日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

「節分」の由来 その容赦ない仕打ちに驚き→マメで鬼の目ん玉つついたれ

更新日:

 

2月3日は毎度お馴染み節分ですね。
今や某大手コンビニの陰謀がすっかり定着し、豆よりも恵方巻のほうが有名になってきた感もありますが、ここでひとつ節分そのものの由来などを振り返ってみましょう。

実は、「節分」とは2月のものだけではありません。
元々”季「節」を「分」ける”というタイミングのことを指していたので、年間四回あるのです。
しかし、春といえばやはり特別な季節だということで、江戸時代あたりからこの日のお祝いだけが残ったのでした。

節分と言えば恒例のこの風景/wikipediaより引用

節分と言えば恒例のこの風景/wikipediaより引用

 

豆で目玉を狙い撃ちにして追い払ったよ! やったね!

鬼が追い払われるのは、疫病や災厄をもたらす存在だと思われてきたからです。
大晦日の「追儺」(ついな)からきているものですが、節分にはまた違った魔除けが考え出されました。
それが煎り豆やひいらぎの葉、いわしの頭です。
一見すると「こんなもので追い払われる鬼ってか弱いんじゃね?」と言いたくなってしまいますが、由来を調べてみるとこれが結構コワい話?だったりします。

まず、豆は平安時代に鬼を追い払ったとされることからきているのですが、これに関する記録が結構アレです。

「鞍馬山(義経が修行してた?として有名な京都の山)から鬼が出てきたよ! 祈祷をしたけど効かなかったよ! 仕方ないから豆で目玉を狙い撃ちにして追い払ったよ! やったね!!」(超訳)

……いくら鬼がデカくても目玉に当てるとか相当の精度だと思うんですけど、当時パチンコ専門のスナイパーでもいたんでしょうか。それとも「数打ちゃ当たる」作戦だったんでしょうか。
平安京こわい。

地域によっては殻つきの落花生を使うところもありますけども、落花生自体が江戸時代あたりに入ってきたものなので、この風習もそれ以降に生まれたと思われます。
もったいない精神からきていることが多いようですが、果たして鬼を追い払うのに使ったものを拾って食べていいんですかね? 煎り豆の方はまくのと食べるのを分けているからいいにしても。

節分って、なんか怖い/wikipediaより引用

節分って、なんか怖い/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

相手が鬼だからって何してもいいんでしょうかね 

続いてひいらぎの葉ですが、これはもっと直接的な武器っぽいです。
「玄関に飾っておけば鬼が入ってこない」なんて生温いものではなく、これまた鬼の目を突き刺して追い払うというものでした。超近接戦闘です。

だから化け物相手に目玉をピンポイントで狙おうとするとか、平安時代の日本人どうなってんねん。戦闘民族か。サ○ヤ人か。月を見ると巨大化したりしたんですか。それともCQC(軍隊・警察における近接格闘技術)の使い手でもいたのか。

これらの援護?をするのがいわしの頭というか、いわしです。
現代でも家庭でいわしを焼こうとすると「ちょっとご近所さんにお断りしたほうがいいかしら?」レベルの煙とにおいが出ますが、これを利用して鬼の目と鼻にダメージを与えてやろうという狙いだったとか。
まさに「煙に巻く」作戦だったわけですね。だからこえーよ平安京。

ひいらぎの葉といわしの頭の二つをまとめた飾りをそのまんま「柊鰯」といいますが、地方によってさらに差異があるようです。
中には、にんにくやらっきょうでさらに臭いを強化し、全力で鬼を追い払うところもあるようです。
やめて! もう鬼のHPもMPもゼロよ!

 

スポンサーリンク

ときには「鬼も内」の地域もあります

一応鬼に対する気遣い?なのか、「鬼」の字がつく名字の方が多い地域や、九鬼家という大名の領地だったところなど、「鬼も内」という掛け声をするケースも多いようですね。
あるいは、大きな神社やお寺で不動明王や薬師如来などをご本尊としているところは鬼がいないとされているため「福は内」だけだったり、鬼子母神をご本尊としているお寺も神様にケンカ売ることになっちゃうので「鬼は外」を言わないとか。

その他ウィキペディア先生によると、千葉県長南町の報恩寺というお寺では「福は内、鬼も内、鬼の目玉ぶっ飛ばせ!!」(原文ママ)という掛け声らしい。迎え入れたのに目玉ぶっ飛ばすとか怖すぎるやろ! 信長もビックリだわ。
ググる先生にお尋ねしても詳細がわからなかったんですが、この地域に昔何があったんですかねgkbr。ご存知の方ぜひ教えてください。

葛飾北斎の『節分の鬼』豆撒き/wikipediaより引用

葛飾北斎の『節分の鬼』豆撒き/wikipediaより引用

 

大豆はたんぱく質、いわしはEPAやDHAが豊富

これらを総合して考えると、スーパーで売っている飾りを買ってくるだけでは鬼への対抗手段としては不完全だということになりますね。多分。
本気で病魔や災いを退けたいのなら、こちらもそれ相応の準備と行動力をしなくてはならない……という先人の教えなのでしょうか。なるほどわからん。

マジメな話、煎り豆=大豆はたんぱく質、いわしはEPAやDHAが豊富ですから、「栄養をつけて季節の変わり目を元気に過ごそうね!」という意味もあったのでしょうね。

まだまだ受験やインフルエンザ・ノロウイルスなどのシーズンです。特にお疲れ気味の方や、受験生や小さいお子さんがいらっしゃるお家はいわしを焼きながら豆まきをするといいのかもしれません。

節分は立春の前=寒さのピークが過ぎるということでもありますので、より一層体調に気をつけたいですね。

 

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考&TOP画像:節分/wikipedia

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.