日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

女性 その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代

静御前・郷御前・蕨姫 源義経を愛した女たち その非業な運命

更新日:

悲劇のヒロイン、というといわゆる「本命」だと思いがちですよね。
本命だからこそ悲劇を乗り越えようとしたり、むしろ悲劇に至ったりしてしまうケースが多いでしょうから、当然といえば当然なのですけども。

しかし、中には本命でないにもかかわらず、エピソードの印象が強く有名な人もいます。
今回は「日本史上のヒロインは?」と聞かれたら、名を挙げられる機会も多そうなあの人のお話。
文治二年(1186年)4月8日、静御前が鶴岡八幡宮で舞を披露しました。

源義経の恋人として有名な人ですね。しかし彼女、実は義経の本命=正室ではありません。正室は他の人で、静御前はあくまで二番手という位置でした。

現代だったら泥沼の予感がひしひしとしますが、そこは当時の結婚観では当たり前のことですから、特に問題はなかったようです。

それでは、静御前と義経、そして今はすっかり忘れられてしまった正室の存在も振り返ってみましょう。

静御前

明治時代に菊池容斎が描いた静御前/wikipediaより引用

 

母・磯禅師に付き添い京都のお屋敷に出入りしていた

静御前の生年ははっきりしません。母の磯禅師(いそのぜんじ)という人が京都で公家を相手に白拍子を斡旋したりしていたそうなので、都の近辺で暮らしていたと思われます。
白拍子というのは男性の服装である水干や烏帽子、刀を身につけて舞を披露する仕事で、遊女としての側面もありました。

が、出入り先が公家や皇族の屋敷だったため、自然と教養が身についていき、品の良い人も多かったようです。磯禅師も自身が白拍子として名を上げていたからこそ、斡旋という難しい役目ができたのでしょう。
そして静御前もまた、母と同じく白拍子としてあちこちの屋敷へ行っていたと思われます。
詳しい経緯は不明ですが、その後京へ滞在中の義経と知り合う機会があり、愛されて妾になりました。

義経の正室は郷御前(さとごぜん)という人で、こちらは関東の豪族の娘だったそうです。静御前よりは身分が高かったことは確実ですね。

嫁いだ時期が頼朝とのイザコザが置き始めた頃だったので、「スパイだったのでは?」という見方もあります。しかし、郷御前の母親が頼朝の息子・頼家(過去記事:母・北条政子から嫌われて?暗殺された2代将軍源頼家の悲劇【その日、歴史が動いた】)の乳母だった縁で、前々から結婚自体は決まっていたようです。
この辺からすると、頼朝も始めのうちは弟を手荒な手段で始末するつもりはなかったのかもしれませんね。

足利直義という説も浮上している源頼朝肖像画/wikipediaより引用

足利直義という説も浮上している源頼朝肖像画/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

吉野山で突然義経が「お前は京に戻れ」

やがて平家との戦いが終わり、義経は兄・頼朝と完全に決別して京を追われます。その際、家来達と共に郷御前と静御前もついていくことになりました。

が、静御前は桜の名所・奈良の吉野山で義経から「お前は京に戻れ」と言われ、別れることになります。京都から奈良までしか同行させないくらいなら、最初から連れて行かなければ良かったんじゃ……とかツッコんだら負けですかね。
郷御前はそのままついていくことになりますが、ここで話が大きく分かれるので、まずは静御前のことをお話しましょう。

義経は静御前に対し、当面の足しになるよう、お金と護衛兼世話役の男達をつけてくれました。が、そいつらが静御前からお金を奪って逃げるというサイテーなことが起きます。義経ももうちょっと人を選べと。

そんなわけで静御前は初冬の寒い山の中を一人でさまよい、運よく頼朝の命で義経一行を探していた吉野山の僧兵に保護されました。多少の詰問はされたようですが、僧兵達は静御前に同情し、鎌倉へ差し出す前にいろいろと便宜を図ってくれたそうです。いい人や。

そして半月後、まず京都にいた北条時政(政子の父親)に預けられ、そこから鎌倉へいくことになります。
いくらか京都の時政と鎌倉の頼朝との間で手紙の往来があり、静御前がその母・磯禅師と共に鎌倉へ着いたのは、翌年3月始めのことでした。このとき静御前は義経の子供を身ごもっていたらしいので、長旅は相当きつかったでしょうね。

源義経さん/wikipediaより引用

源義経さん/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

北条政子はやっぱり嫌なヤツ?

鎌倉に着いたら着いたで一週間もしないうちに取調べが始まったようなので、体力的にも精神的にも辛かったことは想像に難くありません。

だというのに、翌4月には「舞を披露せよ」と言われているのですから、ここで当てつけに自害していてもおかしくないほどの扱いです。
静御前は再三体調不良などを理由に断っていたのですが、北条政子が「京一番の名手の舞を見られないのは惜しい。頼朝様ではなく八幡宮に捧げるために舞ってくれませんか」とやんわりゴネたため、断りきれなくなりました。

「政子やっぱヤなヤツ」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

が、そこは流石に後の尼将軍。きちんとフォローも入れています。
このとき、静御前は義経を慕うような内容の歌に合わせて舞いました。これに対し、頼朝は当然怒ります。頼朝にしてみれば、やっと平家を倒して政権を作ろうとしているところに余計な茶々を入れて面倒を増やされた相手ですからね。

ここで、政子は頼朝へ語るのです。

「不本意に別れることになった夫を慕う気持ち、私にはよくわかります。私たちだって、昔は似たようなものだったじゃありませんか」

北条政子像

北条政子像

 

男児を産むも由比ガ浜に捨てられて… 

頼朝は流罪の身から出兵して基盤が不安定でしたし、その帰りを待っていた期間が長かった政子としてみれば、他人事には思えなかったのでしょう。
糟糠の妻の説得に頼朝も怒りを収め、静御前に褒美をくれたとか。

静御前は同年閏7月に鎌倉付近で男の子を産みましたが、これは頼朝の命で由比ガ浜に捨てられてしまいます。当然命は助かりません。
頼朝自身がかつて「幼いから助けてやって欲しい」と言われて助けられた身ですから、もし情けをかければいずれ牙を剥かれると思ったのでしょう。
一応、このときも政子は静御前に味方してくれたそうなのですが、さすがに叶いませんでした。

静御前の消息がわかるのは、出産から約二ヵ月後、母と共に京都へ帰ったところまでです。そこまでは鎌倉幕府の公式記録・吾妻鏡に書かれています。
……だから政子寄りの記述多いんだろう、とも言われていますが。

その後はどこぞで入水したとか、もう一度義経を追おうとして客死したなどさまざまな説があり、定説と呼べるものはないようです。
共通しているのは「長生きはしていない」ということでしょうか。いずれにせよ、母である磯禅師は悲しんだでしょうね……。彼女にしてみたら、娘にも孫にも先立たれてしまったわけですから。

京都三大祭りの時代祭に登場する静御前/wikipediaより引用

京都三大祭りの時代祭に登場する静御前/wikipediaより引用

 

義経自ら、郷御前と幼い娘に手をかける 

さて、時間を遡って次は正室・郷御前のお話です。

静御前と異なり、彼女は義経にずっと従い、奥州までたどり着いたとされています。
逃亡劇が始まった直後の文治二年(1186年)に娘を産んでいたそうなので、産後の辛い時期に長旅をしていた可能性が高いということになりますね。それほどタフな女性だったからこそ、義経も連れて行こうとしたのでしょうか。
ただ単に、出身が関東であることから返すアテがなく、哀れんだだけかもしれませんけども。

しかし、義経が頼みにしていた奥州藤原氏に裏切られて襲撃されると、郷御前も幼い娘も無事には済みませんでした。
二人とも義経が自ら手にかけたとされているので、敵に殺されたり連れて行かれるよりはマシだったかもしれませんが……何ともいえない後味の悪さですね。権力者はもちろん、その家族もタダでは済まないというのは歴史の必然ですけども。

平泉町金鶏山麓にある郷御前と子どもの墓/wikipediaより引用

平泉町金鶏山麓にある郷御前と子どもの墓/wikipediaより引用

ちなみに義経にはもう一人、平清盛の義弟・時忠の娘である蕨姫(わらびひめ)という女性が嫁いでいたともいわれています。

が、時忠が命惜しさに義経へ差し出したというサイテーな経緯だったためか、ロクに記録が残っていません。

しかも「適齢期の娘はまだ使い道があるから、行き遅れてたアイツでもやっとけ」みたいな感じだったらしく、父親からも夫からも大切にされたとは言えません。(´;ω;`)

見方によっては、この蕨姫こそ一番可哀相かもしれませんね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:静御前/wikipedia 郷御前/wikipedia 蕨姫/wikipedia

 

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 伊達政宗さんは史実も最高!


6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?


9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


10位 小野政次 34日間の天下


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-女性, その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.