日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた 欧州

10才で即位したポーランドのヤドヴィガ姫は、女王じゃなくて王なの、王、おぅ!

更新日:

 

世の中には、考えれば考えるほどわからなくなることってありますよね。
正義とか神の存在とか。
そこまでスケールの大きい話ではありませんが、歴史に触れていると「女性とは強いのか、それとも弱いのか」なんて考えたりしません?
エリザベス1世とかエカチェリーナ2世あたりの「ザ・女傑」は言うまでもなく、一見、か弱そうなお姫様でも、嫁ぎ先でできる限り自分の意思を貫いた人は多いですよね。
本日はちょうどその中間くらいにあたりそうな、とある女性君主のお話です。

1399年(日本では鎌倉時代・応永六年)7月17日は、ポーランド王・ヤドヴィガが亡くなった日です。

この人に関して特筆すべきことは三つ。
一つめは、10歳で即位したこと。
二つめは、えらく年上の隣国の王と結婚してポーランドの全盛期を作ったこと。
そして、女性でありながら男性と同じ「王」という称号を持っていることです。

早速、彼女の人生を振り返ってみましょう。

わずか9才で女王どころか「王」となったヤドヴィガさん/Wikipediaより引用

 

モンゴルを追い払った後に、移民を受け入れ国が豊かに

ポーランド史については、以前にもこちらの記事(過去記事:ショパンやズブロッカを産んだ国・ポーランド 日本人には馴染みの薄い混乱の歴史 【その日、歴史が動いた】)で触れたことがありますので、ここまでの経緯は省略させていただきますね。
もうちょっと具体的に言うと、前述の記事で出てきたヴワディスワフ1世という人のひ孫が今回の主人公・ヤドヴィガです。

世界史的に言えば、モンゴル帝国を何とか追い払って、ポーランドが持ち直してきた時期の話でもあり、この頃の出来事は同国の発展でメリットになったこともありました。
移民を奨励したおかげで、人の流れが活発になり、さらに他の国で迫害されていたユダヤ人にも「仕事してくれるんならうちに来ていいよ」という方針だったため、少しずつ国が富んでいったのです。

ポーランドは当時ハンガリーやオーストリアとの結びつきが強かったので、当初ヤドヴィガもオーストリア公子と結婚する予定でした。
王女にふさわしく各国語や芸術、当時の最先端科学などの教養を身につけており、どこに出しても恥ずかしくないお姫様だったようです。
また、自身の名の元になった「シロンスクのヤドヴィガ」をはじめ、カトリックの多くの聖女を信仰していたとか。

 

スポンサーリンク

「女王」という言葉に「王の配偶者」という意味があったので

しかし、ヤドヴィガが成長すると、当初の予定と食い違うことが多々出てきました。ものすごく単純に言うと、ポーランドとハンガリーの関係が悪化したため、ポーランドの貴族たちが「ウチはもうハンガリーとは絶交するから、違う王様を立てます!!」と言い出したのです。

かくしてまだ10歳のヤドヴィガが、ポーランドという国を背負うことに……。
男性君主しか使えないはずの「王」という称号を使ったのは、当時「女王」という言葉に「王の配偶者」という意味が含まれていたからです。「うちのヤドヴィガ様は誰かの奥さんじゃなくて、独立した王様なんだからな! ポーランドも同じだ!!」というポーランド側の意思表示だったのでしょうね。

しかし、男性だろうと女性だろうと、世継ぎをもうけるのが君主の責務です。当初の婚約が破棄された以上、ヤドヴィガは新たな夫を迎えなければなりませんでした。

そこで最終的に決まったのが、隣国リトアニアの主・ヨガイラという人だったのです。25歳もの歳の差婚でしたが、どちらかがもう一方を吸収するのではなく、ポーランドとリトアニアの両方を二人で統治するというスタンスを取ったおかげか、比較的仲が良かったようです。

また、このときポーランド側から出した条件に「リトアニアがカトリックに改宗すること」というものがありました。
これにより両国は宗教的な結びつきもでき、現代でもこの両国はカトリックが多数派です。
さらに、リトアニアは当時北方十字軍の一つ・ドイツ騎士団との戦いにも手を焼いていたため、体裁的にはこれで厄介事が減りました。といっても相手がすぐに諦めてくれなかったので、一度派手にぶつかり合って勝ち、ようやく事が収まったのですが。
最終的には戦争になってしまったものの、ヤドヴィガはこのときもドイツ騎士団との和平交渉を進めていたといわれています。既に17歳になっていましたから、もし彼女が単独君主であれば和平の道もあったかもしれませんね。

 

難産で生まれる予定だった娘と一緒に死亡 まだ26才だった

ヨガイラことヴワディスワフ2世は、妻のヤドヴィガが戦争や政治に関わることをよしとしませんでした。

それでも権力を全て取り上げるようなことはせず、文化や福祉に関することはヤドヴィガに任せていたようです。
ポーランド最古の大学・ヤギェウォ大学は彼女が復興させたものですし、他にも病院を建てたり、リトアニアの若者にお金を与えてプラハ大学で学ばせたり、限られた中でも懸命に仕事をしていた様子が伺えます。

クラクフ大学(現在のヤギェウォ大学)の復興させたときの絵/Wikipediaより引用

 

ヤドヴィガはそんな健気な女性だったのですが、何が天の気にそぐわなかったのか、あるいは逆に気に入られたのか、26歳のとき難産で亡くなってしまいました。生まれるはずだった王女も間もなく命を落としたといわれています。

当時のポーランドはヨーロッパの中でも衛生的な国で、ウォッカによる消毒や清拭が日常的だったそうなのですが、その状況で母子共に死亡というのは何とも言えませんね……出産の恐ろしさがよくわかるというものです。

これで困ったのは夫のヴワディスワフ2世でした。
実質はどうあれ、やはりポーランドはヤドヴィガのものだったからです。血筋的にも実態的にも対抗馬が現れなかったため、王位を保つことはできたのですが、当時はヒヤヒヤしていたでしょうね。
携わっていたのが文化と福祉という庶民にも縁のある分野だったからか、死後早いうちからヤドヴィガは聖女として扱われていたようです。
とはいえそれは一般人の間でのことで、ヴァチカンに認められたのは1997年のことでした。それも、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世がポーランド出身だったため、積極的に動いたからだと思われます。

自分のできることを精一杯やっていた彼女ですから、「あら、私聖女様になれたの? 嬉しいわ」くらいにしか思わないかもしれませんけどね。

長月 七紀・記

参考:ヤドヴィガ(ポーランド女王)/Wikipedia

スポンサーリンク

スポンサーリンク

http://www.vivonet.co.jp/rekisi/a14_poland/poland.html

 

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 欧州

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.