日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



武田・上杉家 その日、歴史が動いた 伊達家 最上家

東北の関ヶ原・慶長出羽合戦とは? 直江兼続率いる上杉家VS最上家に伊達政宗も参戦!

更新日:

 

戦国時代や幕末が日本史の中でゆるぎない人気を保っているのは、魅力ある人物が多いからですよね。
それと同時に、世の中の流れが大きくロマンがあるから、という点もあるかと思います。
本日はそんな話の中でも、特に逸話の豊富な一連の戦のお話です。

一転、大攻勢をかける上杉氏VS最上氏

慶長五年(1600年)9月8日は、「東北の関が原」と呼ぶにふさわしい、慶長出羽合戦という戦が始まった日です。
この戦いは、関が原本戦に負けず劣らずドラマチックな展開ですので、ごたくは述べずさっそく本題に入りましょう。
関が原の局地戦をまとめた以前の記事と併せてご覧いただくと、より全体像がつかみやすいかもしれませんのでリンク張っておきますね→過去記事:徳川家康の「小山評定」 関が原へ臨む前に開いた大事なカイーギの内容とは? 【その日、歴史が動いた】

この戦は、小山評定で家康と大多数の大名が西上を決めた後に起きました。
上杉征伐のため、家康は東北の諸将を集めていましたが、家康自身の転進により「ハイ解散」状態になってしまった、その後の話です。
元から上杉家(福島県会津地方・山形県庄内地方)と領地を接している最上家(山形県山形市)はそうはいきません。また、上杉家にとっても最上を攻略すれば後顧の憂いがなくなるため、この二つの家にとってはむしろ、「ここからが本番」という感じだったのです。
一時は戦闘を回避する試みもされましたが、決裂して結局戦になりました。

愛はLOVEの愛じゃない、兼続です/絵・富永商太

絵・富永商太

上杉軍は米沢・庄内から最上の本拠地・山形城を攻めるべく、直江兼続を大将として侵攻を始めます。例の「慇懃無礼すぎる果たし状」こと直江状を送った人ですね。
当初最上側はあちこちの城に戦力を分散していたため、不利なことを誰もがわかっていて、討ち死に覚悟で戦に臨んだ家臣もたくさんいました。早速胸アツな展開ですね。
例えば、畑谷城(現・山形県東村山郡)という城では、最上義光が撤退命令を出していたにもかかわらず、500人程度の兵で抵抗を続けて最後には自害した武将がいました。慶長出羽合戦については双方の兵数がはっきりしていないのですけれども、城方の倍近い上杉兵を道連れにしたとか。

一方、上山城というところでは、城外の軍とうまく連携して上杉軍を打ち破った最上家家臣もいました。
これは結果的に、慶長出羽合戦のハイライトである「長谷堂城の戦い」において、上杉軍の戦力低下の役割を果たすことになります。
真田昌幸が上田城で徳川秀忠を足止めしたように、ここでは最上軍が上杉軍の一部を押しとどめたということですね。

他にも、一揆を利用して上杉軍に抵抗した将もいます。これはさすがにうまく行きませんでしたが、いずれにせよ、日頃の人望や忠誠心が伺える話ですね。
一揆勢を踏み潰した上杉軍は、士気を大いに上げながら山形城の手前にある長谷堂城の攻略を始めました。
ハラハラしてきましたね。

 

スポンサーリンク

伊達政宗も参戦して

ドコにも顔出す政宗です(絵・富永商太)

絵・富永商太

一方、最上義光の甥である伊達政宗は、この前の7月に奪った白石城(宮城県白石市)を返すことを含め、上杉家と一時和睦を結んでいました。
しかし、長谷堂城を落とされれば本拠・山形城が危うくなるため、義光は嫡男を人質……もとい使いに出して救援を求めます。
このときのえげつない話が片倉景綱のアレ(過去記事:片倉小十郎と伊達政宗のあまりホンワカしないエピソード集【その日、歴史が動いた】)です。片倉小十郎景綱は「政宗様の母の実家・最上家を上杉につぶしてもらったらむしろうまくない?」ニヤリと提言するのです。これ、義光が知ったらキレて援軍を断ったかもしれませんね。

側近の冷徹すぎる策を却下した政宗は、叔父・留守政景を救援に向かわせました。昔から決して仲が良いとはいえない間柄の人でも、やはり助けを求めてきた親戚を見殺しにはできなかったようです。茂庭綱元というこれも古くからの側近に、別方面から上杉軍を攻めさせてもいます。

 

山形城の手前の「長谷堂城」の戦いの最中に「西軍敗れる」の報

この間上杉軍は一気呵成に攻め立てようと攻勢を強めましたが、最上軍は地の利を生かして頑強な抵抗を続け、おおいに打ち破りました。
上杉軍では一筋縄では行かないと見て、稲の刈り取りやpgr的な挑発といった狼藉も行っています。しかし、これも最上側に「笑止」の一言で済ませられてしまって失敗に終わりました。
こういうのって相手が気にしなかった場合、めっちゃ恥ずかしいですよね。
そうこうしているうちに留守政景が到着し、義光も城を出て決戦を挑むべく布陣しました。
9月29日に上杉軍は長谷堂城へ総攻撃をかけたが、逆に上泉泰綱という武将を討ち取られてしまい、戦線は膠着するかに見えました。

しかしこのタイミングで、ほぼ同時に「石田三成敗北」の報が最上・伊達・上杉すべてに届きました。
上杉家が三成と結託していたかどうかははっきりわからないものの、上杉は撤退を決め、最上・伊達軍が追撃にかかるという攻守逆転の構図になります。
「フィクションだろwww」って言いたくなるくらいドラマチックですね。

最終的に、双方多くの犠牲を出したのですが、勝敗についてはどっちとも言い切れないところがあります。
上杉軍は撤退に成功しましたし、最上軍にとっては本拠の防衛に成功したことになるからです。
両方とも得たものはあまりないですけれども、最上は一度奪われた城の奪還にも成功していますしね。
その後、家康は双方の戦いぶりを褒めました。
が、兼続は子供がいなかったために直江の血筋は絶えていますし、最上家も義光の死後に別の理由で改易されています。
さらに、上杉家は大幅に減封されてしまいましたし、伊達家ではいわゆる「百万石のお墨付き」を(政宗の別件の陰謀が失敗したせいで)反故にされて、前田家や島津家の後塵を拝することになりました。

こう見ると、「ひょっとして家康が東北に大大名を生み出さないために、ある程度予測して仕組んだんじゃ……」なんて気もしてきますね。さすがに何もかも読んでいたわけではないと思いますが、ありえるからワロエナイ。
戦いぶりを褒めれば、一応大名や武将としての箔はつきますし。

慶長出羽合戦だけでも一本長編ドラマや映画が作れそうですけども、もしそういう作品ができたとしたら、最後はほくそ笑む家康のカットで終わるんでしょうねえ。
見たいような、見たくないような。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/慶長出羽合戦

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-武田・上杉家, その日、歴史が動いた, 伊達家, 最上家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.