日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川吉宗/wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

徳川吉宗が将軍になるまでのミステリー……徳川家の重要人物が7名立て続けに死亡って

更新日:

 

いつの時代も、権力者にはブラックな噂がつきものです。
遠い過去のことでは事実かどうかを証明する手段はありませんが、小説やドラマの世界では格好の題材になったりします。

「誰それ暗殺事件の遠因は過去に本人がこんなことをやってたからだ!」

なんて番組、よくありますよね。日本では本能寺の変、外国だとケネディ大統領暗殺やダイアナ妃の事故の真相なんかが多いでしょうか。
知名度でいえばそれらには劣りますが、江戸時代にもよく考えてみるとなかなか黒い事情がありそうな出来事がありました。

延宝八年(1680年)1月17日は、紀州藩の第四代・徳川頼職(よりもと)が誕生した日です。

「ってことは吉宗のご先祖様?」と思った方もいらっしゃるかと思うのですが、実は違います。
この時期、紀州藩では相次ぐ藩主の死により、代替わりのスパンがとても短かったからです。
ついでですから、吉宗までの紀州藩について、どの将軍の時代の人かといったことも合わせてざっくり見ていきましょうか。

 

紀州藩三代目・綱教から雲行きが怪しくなっていく 

紀州藩の初代は、以前ここでも取り上げさせていただいた家康の十男・徳川頼宣です。家康~四代家綱あたりの時代で、まだ全体的に世の中も戦国気質が残っていました。頼宣本人もなかなかに物騒というか腹黒いというか大胆というか、まあそんな感じの人です。
でも愛妻家だったりユーモアがあったりして憎めないんですよねえ。

なかなか渋い表情をされている徳川頼宣さん/Wikipediaより引用

なかなか渋い表情をされている徳川頼宣さん/Wikipediaより引用

二代目は頼宣の長男・光貞です。何だか刀の銘にありそうですね。「光」も「貞」も刀匠の名前でよくありますし。
こちらは頼宣と比べるとより文治型の人で、法律の整備を進め、いつの時代も舵取りの難しい”二代目”を見事こなしました。将軍でいえば家綱~綱吉の時代です。

ここまでは順調だったのですが、次の三代目・綱教(つなのり)から雲行きが怪しくなってきます。
彼もまた光貞の長男ということでスムーズに家督を継いだのですが、なんと39歳で突然亡くなってしまったのです。
藩主になってからわずか七年、財政再建に取り組んでいたもののその結果を見ることなくこの世を去ってしまいました。
特に持病があったという記録もないので、何だかイヤな感じがしますね。

 

スポンサーリンク

 吉宗が藩主になってからも将軍が立て続けに・・・

綱教には子供がいなかったので、弟の頼職が養子になって四代藩主の座に就きます。「弟が義理の子供」というと妙な感じがしますが、当時はお家断絶を防ぐためによくやることでした。
が、頼職もまた26歳という若さで亡くなってしまいます。しかも藩主を継いでからたった三ヵ月後のことでした。

同じ宝永二年(1705年)の7月に綱教が亡くなり、9月に光貞が亡くなっていたため、紀州藩は新旧三人の主の葬儀を立て続けに出すという戦国時代でもまずなさそうな自体に陥りました。元々傾いていた藩財政は「だめだこりゃ」状態です。
こんな超速の代替わりでしたので、まだ将軍は代替わりせず綱吉のままです。意外と綱吉の時代って長いんですよ。

そして綱教・頼職の弟である吉宗がいよいよ五代目として大ナタを振るうことになるのですが、さすがにここまで来ると「きな臭いってレベルじゃねーぞ!」って言いたくなりますよね。

しかも吉宗が藩主になって四年後に綱吉が亡くなり、六代将軍・家宣も就任から三年で死去。さらに七代家継は生来病弱だったため、たった6歳で亡くなってしまいました。
家継に関しては生前から後継者問題が持ち上がっていたので、ある程度次代を誰にするかという話が持ち上がっていたのですが、血の近い順ということで吉宗も候補に入っていました。

相次ぐ関係者の死は火サスレベルじゃない/Wikipediaより引用

相次ぐ関係者の死は火サスレベルじゃない。吉宗さん、どうなの?/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

もしも吉宗が将軍になっていなかったら? 

当初は「御三家筆頭は尾張家なんだから、当主の吉通(よしみち)様がふさわしいだろJK!!」(超訳)ということになっておりました。家宣の意向も同じです。

ところが! 吉通がこれまた何の前触れもなく突然23歳で夭折。この時点で将軍候補は吉宗以外にいなくなってしまったのです。おいおいおい…。

これで立て続けに亡くなった徳川家の重要人物たちは全部で7名(光貞、綱教、頼職、綱吉、家宣、家継、吉通)。

本人の意思かどうかはわかりませんが、もし吉宗を将軍にしたい勢力があり、次々と障害になる人物を(ピー)していたら……と考えると背筋が凍りません。よしながふみ先生の「大奥」では、あの人が黒幕ということになっていましたが、はてさてどうだったやら。

ここでもし吉宗が将軍にならなかったら、江戸幕府そのものが大きな影響を受けていたことは間違いないですから、その後の日本もどうなっていたかわかりません。
ほとんどの大名家はすっかり平和な時代に慣れていたので、戦乱の時代に逆戻りというよりは、各藩が好き勝手に自領を統治して分裂状態になってたんじゃないかなーと思いますが。

ちょっと穏やかな神聖ローマ帝国みたいな感じでしょうか。

起こらなかったことの予測は不可能ですし、吉宗サイコー!!と言うつもりもないですけれど、密かに「歴史が動いた」出来事だったんでしょうねえ。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:徳川頼職/Wikipedia

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.