日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ロシア 欧州

“白い死神”と呼ばれた凄腕スナイパー「シモ・ヘイヘ」 まさにリアルなゴルゴ13です

更新日:

皆さんは「英雄」と言うと誰を思い浮かべます?
神話の世界であればペルセウスやヘラクレス、三国志であれば各国の武将たち、日本史で言えばやはり信長でしょうか。
しかし、歴史とは常に作られていくもの。大昔に限らず、常に「英雄」は生まれていくわけで……本日はその中から、とある分野で桁外れの才能を持つ人のお話です。

1905年(明治三十八年)12月17日は、フィンランドの超人スナイパーであるシモ・ヘイヘが誕生した日です。一人でソ連兵500人以上の狙撃に成功し、「白い死神」と呼ばれた人ですね。

また、戦後のインタビューで「狙撃のコツは?」と聞かれ、「練習だ」という身も蓋もない(ただし真実ではある)返答をしたことでも有名です。
いったいどのような経緯でこの人外としかいいようのない記録が生み出されていったのでしょうか。
ヘイヘの話をするにあたっては、まず当時のフィンランドの情勢を理解しておく必要があります。
いつも通りざっくりいきましょう。

冬戦争参戦時のヘイヘ/wikipediaより引用

 

スターリンのソ連に攻めこまれた「冬戦争」

ヘイヘが活躍した戦争は、「冬戦争」というものです。
1939年11月にソ連がフィンランドに侵攻して始まったもので、彼から見れば防衛戦ですね。元々の人口や国土に大幅な差がありますから、兵力でもソ連が圧倒的に有利でした。

しかし、フィンランドはカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム元帥の下、粘り強く抵抗を続けます。
ソ連=ロシアといえばやはり冬将軍や焦土作戦の有効活用が連想されますけれども、元々フィンランドも極寒の地ですし、焦土作戦は(基本的に)防衛する側が使ってこそ有効活用できるものですから、ソ連にとっては必殺技を二つ封じられたような戦いでした。

ついでにいうと、スターリンの疑心暗鬼その他の(比較的アホな)理由で自国の将校たちを処刑しまくっていたため、ソ連軍は人材不足に陥っていました。

ただ、だからと言ってフィンランドが圧倒的に有利だったワケでもありません。
相手は陸地を接する隣国ですから、国境線=戦線が非常に長く、寡兵で大軍を迎え撃たざるを得なかったのです。既に白兵戦主流の時代は過ぎていたとはいえ、数の差があればいずれ押し切られるのは目に見えていおりました。

 

スポンサーリンク

32人の兵士でソ連軍4000人相手に勝ったコッラーの奇跡

そこで考えだされたのが、ヘイヘのようなスナイパーたちを最大限に活用し、できるだけ接近せずに敵を減らすという作戦でした。
焦土作戦やゲリラ戦なども併用しています。

ヘイヘは元々猟師や農業で生計を立てていましたが、兵役義務を果たした後、予備役扱いになっていました。
射撃の大会で入賞するほどの腕前だということが知られていたため、冬戦争の際は兵長として招集され、地元付近で防衛作戦に参加します。

このときの上司がまた「お前射撃の腕パねえな。狙撃よろしく」(超訳)と判断したことも、フィンランドにとっては幸運でした。ソ連にとっては間違いなく悪夢の始まりでしたが。

彼が参加した戦いでは「フィンランド兵32人vsソ連軍4000人」という文字通り桁違いの戦闘もありました。ところが、上記のような条件が揃ったためフィンランド軍が勝ち、戦場付近の川の名を取って”コッラーの奇跡”とまで呼ばれています。

 

スポンサーリンク

スコープも使わず狙撃するってマジ死神です

ヘイヘの恐ろしいところは、「反射で位置を悟られるから」という理由でスコープを使わずに狙撃を成功させ続けたということです。
さらに、ライフル以外にサブマシンガン(マシンガンと拳銃を足して割ったような感じの銃)で数百人殺ったといわれています。戦時中のことなので正確な記録がないのですが、下手をすれば1人で100日間のうちに合計1000人前後殺ってることになるわけで……どう見ても死神です。本当にありがとうございました。

が、ソ連も何もせずにいたわけではありません。
大砲やカウンタースナイパー(スナイパーを狙撃するスナイパー)でヘイヘを始末しようと躍起になります。そりゃそうだ。
そしてある日、カウンタースナイパーの一人がヘイヘを撃ち抜きました。

しかしフィンランドの妖精……もとい神様は、ヘイヘを見捨てませんでした。
同じ隊の兵いわく「彼の顔は半分なくなっていた」と証言するほどの重傷を負ってなお、ヘイヘの命は助かったのです。
顔は大きく変形してしまいましたが、その眼光は2002年に亡くなるまで衰えることはありませんでした。

この大怪我以降はさすがに戦線へ復帰することはなく、猟師と猟犬のブリーダーを兼業し、穏やかに暮らしていたようです。
あれだけの大怪我をして、なお銃を手放さないというのがスゴイですよね。

第二次世界大戦中には、ヘイヘ以外にも神業としかいいようのない戦果を挙げたスナイパーが複数いるのですけれども、やはりヘイヘの記録は別格です。

彼の存在だけでも十二分な脅威ですが、対ソ連で大活躍した軍人というのは、実は他の国にもいたりします。
そのお話はまた明日。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:シモ・ヘイヘ/wikipedia

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, ロシア, 欧州

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.