日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

霊元天皇は江戸幕府にも引かぬ!媚びぬ!省みぬ! 知られざる江戸期の天皇

更新日:

 

イメージと現実はしばしば真逆になるものです。
「おとなしい人だと思っていたら、実は結構短気だった」というような経験は多くの方にあるのではないでしょうか。「雨の日にヤンキーが子犬を拾っていた」というのもそうですね。

歴史上欠かせないあの家柄にも、実はそういう話は珍しくなかったり……。本日はそのお一人のお話です。

享保十七年(1732年)8月6日は、第112代天皇・霊元天皇が崩御された日です。

江戸時代の天皇というと将軍や幕閣の陰に隠れてしまって、なかなか話題になりませんが、調べてみると「すごい」としか言葉が出ないような方もチラホラでして……。

tomorroweye24

【TOP画像】霊元天皇/wikipediaより引用

 

後水尾天皇の跡を継いだキャラの濃い四天王

この方の父親は、江戸時代初期の天皇としてたびたび名前が出てくる後水尾天皇。二代将軍・秀忠の娘である和子を中宮に押し付けらr……もとい、迎えた天皇ですね。
その後、紫衣事件やら諸々の軋轢もあったわけですが、それは霊元天皇を含めた子女たちにも影響を残しました。
ちなみに、後水尾天皇の子女は四人皇位を継いでいるのですが、どの方も違う方向で濃い逸話を持っています。
ついでですから四人とも簡単にご紹介しましょう。

109代・明正天皇  後水尾天皇が江戸幕府にキレたため、突然譲位されてしまった女帝
110代・後光明天皇 京都所司代に「切腹できるもんならしてみろよwww」とタンカをきった方
111代・後西天皇  中継ぎ扱いだった上、たまたま天災が相次いで責任を取らされた方(´・ω・`)
112代・霊元天皇  (今日この方)

四人とも異母きょうだいなのに、なんで「強烈」ということだけ共通してるんでしょうね。
後水尾天皇の性格からして、明正天皇と後西天皇が母親似で、後光明天皇と霊元天皇が父親似だったってことでしょうか。
後光明天皇の強烈っぷりは以前取り上げていますので、よろしければどうぞ→(過去記事:武家を相手に一歩も引かずの後光明天皇 江戸時代の剛毅なエピソードにホレボレ【その日、歴史が動いた】)。

後水尾天皇/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

父と同じく霊元天皇も35人の子供がいた

まあそれはともかく、子女の皆さんが若くして譲位したり、夭折したりしたにもかかわらず、父の後水尾天皇は譲位&出家した後もバリバリ元気で院政を行っていました。なにせ、霊元天皇は即位したときたったの9歳でしたからね。

しかし、いくらお元気でも寿命はありますから、後水尾天皇が延宝八年(1680年)に亡くなってからは、霊元天皇も親政に乗り出します。26歳になっていましたので、まだまだ若いとはいえ、17年も父の手腕を見ていれば大なり小なり学んでいたことでしょう。

とはいえ江戸時代ですから、全国的に影響を及ぼすことはできません。霊元天皇が力を注いだのは、皇室の威厳を取り戻すことと、そのために力になってくれる公家を集めることでした。
つまり、幕府と親しくしているのであれば、いくら名門の公家でも容赦なく干したのです。

霊元天皇の父や兄・後光明天皇と似ていたと思しき部分がそれに拍車をかけました。
若い公家と共にあまりよろしくない騒ぎを起こしたり、中宮や典侍(武家でいう側室)の他にも後宮の女性との間に多くの子供をもうけたりと、懐事情の厳しい朝廷にとっては悩ましいことをいろいろしています。
ちなみに後水尾天皇も霊元天皇も35人子供がいます。この時代のことなので、数年で亡くなってしまった人もいますが、張り合ってでもいたのかとツッコミたくなるような人数ですね。
勇気ある公家の中には、これを諌める人もいたのですが……案の定「お前しばらく来なくていいわ」と言われておしまいでした。いつの時代も真面目かつ上の意向に沿わない人は損をしますねえ。

さらに、「母方の親戚が出しゃばってくるのを防ぐため」として、第一皇子を無理やり僧籍にしてしまったのですから大騒ぎです。

 

スポンサーリンク

四代将軍・家綱が「せめてご相談を……」

きっかけは「第一皇子の母が出産以降皇居に戻ってこないのが不満だった」とか、「その後に生まれた皇子のほうが可愛くなったから」とか、いろいろ言われていますが、定かではありません。
しかも第一皇子だけならともかく、母方の親戚である小倉氏を粛清してしまいました。

さらにこの一連の処分には幕府への相談や許可が全くなく、ときの将軍・四代家綱は「せめてお父様の後水尾天皇や、我が叔母でもある東福門院様(和子のこと)にご相談を」と言っても全く聞き入れませんでした。

幕府に承諾を求めたのは、その後数年して後水尾天皇・東福門院・家綱の三人が相次いで亡くなってからのことです。将軍に就いたばかりの五代綱吉は、「ここで朝廷ともめては後々良くない」と考え、霊元天皇の望むとおりに許可を出しました。
もしかしたら、朝廷の中に「今度の将軍は尊皇家らしいので、今言えばすんなり許可が出ますよ」なんて調べをつけた人がいたかもしれませんね。おお黒い黒い。まあ、そのおかげで霊元天皇と綱吉の時代は、比較的朝廷と幕府の間がうまく行っていたのですが。

 

大嘗祭を復活させたり、学問や歌道も嗜んだり

その後は比較的早く息子の東山天皇へ位を譲りましたが、父同様に院政を行いました。長らく中断していた大嘗祭(天皇が始めて行う新嘗祭=収穫祭)を復活させたり、見方を変えれば幕府にケンカを売るようなことも平然とやっています。
これが家光の時代だったら危なかったかもしれませんが、上記の通りまだこの時点の将軍は綱吉だったので、何とか穏便に済みました。
ちなみにこのときも公家の中に「幕府との間に波風を立てるのはどうかと思います!」と諫言した人がいたのですが、霊元天皇だけでなく綱吉にも嫌われていたのでどうにもなりませんでした。ちょっと可哀相ですね(´・ω・`)

その後、東山天皇が親政をできる年頃になると「私もそろそろ楽隠居と行くかな」と言い出しましたが、実質的には孫の中御門天皇の代まで影響力を持ち続けました。
とはいえ、綱吉の後は六代家宣・七代家継と江戸幕府の中でも頻繁に将軍が変わったので、朝廷と幕府の全面対決にはなりませんでした。よかったよかった。

ここまで政治の話(と女性・子供関係)ばかりですが、学問や歌道もお好みだったようで。ホント、何から何までお父上に似てますね。

日本史というとどうしても戦国時代や幕末が人気なので、武家に目が行きがちですが、こうした強烈な天皇を調べてみるのもまた面白いものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:霊元天皇/wikipedia

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.