日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

フランス その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

アンパンは木村屋でクリームパンが中村屋! ついでにマリー・アントワネット逸話の元ネタも

更新日:

 

皆さん、朝ゴハンはパンとご飯、どちら派ですか?
最近は麺類もかなり勢力(?)を伸ばしていますから、三つ巴になるでしょうかね。本日はその一角のアレコレについてまとめてみました。

明治三十四年(1901年)12月30日は、「中村屋」というパン屋さんを、相馬愛蔵・良夫妻が創業した日です。

食品メーカーとしてお馴染みの、株式会社中村屋の前身となったお店です。世間的には「新宿」中村屋が有名ですが、当時は文京区本郷の東大正門前にありました。おそらく元のオーナーは、東大生の学生や職員向けに商売をしようとしたのでしょう。相馬夫妻がこのお店を買い取り、現在の中村屋につながっています。

 

シュークリームの美味さをパンでも

中村屋といえば、現在はカレーや中華まんのイメージも強いだけに、出発点がパン屋さんというのはちょっと意外かもしれません。
実は、中村屋が発祥のパンもあります。

クリームパンです。

相馬夫妻があるときシュークリームを食べてその美味しさに感動し、「このクリームをパンに入れたら、きっとウケるに違いない!」(※イメージです)と思って実行したところ、見事当たったのだそうで。
当時あんぱんは既に世の中に広まっていましたので、少し路線を変えた中身という視点からでもありました。
あんぱん誕生のお話も以前取り上げているので、よろしければどうぞ→過去記事:明治天皇に献上されて 4月4日はあんぱん記念日 【その日、歴史が動いた】

 

スポンサーリンク

中身をケチったワケじゃないのYO(´・ω・`)

ちなみに、クリームパンのあの不思議な形は、焼いたときにうまく空気が抜けるように、という狙いなのだそうで。
当初は柏餅のような形だったのですが、それだと発酵する間に内側へ空洞ができてしまうのだそうです。そして「隙間が空いてる」=「クリームが少ないんじゃ?」「何か損した気分……(´・ω・`)」と思われてしまうおそれがあったため、空気が抜けるように切れ込みを入れて焼いたのが始まりだとか。
ちょっと切れ込みを入れるだけで、あのグローブ型になるというのも面白いですね。確かに、あの形を意図的に作るのは難しい気がします。

発売当時のクリームパンは柏餅のカタチをしていた/中村屋公式サイトより引用

 

不思議な形のパンといえば、チョココロネもでしょうか。
こちらは焼き上げた後にチョコクリームを詰めるので、空洞云々は考えなくていいそうです。細い方の先に穴が開いてることが多い気がしますけども。

残念ながらあの形の由来は見つけられなかったのですが、食べ方が十人十色で面白いですよね。個人的には、細い方からちぎってクリームを付けて食べるのが好きです。
誰かから「これが正しい食べ方だ!」と教わった覚えがあるのですが、そうでもないようで……騙されたんですかね……(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

オスマン帝国を食らって勝ってやる!

形の由来と歴史が絡んでいる……かもしれないパンもあります。

みんな大好き(?)クロワッサンです。

17世紀にオーストリアがオスマン帝国と戦争をしていた頃のことです。ウィーンがオスマン軍に包囲されてしまい、どこからどう見ても絶体絶命になったことがありました。
そこで、ウィーンのパン職人が「オスマン帝国を食らって勝ってやる!!」と、オスマン帝国の国旗に書かれている三日月型のパンを作ったのが始まりなのだとか。

とはいえ、これについては正式な記録があるわけではなく、俗説のひとつらしいです。まあ、食べ物や飲み物の発祥って半分くらいはうやむやですよね。
最近は三日月形ではなく、まっすぐな形で中に具材が入っているクロワッサンも多いですし。

もうひとつ、歴史と少しだけ関わりのあるパンもご紹介しましょう。

ブリオッシュです。

 

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」の由来

ジャン・ジャック=ルソーの著作の中に、”とある貴婦人が、家臣から「農民は今日食べるパンにも困っています」といわれて「なら、ブリオッシュを食べれば良い」と答えたことがある”と書いているパンです。
マリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」という発言の元ネタになったといわれています。マリーのほうはデマですが。

ブリオッシュとは、小麦粉・卵・バターと牛乳を使ったパンで、昔はお菓子扱いになっていました。というのも、当時は「主食にするパンは小麦粉・水・塩だけで作るもの」と考えられていたからです。
しかし、主食になるほどのパンを作るには、上等な小麦粉を使わなくてはいけません。日本人に馴染み深いもので置き換えるとすれば、良いそば粉を使わないとおいしい蕎麦は作れないという感じでしょうか。……何か余計わかりづらくなった気もしますが、こまけえこたあいいんだよ。

しかし、ブリオッシュは卵・バター・牛乳を使う分、少し質が下がる小麦粉を使っていました。そのため、マリー・アントワネット(もしくはさる貴婦人)の時代には、実は普通のパンよりもブリオッシュのほうが値段が安かったのだとか。
そこでマリー(もしくは(ry)は「ブリオッシュを食べなさい」と言った……というのが、事の真相だともいわれています。
現代の感覚だと、卵やバターが入ったもののほうが安いというのは何とも不思議な感じがしますが……いやはや、価値観の変化・違いとは恐ろしいものです。

といっても、現代でも「朝食には食パン」の習慣がある人が「パンが高いから、明日から朝食はお菓子にしなさい」と言われたら、「(゚Д゚)ハァ?」という反応をするでしょうね。

このように、パン一つとっても、その背景にはいろいろなドラマがあって興味深いものです。
年末年始にパンを食べる機会はあまり多くないかもしれませんが、話のタネにいかがでしょうか。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:中村屋/Wikipedia 中村屋公式サイト




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-フランス, その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.