日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた イタリア 災害・事故

火山噴火により一晩で消えたポンペイ 日本が弥生時代だった頃、この都市では……

更新日:

 

タイムスリップやタイムマシンといえばロマンの宝庫ですよね。弊害も大きそうですけれど。

人体や生物についてはまだ実現していませんが、地下に埋もれた遺跡にもし心があるとしたら、発掘されたときはコールドスリープから目が覚めたような感じなのかもしれません。
のっけからオカルトな感じになってしまいましたが、本日はそんなことを考えてしまうようなお話です。

西暦79年8月24日は、イタリアのベスビオ火山が噴火した日です。

日本では弥生時代の頃。この噴火によってふもとのポンペイという町が灰に埋もれてしまったことは割とよく知られていますよね。
その経緯については当サイトでも報じられておりますので(【関連記事】御嶽山も襲われた火山噴火の恐怖 一晩で1万人の都市が消えたポンペイの悲劇)、今回はこの日以前のポンペイやベスビオ山のことを詳しく見ていきたいと思います。
まずは山のほうからいきましょうか。

tomorroweye20

【TOP画像】火砕流に巻き込まれて亡くなったポンペイの人々は、火山灰の下で永眠。灰の中にできた空洞に石膏を流し込んで現代に復元させたのが写真の石像photo by arlo Mirante@flicker

 

町の発祥となったのは、あの暴君・ネロ!?

ベスビオ山は、この大噴火の前からイタリアではよく知られた山でした。
紀元前の時代から何回か噴火していましたし、あのDV皇帝・ネロ(過去記事:暴君ネロは家庭内でもサイテーだった。結婚した日に妻を処刑し その日に自殺の輪廻【その日、歴史が動いた】)が小さな噴火の後に、ふもとの町を再興させたこともあったのです。
これが後々埋もれてしまったポンペイの町の発祥になりました。

また、紀元前73年には、ローマの剣闘士奴隷・スパルタクスが待遇の改善を求め、仲間とともに立て籠もって戦う事件もありました。いわゆる「スパルタクスの乱」ですね。
スパルタクスの乱については、バレエや映画などの題材になっているので、彼の名をご存知の方も多いのではないかと思います。が、その舞台がベスビオ山だったというのはあまり知られていない気がします。
こういう繋がりを見つけていくのも歴史の醍醐味ですね。

 

一方、一晩で火山灰の下に埋もれたポンペイの町は、ナポリとベスビオ山を挟んで反対側の位置にあります。ちなみに、ナポリ(当時はネアポリス)には噴火の影響はあまりなかったようです。山からの距離もあまり変わらないなのですが、噴火口の位置や風向きの問題ですかね。

上記の通り、現在遺跡となっているポンペイの基礎を作ったのはネロ。しかし、このあたりにはずっと前から集落が存在していたといわれています。
たぶん79年の大噴火以前にも度々噴火していたと思われますが、それでも人が住み続けていたのは、やはり先祖代々住んでいて愛着があったからなのでしょうね。
現代でもたまに、活動している火山の近くに住んでいる人に対して「引っ越せばいいのに」とpgrする人がいますが、「危険があっても住み慣れた場所のほうがいい」という感覚は、古今東西共通のようです。

 

スポンサーリンク

美と愛の女神ウェヌスが崇められていて……

また、現在ポンペイの遺跡では「◯◯の家」という名前の遺構が複数ありますが、この「◯◯」にはギリシアやローマの神様の名前が入ることが多いようです。
すでにキリスト教は生まれていましたが、西暦二ケタの時代ですから、まだまだ信仰の一宗教に過ぎませんでした。ですので、ポンペイは「多神教だった頃のローマ」を垣間見ることができる町でもあるということになります。
中でも一番に崇められていたのは、美と愛の女神ウェヌス(英語読みヴィーナス=ギリシア神話のアフロディテ)でした。
これだけ聞くと、何やら博愛主義の素晴らしい町だったかのように思えますが、半分だけ違います。

このあたりの時代がお好きな方は多分ご存知だと思うのですが、ローマ時代の人々は基本的に「やりたいと思ったことは全部思い通りにやらないと人生つまらんだろJK」(超訳)という考え方でした。
詳しく書くとお食事中の方や年齢制限的によろしくないので伏せますが、衣食住+人間の三大欲求は全て満たされるべきだとされていたのです。
そこに「愛」が絡むとどうなるか……という話ですね。

そんなわけで、ポンペイにはそんな感じの壁画や施設の遺構も数多く残っていたりします。
とはいえ当時の常識が上記の通りなので眉をひそめるようなことではないですし、最盛期の人口は2万人を越えていたといわれていますから、むしろ良かったのかもしれませんが。
「何言ってんのかサッパリわかんねーよ!」という方はどうぞそのまま純粋でいてください。もしくはウィキペディア先生やググる先生にお尋ねください。くれぐれもご両親や周りの大人に聞かないように。

 

また、ポンペイはワイン作りの盛んな町だったため、デュオニュソス(=バッカス)というお酒の神様も信仰されていたようです。
これは余談ですが、アフロディテとデュオニソスはきょうだいだったりします。どっちが年上なのか不明ながら、二人(柱)とも父親はギリシア神話の最高神こと浮気の帝王・ゼウス。
ウェヌスとアフロディテは元々違う神様でしたが同一視されるようになったので、間接的にウェヌスとデュオニュソスもきょうだいということになりますね。
前にもどこかの記事で書いたような気がしますが、多神教の神様は人間くさいというかリアルすぎるというか。

 

記録に出向いた大プリニウスも煙と灰に巻き込まれ

そんな町が一夜にして埋もれてしまったのは、皆さんご存知の通りです。

実はこのとき、ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(大プリニウス)という人が「絶好の調査対しょ……もとい、住民の救出に向かうぞ!」とポンペイに向かったのですが、彼もまた煙と灰に巻かれて亡くなってしまいました。
ちなみにこの人、軍人かつ博物学者かつ政治家という「お前完璧すぎんだろ」とツッコミたくなるような経歴の持ち主です。著作もあったのですが、ほとんど散逸してしまったといわれています。
唯一残った「博物誌」はルネサンス期(=1500年後)までこの時代に関する唯一の資料になったそうなので、他の本も残っていたらもっと有名になっていたかもしれませんね。

後々ヘタレだなんだといわれるイタリア人ですが、レオナルド・ダ・ヴィンチといい、大プリニウスといい、ごく稀に複数の分野で才能を表す人がいるのは不思議なものです。

 

実は、この変態的な天才(褒め言葉)の甥っ子である小プリニウスが、伯父の死と共に噴火の記録を残したため、ベスビオ山の噴火とポンペイが灰に埋もれた経緯が知られるキッカケとなりました。
ポンペイといえば住民の苦悶の表情が浮かび上がった石膏像が有名ですが、噴火が収まってから三日後に見つかった大プリニウスの遺体は、穏やかな死に顔をしていたそうで。
火山灰による窒息死か、火山ガスによる中毒死かという差ですかね。

知れば知るほど埋もれたことが惜しいポンペイですが、灰のおかげで後世に残ったものもありました。
特に壁画の色については、18世紀に発掘が始まるまで、ほぼ当時のまま残っているといわれています。中でも赤い色の美しさは格別で、「ポンペイ・レッド」とまで呼ばれているとか。
他の美術品や町並みについても、そもそも埋もれていたために盗掘や天候による破損などがなく、「ローマがそのまま現れたかのようだ」と絶賛される程という。

現在も発掘は進んでいます。が、それは長年遺構を守ってきた灰がなくなるということも意味します。
その辺のお話は南如水さんが以前書いてらっしゃるので、併せてご覧ください→【関連記事】ポンペイは2度滅ぶ!火山噴火に続いて今度は大雨でヤバイ!

形あるものがなくなるのは自然の摂理ですが、完全に崩れ去ってしまう前に、できるだけ写真や記録を残しておいてもらいたいものですね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:ヴェスヴィオ/Wikipedia ポンペイ/Wikipedia

 

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, イタリア, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.