として入れたのでしょうけども、家康がカッコ悪く見えて仕方ないのはワタクシだけでしょうか。
家康は家康で、秀忠に子供が少ないのを心配したのかもしれませんけども。というかアンタは生涯現役過ぎ。
※最後の子供・市姫は家康64歳のときの子供です(ただし三歳で夭折)

スポンサーリンク

岡山藩出身のきまじめ老武士

なかなかの度胸ですが、こんな本を書いた常山という人はどんな人だったのでしょうか。
常山は元々岡山藩の中級武士で、江戸に出ていろいろな学問を身につけてから藩主の池田家に仕えていたのですが、あるとき主へ諫言をしたところ、見事にクビになってしまいました。「上のやることに文句をつけること自体がけしからん」というわけです。なにそのトンデモ。
情に厚く、くそがつくほどの真面目で、「武士の本分は武道なんだから、文学などいらん!!」というような性格だったようです。
「オイオイ本書いた人間が何言ってんだ」とツッコミたくなりますが、常山は年をとっても毎日槍や刀の素振りを欠かさなかったそうなので、本人的にはOKということだったのでしょう。めんどくさい頑固オヤジってところですね。
だからこそ主に逆らうような物言いをしてしまったのでしょうね。物書きなら言葉を選べと(おまいう)

スポンサーリンク

やばすぎる内容で?死後20年後に刊行

そんな感じで「常山紀談」の初稿もマズイ文章が多かったのか、師匠である太宰春台(だざいしゅんだい)という学者が大幅に改稿した上、常山自身の死から20年ほどしてようやく刊行に至っています。
上記の通り逸話集ではありますが、その中でも概ね事実といえることが書かれているためか、明治~大正時代の教科書でもこの中から抜粋した逸話がよく載っていたとか。
現在知られているような各武将や江戸時代の有名な話は、もしかすると我々のひいお爺さんお婆さんあたりが教科書で読んで、それをまた子供や孫に話して広まっていったのかもしれませんね。

ノンフィクションではなくても楽しんじゃおう!

ときに逸話は「信憑性ないだろwww」と軽視されることもありますが、歴史=記録ではありません。
記録に残っていることは確かに起きたと言えますが、そのときの細かい会話や日頃の印象などは残るはずがないですよね。だからこそ小説やドラマでは脚本家や作家の腕の見せ所でもあるわけですが。
多分、こうした逸話は地元の人々が直に聞いたことを、代々語り継いで伝わってきたものなのでしょう。それでは公的な記録が残るはずもありませんし、裏付けも不可能です。また、ちょっとした言い回しや日時のズレなども出てくるでしょう。
ですから「絶対にこの人がこう言った・やった」ということはできませんが、人柄を窺い知ることはできるのではないでしょうか。
そしてそういうところから、歴史上の人々を身近に感じてきたのかもしれません。田辺聖子さんの著書でそんな話が出ていた気がするんですが、具体的に誰のことだったか忘れましたテヘペロ。
その辺から考えてみると、「常山紀談」はフィクションとノンフィクションのちょうど中間とも言えるでしょうか。
近代デジタルライブラリーの画像はあまり鮮明とはいえませんが、文体もそう難しくないですし、興味のある方は一度のぞいてみるといいかもしれません。
ジャンプ機能があるので、目次を見て気になったところだけ読んでもいいですしね。
いやーホント便利な時代だ。
長月 七紀・記

たとえば、常山紀談ではたとえば、黒田官兵衛が「関ヶ原の戦いがもっと長引けば、九州を制圧してから家康と最終決戦してやったのに」と言ったとされています。あついですなぁ~

⇨ 黒田官兵衛が長政に「ばかもの!お前の左手はなにをしていた」は200年後の創作

 

常山紀談は現代語訳が上下2冊で刊行されています

スポンサーリンク

参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2011/01/post-4be9.html
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/778089(トップ画像も)




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.