日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

誰もが密かに一度は憧れる「列車旅の食堂車history」~空腹よ汽笛の音より響かせて~

更新日:

 

旅といえば、やはり普段の生活とは違った体験をしたいですよね。
美しい景色に心を洗われたり、リッチなお宿で体を休めたり。求めるものは人それぞれだと思いますが、全てを一度に体験するのは難しいところ。本日はその中でも、憧れつつも中々使う機会には恵まれない人が多そうな、アレのお話です。

1901年(明治三十四年)12月15日は、国鉄で初めて食堂車が登場した日です。

……今の若者の中には、かつて鉄道(JR)が国営だったことを知らない人も多いのでしょうか。おおこわいこわい。
以前取り上げた駅弁のお話と似ていますが、比較するとなかなか興味深いところもあるので、併せてご覧いただければ幸いです→過去記事:宇都宮でおにぎりとたくあんが売られたから7月16日は駅弁記念日 【その日、歴史が動いた】

1935年頃の食堂車/wikipediaより引用

【TOP画像】食堂車/wikipediaより引用

 

新橋~神戸間の急行列車で精養軒が提供

さて、この日食堂車が連結されたのは、新橋~神戸間の急行列車でした。
まだ新幹線なんて影も形もない時代ですし、そもそも車両が木製だったころです。よくそれで「食事を出す」=「車内で火を扱おう」と考えたものですよね。動力が石炭ですから、似たようなものだと思われていたのでしょうか。

運営は精養軒がやっていて、今でいうグリーン車利用客専用だったといわれています。普通車には不届き者が乗っていることもあったため、優等列車の客を不快にさせない・タダでいい車両に乗るのを防ぐ目的でした。
今なら「差別だ!!」と大問題になりそうですが、戦後の1950年代までこのスタイルだったというのですから驚きです。

当初は調理の単純さから洋食だけで、1906年から和食も作れるようになりました。進歩早すぎ。
というか、食堂車に関しては数年単位で結構状況が変わっていまして、日本人の食に対する情熱がうかがえます。

食堂車 オシ17 2055/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

戦争激化によって1944年に一旦廃止

まず、1908年の鉄道国有化によって、食堂車は直営から請負になりました。各社の競争が始まる中で、ウェイトレスを導入する会社もあったようです。

一般企業が入ることで食堂車の敷居が低くなり、多くの人が利用するようになりました。
運営も順調でしたが、いつの時代も儲かる業界ほどアレな業者が出てくるもの。昭和に入ったあたりからその辺を是正するため、1938年に日本食堂株式会社(現・日本レストランエンタプライズ)が設立され、食堂車の経営が統合されました。

そんな感じで、戦前は準急・長距離・観光列車であれば、普通席だけの列車でも和食を出す食堂車が連結していたといいます。今では「食堂車付きの列車」というと贅沢なイメージもありますが、かつてはずっと身近な存在だったんですね。

しかし、時代の流れには逆らえません。

戦時中は物資不足などのためメニューの簡素化や注文制限、代用食材の使用、テーブルクロス廃止などで(´・ω・`)な食堂車も多くなり、1944年4月1日には一度廃止されてしまいました。
同じ日に代替策として車内販売が開始されているので、駅弁と食堂車は入れ替わりに発達したような感じになるわけですね。

 

スポンサーリンク

試験的に電子レンジも導入され、蕎麦や丼ものなども出るように

戦後1945年から連合軍専用列車に食堂車が登場し、一般向けの列車でも、東京~鹿児島間の急行で食堂車の営業が再開しました。
1953年以降は、帝国ホテルなどホテル業界などが食堂車経営に乗り出し、黄金時代を築いていきます。豪華なイメージがあるのはこの辺からでしょうか。
1960年代から列車の構造が変わったため、急行では食堂というよりビュッフェスタイルの列車が増えました。
従来の食堂車は夜行列車・特急列車中心に使われることになります。

ビュッフェスタイルの場合、調理施設が簡単なため、スタッフには好評だったのです。1961年には試験的に電子レンジも導入され、より調理が簡単かつスピーディーになりました。ここから調理済みの食品を再加熱して供するようになります。

「温めなおし」というと手抜きのようにも見えますが、メニューの幅が広がったそうなので一長一短でしょうか。他にも、寿司やそば・うどん、丼ものといった身近な日本食も出るようになったそうです。

が、1970年以降はまたしても食堂車そのものが下火になりました。電線によるトンネル火災事故などがあり、戦前に作られた木製の食堂車は危険と判断されたためです。

ビュッフェスタイルの食堂車/wikipediaより引用

 

下火になった理由は、他にもこんなものがありまして……。

・旧式の食堂車は木炭コンロを使っていて、火事の火元になる危険性があった
・国鉄の財政難で食堂車を作り直す余裕がなかった
・労働条件が厳しく、食堂車スタッフの人員確保が難しくなった
・夜行バスや飛行機の発展、新幹線の増発などにより、長距離列車や夜行列車、車内で食事をする人が減った
・コンビニなどで弁当が売られるようになった

かくして食堂車は「割高」というイメージがついてしまい、ますます客足が遠のくことに……。
中には黒字なのに廃止された食堂車もあったそうです。変わって駅弁が充実してきたので、「そのうち赤字になるよ」みたいな考え方からだったのでしょうか。

特急「白山」食堂車さよなら営業/wikipediaより引用

 

現在はカシオペアやフルーティアふくしまで楽しめる

国鉄が民営化されてJRになった後は、予約制のコース料理と、予約不要のパブタイムを同じ列車で行うというスタイルも生まれましたが、かつてのような人気は出ませんでした。

全国で食堂車は売店化していき、2006年にはJRの寝台列車のうち、食堂車が残るのは北海道系統だけになっています。私鉄では他にもありますね。

現在運行している食堂車付きの列車はこの辺でしょうか。※「お皿に入った温かい料理を食べられる」列車=食堂車という基準にしています。

・JR
カシオペア(上野~札幌)
フルーティアふくしま(郡山~会津若松/福島)

・いすみ鉄道
伊勢海老特急
お箸DEイタリアン
飲茶列車
居酒屋列車

個人的に、東武鉄道のスペーシアや小田急電鉄のロマンスカーが軽食のみというのが意外でした。やはりコストがかかるんでしょうね。
JRでも今年(2015年)に列車自体が廃止されたところもあり、なかなか切ないものです。

ただし、2017年にJRでは「トランスイート四季島」というダイニング付きの長距離列車を始めるそうです。往生際が悪……げほげほ、新幹線のグランクラスのような高級化の一環ですかね。
料金は張りそうですが、旅のデメリット(?)である長距離移動と、大きな目的の一つになる食事を同時に楽しめるというのは時間短縮になっていいかもしれません。目的地に着いたら宿でゆっくりしたり、食事時間を気にせずいろいろなところを観光できそうですしね。
新しい旅のスタイルとして、人気が出る……かも?

フルーティアふくしまのロゴ/wikipediaより引用

 

意外にフランスでは簡単に済まされている!?

ちなみに他国では、「比較的食堂車に力を入れている」国と、「簡単なビュッフェスタイルがあれば充分」な国にだいたい分かれるみたいです。
前者はドイツ、イギリス、中国など、後者はフランスなど。むろん、列車によって差はあるでしょうけれども、ざっと調べた感じではこんな印象を受けました。全ての列車を調べたわけではないので、見落としがあったらスイマセン。

食にこだわる国とそうでない国というわけでもなく、なかなか興味深いところです。ググる先生に「フランス 食堂車」とお尋ねしても、真っ先に出てくるのが”日本の”食堂車のフランス料理の話というのがね……他の国は現地のことが出てくるんですが。

フランスが美食の国なのにあまり食堂車にこだわらないっぽいのは、ストライキが多いからでしょうか。食堂車のスタッフがストライキしたら、食品が傷んでしまいそうですものね。
ただし、同国でも優良列車のお客さんだけレストラン形式の食堂車が使えるものもあるようですので、「美味いものを食べたければがっつりお金をかけろ」ということかもしれません。

食堂車からの車窓 2007年 イタリア/wikipediaより引用

 

また、イタリアのように列車によってレストラン形式・機内食形式に分かれている国もあります。これはこれでこだわりが伺えますね。

どちらかというと宿や他のグルメにお金をかける人が多そうですけれども、やはり食堂車にはまた違ったロマンがあります。
これを感じる人がなくならない限り、食堂車が完全に消えることはないのでしょう。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:食堂車/wikipedia JR東日本四季島

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.