独眼竜の子孫にして幕末の名君と名高い伊達宗城 心中を測れぬ傑物だった!?

 

「何を考えてるのかわからない人」って、ほんと何を考えているかわからないですよね(´・ω・`)
その原因は、頭が良すぎて常人には行動の予測がつかない――ということが多々あると思われますが、本日はその一人であろう、幕末のとある大名のお話です。

文政元年(1818年)8月1日は、幕末の名君と名高い宇和島藩八代藩主・伊達宗城(むねなり)が生まれた日です。
当コーナーでもちょくちょくお名前だけは出てきましたが、ご本人の登場は初めてですね。

江戸時代の武家は養子を迎えて後を継がせるというのも珍しい話ではなく、宗城も直接先代と血がつながっているわけではありませんでした。ただし、祖父が五代藩主の次男だったので、一応血はつながっています。
さらにその祖父も血筋をさかのぼれば政宗、そして最初に伊達氏を名乗った朝宗に行き着きますので、仙台藩だけでなく宇和島藩も鎌倉以来の名家ということになりますね。

tomorroweye7

【TOP画像】伊達宗城/Wikipediaより引用

 

大村益次郎を招き、日本初の蒸気船を製造させた

26歳で藩主の座を引き継いだ宗城は、まず他の藩と同様火の車だった藩政を立て直すために奔走。木蝋(漆の実から採れる蝋)の専売化や石炭の埋蔵調査などを行い、藩の収入をより豊かにしました。

また、宗城のスゴイところの一つに、人を見る目が優れていたという点があります。
この頃長州から大村益次郎(過去記事:靖国神社に銅像となっている大村益次郎って何者なのさ【その日、歴史が動いた】)を招いており、蒸気船の製造を命じて、日本人だけで初めて西洋と同じ船を作らせました。
益次郎を選んだのは「医者ならオランダ語が読めるから、西洋の技術書も読めるだろう」という理由だったとか。そりゃそうですけども、結構な無茶ぶりですよね。
この辺の思い切りの良さというかウルトラCな思考回路は、さすが政宗の子孫という気がしなくもありません。

ついでに言うと、このとき蒸気機関を作ったのは宇和島城下の提灯職人だったそうで。史上稀に見る無茶振りです。ギネスブックのイグノーベル賞版とかあったらぜひ載せるべき。
とはいえ、その一方で日本初の女医・楠本イネ(過去記事:日本初の女医・楠本イネ 父はあのオランダ人医師・シーボルト 【その日、歴史が動いた】)も保護していますから、目の付け所は確かなんですよね。

シーボルトの娘・楠本イネさんも……/Wikipediaより引用

 

一橋慶喜が将軍になれず、釣られて失脚

さて、宗城は別に地元で無茶苦茶ばかり言っていたわけではありません。すでに半分沈んでいる幕政に関しても積極的に意見し、島津斉彬らと並んで「四賢候」と並び称されました。

が、外から口を出したような形ですから、幕閣からのウケはあまり良くなかったようです。
十三代将軍・家定の後継には一橋慶喜(後の十五代将軍)を推し、あいにく家茂が十四代になったため、家茂の就任時に隠居謹慎を言い渡されてしまっています。

このとき七代藩主・宗紀が宗城を養子に迎えた後にもうけた子・宗徳に家督を譲っていますが、藩政の実権は依然として宗城にありました。
心情や経緯は違うでしょうが、上杉鷹山(過去記事:謙信の名家を救った財政再建のプロ上杉鷹山は九州の小藩で生まれた【その日、歴史が動いた】)も似たようなことをしていましたね。
というか幕府のこの「お前気に入らないから隠居しろ」(超訳)っていうテンプレな対応もどうなんだという気がしますが。実質が伴ってなかったら意味ないですよねえ。

 

重要なポストに就いては、それをアッサリ投げ捨てて

やがて、家茂を将軍に推した井伊直弼が桜田門外の変で幕政どころかこの世からも去ると、謹慎を言い渡された大名達も再び動き始めます。
その頃には既に開国した後でしたので、各地で外国人とのトラブルが起き始めていました。

とりわけ有名な生麦事件について、宗城は「賠償金は薩摩に払わせるべき」としています。が、その一方で薩摩藩主・島津久光とは協力して公武合体を計画しているのですから、何を考えていたのやらよくわかりません。たぶん斉彬の代から交流があったからなのでしょうけども。
「これはこれ、それはそれ」と考えるタイプだったんですかね。なるほどわからん。

宗城の真意は、維新が始まってもやっぱりサッパリです。
一応新政府側についているのですが、戊辰戦争には消極的で、参謀を辞任。元をたどれば同じ家である仙台藩を責めたり攻めたりする気になれなかったのでしょうか。

明治時代に入ってからは日清修好条規を結んだり、外国の来賓を接待するというそれなりに重要な役目をひきうけているのですけれども、これも短期間で自ら辞任しています。

 

そのとき仙台の伊達藩主・慶邦は何を思っていた?

明治十四年(1881年)、には63歳で世界周遊中のハワイ国王・カラカウア(最後のハワイ国王・リリウオカラニ女王の兄、世界で一番最初に日本を訪れた国家元首)を接待しているので、やる気がなかったわけではないっぽいです。
ちなみにカラカウア国王からは気に入られたようで、このとき返礼として勲章を授与。今も宇和島で保管されているそうですね。

宗徳の代(宗城存命中)に宇和島伊達家は伯爵家になりました。が、仙台伊達家を上回ったことは宗城としてビミョーだったかもしれません。これはもちろん維新のときに味方だったか敵だったかという基準だからなのですけども。

その辺について当時の仙台藩主・慶邦のほうではどう思っていたのか? 宗城はどうだったのか? という問題については日記があるわけでもないので、神のみぞ知るというところですが……。

はてさて、今頃あの世でどんな会話をしているのでしょう。

長月 七紀・記

参考:伊達宗城/Wikipedia

 

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン シミルボン様への配信始めました!

LINE NEWS
LINE NEWS

Buzz Plus News

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る