日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

女性 その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

アクティブな深窓の姫君「英照皇太后」 富岡製糸場にも足を運ばれるなど積極的に行啓していた

更新日:

今ではほぼ死語になってしまいました「深窓の姫君」「深窓の令嬢」という表現には、なんとなくたおやかな雰囲気がありますよね。
しかし、正真正銘この単語が似合うような生まれ育ちの人でも、イレギュラーな方はたびたびいます。
本日はその一人と思われる、近代の女性のお話です。

天保五年(1834年)12月13日は、英照皇太后が誕生した日です。

孝明天皇の女御ですが、明治天皇の生母ではありません。亡くなられてから、追号として「皇太后」と呼ばれるようになりました。
写真を見るといかにも公家出身のお姫様という感じがしますが、幕末~明治の激動の中、どのように生きていったのでしょうか。

【TOP画像】英照皇太后/Wikipediaより引用

 

幕府の反対で准三后になった

英照皇太后は、九条家の出身です。大正天皇の皇后・貞明皇后とはおば・姪の関係にあたります。

初名は基君(のりきみ)といい、12歳のときに孝明天皇(当時は皇太子)の下へ嫁ぎました。翌年、孝明天皇の即位にともなって皇后になるはずでしたが、幕府の反対で准三后になっています。足利義満などがもらったアレです。

そもそも准三后とは「太皇太后・皇太后・皇后に准じる」という意味ですから、皇后になってしかるべき人がもらうのはおかしな称号なのですが……なぜ幕府がこんなところにイチャモンをつけたのかサッパリわかりません。

夫婦仲は良好だったらしく、英照皇太后は10代のうちに内親王を2人産みました。2人目が公武合体の話題で少し名前が出てくる富貴宮です。十四代将軍・家茂の正室になるかもしれなかった人ですね。
当時、富貴宮はまだ生まれたばかりだったので、和宮が渋々降嫁を了承した……というのは有名な話です。富貴宮はその後1歳にもならずに亡くなってしまったので、いろいろな意味で和宮が降嫁したのは正解でした。

最初に産んだ順子内親王も2歳で亡くなってしまっていて、英照皇太后は相当なショックを受けたことでしょう。また、孝明天皇も無理に子供を作らせようとはしなかったのか、富貴宮が亡くなった翌年に、当時9歳の明治天皇を養子にしています。
当時は、武家でも公家でも「側室の産んだ子を正室の子供扱いにする」ということがよく行われていました。大正天皇も、昭憲皇太后(明治天皇の皇后)ではなく、側室の生まれです。
だいたいの場合、成長してから実の母のことを知ることが多かったので、子供のほうはショックを受けることも多かったとか。そりゃそうだ。

 

スポンサーリンク

英照皇太后・昭憲皇太后が揃って富岡製糸場へ

英照皇太后と明治天皇の場合は物心ついてからだったためか、比較的割りきったつきあいができていたようです。

孝明天皇が急死したため、立后されることはありませんでしたが、明治天皇即位の後は皇太后と呼ばれるようになりました。東京奠都(てんと)の後は東京・赤坂の地に移り住んでいます。

明治時代は女性の行動範囲が大きく広がったことも特徴の一つですが、国の母としての立場である英照皇太后や、昭憲皇太后も積極的に行啓(皇族の外出)をするようになりました。

有名所だと、富岡製糸場に英照皇太后・昭憲皇太后が揃って行啓し、工場内を見学している様子の壁画があります。
おすべらかしに緋袴という伝統的な衣装ですが、足元はおそらく靴を履いているのがいかにも明治時代らしい感じですね。

英照皇太后は60歳近くなってから、葉山御用邸付近にある森戸神社へ参拝したりもしていて、立場や出身からすると割とアグレッシブだったことがうかがえます。この辺は姪である貞明皇后と似ていますね。

 

スポンサーリンク

「上は女で下は男の装いとは、あなおかしや」

また、嫁・姑の仲の良さが伺えそうなエピソードとして、こんなものもあります。
明治時代になって、女性ももっと勉学をするべきという考え方のもとに女学校が作られました。昭憲皇太后がそのうちのひとつを視察したときのことです。

女学生というと「海老茶袴にブーツ」を思い浮かべますが、それ以前は決まった衣装というのがありませんでした。
さらに、まだまだ「女が勉学をするなんて、男勝りでけしからん」という考え方も強かったので、「それなら服装も男風にして、気合を見せてやるべし」と息巻くような人もいました。そこで、女学生の中には男袴(腰の後ろ側に板がついてるアレ)を履いている人が珍しくなかったのです。

しかし、昭憲皇太后から見れば、「上は女で下は男の装いとは、あなおかしや」といったところ。お付きの女官たちと一緒に、笑いをこらえながら視察を終えたといいます。
余程ツボに入ったのか、昭憲皇太后は宮殿に帰ってから英照皇太后にこの話をし、二人で笑っていたのだとか。
二人とも由緒正しい公家の出身なので、笑い転げるということはなかったと思いますが、気分的にはそんな感じだったでしょうね。

とはいえ、女学生たちのほうも「おすべらかし・十二単にブーツとこうもり傘」という昭憲皇太后一行の装いに、吹き出しそうになっていたらしいですが。
お互い様ですね。

 

英照皇太后は当時最も重要だった「世継ぎをもうける」ことこそできませんでしたが、時代が急激に変わっていく中で、新たな役目を見出しながら楽しんで生きていたのではないでしょうか。

上記の通り、明治天皇と英照皇太后は血はつながっていないのですけれども、こうしたエピソードからすると、結構親子っぽいところがあったのではないかな、という気がしてきます。

直接顔を見て話す機会は少なくても、意外と明治宮殿の中、特に奥は朗らかな雰囲気だったのかもしれませんね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:英照皇太后/Wikipedia 森戸大明神 明治神宮崇敬会

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 伊達政宗さんは史実も最高!


6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?


9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


10位 小野政次 34日間の天下


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-女性, その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.