備中高松城の水攻めで切腹した清水宗治の義 本能寺の変後に無駄死?それとも武士の鏡か?

「日本独自の文化」と言われたら、真っ先に何を連想しますか?
多分大多数の方が和食・着物あたりを連想すると思うのですが、今あるものって実は結構新しいものだったりします。身近な例で言えば、肉じゃがは開国後にできたものだとか。
それとは全く関係ありませんが、戦国時代モノの創作でお馴染みのアレも、実は今日と同じような意味になったのは比較的最近のことでした。

天正十年(1582年)6月4日は、備中高松城主・清水宗治が自刃した日です。
この年と「備中高松城」という場所で何となく先が読めた方も多そうですね。
そう、秀吉の中国攻略のハイライトであり、毛利家にとっては三木の干殺し・鳥取の飢え殺しに続く悪夢である「高松城の水攻め」のときの責任者です。(参考:「かつ江さんやっぱり必要じゃね?大河ですっ飛ばされた秀吉・官兵衛による鳥取城の悲劇【その日、歴史が動いた】」

清水宗治画(Wikipediaより)

もともと毛利家の家臣ではなかった

宗治は元々毛利家の家臣ではありませんでした。
三村家という備中(現・岡山県西部)の武士に仕えていたのですが、元就の台頭で主家を見限り、毛利家へ従ったという経緯があります。最も三村家は中枢人物ですら毛利家につくような状態だったので、元就と比較できるような器量の持ち主がいなかったのでしょうね。比較する相手が悪すぎますが。

しかし、宗治はその真面目さで毛利家での存在感を高めていきます。
特に、元就三男・小早川隆景の配下で毛利家の中国掌握に貢献したため、隆景の信頼はひとしおでした。
だからこそ、備中高松城という要衝を任されたのです。

ですが相手は常識も何もかも吹っ飛ばす秀吉。
水攻めという前代未聞の攻城に対し、忠誠心だけでは太刀打ちできませんでした。
例の鳥取城の「かつ江さん」をご覧いただければよく伝わるかと思うのですが、鳥取城のときの城内は「刀折れ矢尽きる」どころではなく、家畜や雑草を食べつくしてもなお飢えるという惨事に陥ったことを、宗治も伝え聞いていたことでしょう。詳細はR18Gどころじゃないので伏せますが、あれを少しでも知っていたら「二度と繰り返してなるものか」と思いますよね。
そこへ秀吉から「宗治殿の命と引き換えに城兵を助けよう」という降伏勧告がきたのですから、宗治に選択肢はありませんでした。

本能寺の変を知っていたら?それでも詰め腹切るしかない?

実はちょうどこのときに本能寺の変が起きているのですけれども、当然のことながら秀吉がひた隠しにしたため、宗治は信長の死を知らずにこの条件を飲んでいます。
もしバレていたら……いや、この状況ではどちらにしろ彼が死ぬ以外に方策はなかったでしょうかね。

さて、この辺までは戦国時代好きな方ならある程度知られている話ですよね。宗治が歴史に名を残した理由はもう一つありました。
宗治は自分の兄弟や援軍に来ていた将と共に腹を切ったのですが、このときの作法が切腹の基本になったのです。
何でも、「水浸しになった備中高松城から小船で出てきて、その上で一差し舞を披露してから腹を切り、介錯人に首を落とさせた」のだそうで。
潔いばかりではなく、美しく命を差し出した宗治に対し、秀吉は賛辞を惜しまなかったとか。どのタイミングで言ったのか(そもそも本当に言ったのかも)不明ですが、「宗治の死を見届けるまでは出発できん」とも口にしていたそうです。そもそも光秀と結託してたから急がなかったんじゃ……等々の邪推もできますけれど、まあその話まですると収拾がつかなくなるのでやめておきましょう。

軍師官兵衛では渋い演技で重要な役どころをこなした宇梶剛士さんの清水宗治(霜月けい・絵)

軍師官兵衛では渋い演技で重要な役どころをこなした宇梶剛士さんの清水宗治(霜月けい・絵)

さすがに後の武士達は舞うことまではしませんでしたが、「腹を切ってから首を落とす」という点は、武家社会の中でずっと続いていきます。
幕末頃にヨーロッパ人が切腹の場を見物したことがあるのですが、その時も同じやり方だったそうです。といっても、扇で腹を切るフリをするだけで、実質的には斬首と変わらないということも多かったようですが。

また、宗治の最期をモデルにしたと思しき表現で歴史から退場したことになっている人物もいます。他ならぬ本能寺の変の当事者、織田信長です。
だいたいの創作で「信長は敦盛の一節を舞い(あるいは口ずさみ)、何人かの敵を返り討ちにした後、自ら本能寺の奥に入って腹を切った」としていますよね。シチュエーションこそ違えど、宗治とそっくりじゃありませんか?
誰がこの表現を始めたのかはわかりませんが、多分「これカッケー! 信長にピッタリじゃん!」って思った人が書いたんでしょうね。

超絶かっこいい辞世の句に涙せよ!

宗治の辞世の句がまた、超然とした心境を良く表しています。
「浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して」

個人的にはこれ、訳すのが無粋に感じるほどの名歌だと思います。

死や滅びに美学を見出すのは日本人特有の感覚といわれますが、「無駄死にじゃんwww」と思う人々も、こういった美しさや潔さを知ったら、また違う感想を抱くのではないでしょうか。
どう言った所で自殺には違いないですけども。

長月 七紀・記

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/清水宗治


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る