日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた 源平

平家って「壇ノ浦の戦い」で滅亡してなかったの? 平頼盛のしたたかなサバイバル

更新日:

 

「滅亡」という言葉には、この世から何もかもが綺麗サッパリなくなってしまうかのような印象があると思います。

しかし、こと歴史上で「滅亡」といった場合、案外と生き残りがいたりします。多くの場合は、王や大名といった立場から転がり落ちて、その後復帰することがなかったというケースを指すのですが……。これは、平安末期に滅びたとされるあの一族にも当てはまります。

文治二年(1186年)6月2日、平頼盛(よりもり)が亡くなりました。名字をご覧いただければわかる通り、平家の一門で清盛の異母弟。壇ノ浦の戦いの翌年にあたります。

世間では、「平家って壇ノ浦で滅びたんじゃないの?」とお考えの方が大多数だと思いますので、早速、彼の生涯を見ていきましょう。

tomorroweye武士

 

池禅尼を母に持ち皇室の女性たちにもパイプあり

頼盛は、清盛の弟たちの中で唯一、壇ノ浦の後も生き残ったのですが、それは彼の血筋や立ち位置が大きく影響しています。
彼の母親である池禅尼(いけのぜんに)が皇室の女性たちとパイプを持っており、内部の情勢をよく知っていたため、頼盛もそうした繋がりを引き継ぐことになりました。
となると、清盛や後白河法皇、そして頼朝の間でいろいろ面倒な感じになるわけです。

池禅尼は清盛の父・忠盛の継室だったため、頼盛も場合によっては平家の跡継ぎになれる立ち位置でした。が、いかんせん清盛と15歳離れていたためそれは難しく、兄の元で出世を重ねていくことになります。
どちらかというと清盛の嫡男・重盛と歳が近かったため、平治の乱では一緒に武働きをしたこともありました。

このとき逃亡していた頼朝を捕らえたのが頼盛の親族だったため、頼朝の助命に池禅尼が動くことになったようです。それが後々平家を滅ぼすことになるのですが……まあ当時はそんなの誰もわかりませんからね。
慣習的に「え、敵の子供生かしておくの?(´・ω・`)」と思った人は多かったでしょうけども。

 

スポンサーリンク

オレ、もしかして嫌われ系? んじゃ九州いっとこ!

それが気に食わなかったのか、この功績にもかかわらず、清盛は頼盛へ冷たい態度を取り続けます。例えば、重盛の官位を上げまくる割に頼盛にはそうしなかったりなど。

嫡男を優先するのはおかしいことではないにしてもヒドイ。

その空気を感じとってか、頼盛は太宰大弐という太宰府の役人に就いた際、自ら九州まで行っています。

当時太宰府への任官は名目上のことになっていて、現地に行く人はほとんどいなかったため、これまた清盛からは良い印象を持たれなかったようです。九州に地盤があるのも悪くはないということで、処罰や咎め立てはありませんでしたが、後白河法皇からはたびたび身勝手をとがめられており、一度任じられた官を解かれたりしています。

せめて清盛につくか法皇につくか、早めに決めていれば右往左往することもなかったんじゃ……?

結局のところ、頼盛は兄に従うことを選びました。
一年ほど中枢から遠ざけられた後は大人しく清盛に従うようになり、清盛も頼盛への対応を少しゆるめています。
この頃から体調の優れなかった重盛を補佐するような形で、京都の警備を固めることもありました。皇室の女性(特に美福門院・八条院)とのパイプを生かして動くことも増えています。

 

他ならぬ頼盛が情勢をわかってなかったのか!?

が、平家打倒の陰謀が企てられるようになると、またしても微妙な立場になってしまいました。
鹿ヶ谷の陰謀では、中枢人物の一人が頼盛の妻の兄弟だったことで厳しい視線を浴びます。

いずれにせよ積極的には関わっていなかったようで、その場で追い落とされることはなかったのが不幸中の幸いですが、その後保身のためか平徳子(ときの天皇・高倉天皇の中宮。清盛の娘。後の建礼門院)が出産する際には頻繁に出仕していたというのがまた何とも。点数稼ぎってバレると余計印象悪くなっちゃいますよね……。

また、清盛と後白河法皇の対立が深まると、後者寄りと思われていた頼盛は再び疑われるようになってしまいました。頼盛本人は逆らうつもりはなく、行動もしていなかったので濡れ衣もいいところです。
しかし、池禅尼が清盛の父・忠盛の継室ということは、頼盛を有力者と見る人も当然出てくるわけで、本人の動きに関係なく警戒されてしまうのは仕方がありません。

問題は、頼盛がその辺をあまりよくわかってなかったんじゃないかというところです。

 

まさに空気! 戦地で置き去りにされ命を救われた

そんな感じであまり居心地の良い状態ではない時期が続きましたが、高倉天皇と清盛が相次いで亡くなると多少扱いがマシになります。
清盛の跡を継いだ宗盛にとって、頼盛は叔父だったからです。ただし、あることないこと言って二人の仲を裂こうとする輩もおり、相変わらず落ち着けない状態が続きました。
頼盛自身は、息子の官位が平家の若い世代の中で突出しないように気を配ったり、あれこれ努力をしていたんですけどね。
というか大黒柱も後ろ盾も亡くなったところで内ゲバしてる場合じゃないやろ。

その余波は源氏が平家討伐に乗り出した後も続いており、平家の主だった人物が西へ落ちて行った際、なんと頼盛は置き去りにされてしまいました。
しかし、結果的にこれが彼の命を救います。源氏側から「一族だから一緒に行動してただけで、逆らうつもりないんでしょ? なら官位だけ返せば命まではとらないよ」(超訳)という扱いになったのです。

この辺でいよいよ覚悟が決まったのか、頼盛は密かに頼朝と連絡を取り、鎌倉へ向かいました。頼朝に会うときは丸腰で行き、敵意のないことを示したそうです。
頼朝のほうでもそれを感じ取ってか、頼盛を父のように歓待したとか。もちろん感情的な理由だけではなく、頼盛が後白河法皇や八条院と懇意にしており、朝廷への連絡役として働いてくれるだろうと思ったからでしょう。
もしかしたら、間接的にかつて命を助けてくれたからというのもあったかもしれませんね。

また、京都ではこれまでの混乱や飢饉等により、食糧不足が起きていたため、頼盛は頼朝へこれを話し、何か対策をしてくれるよう頼んでいます。

 

鎌倉と京都を行き来して武家と朝廷を

その後は頼朝の思った通り、度々鎌倉と京都を行き来して朝廷や法皇との連絡役を務めました。
頼朝からは餞別の品が送られるなど厚遇されましたが、京都では後白河法皇の側近達からあまりよく思われておらず、自ら引き下がっています。

意外にも、壇ノ浦の戦いで滅びた自分の一族のことについて、頼盛がどう感じたかということははっきりわかっていません。
年齢のこともあってか、同じ年の5月に出家して政治の表舞台からも引退していますが、一門の供養のためだったかどうか。
出家から約一年後に亡くなっているので、あるいは頼盛自身が何か病気になっていた可能性もありますね。

そんなわけで実に評価が難しい人なのですが、もう少しスマートな身の振り方をしていれば、「源平の間をうまく渡り歩いた人」として良い印象を持たれていたかもしれませんね。
忠盛の継室の息子という立場を悪用しようとすればできたでしょうから、根が善人だったのか、それともおつむがたりなゲフンゴホン。
長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:平頼盛/Wikipedia

 

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 源平

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.