日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

屯田兵とは? 知られざる北海道開拓の歴史 北の大地は氏族や伊達家等も耕した!?

更新日:

 

皆さんは食事のとき「いただきます」は言いますか?
一人で外食だったりするとなかなか言いにくいですが、料理を作ってくれた人、材料を作ったり捕ってきてくれた人への感謝を持つことは大切ですよね。それでどうなるものでもないですけれども。
本日はそのさらに前、美味しいものが取れる土壌を作ってくれた人々のお話です。

明治八年(1875年)1月12日は、屯田兵の募集が開始された日です。

北海道を開拓した人々として有名ですが、どんな暮らしをしていたのかなどは意外に知られていませんよね。
農業も兵役も単独で充分重労働ですが、それを慣れない土地で寒さに耐えながら……というのは、想像を絶する厳しさだったに違いありません。

北海道開拓村/Wikipediaより引用

 

警備と開拓を兼ねた有意義な仕事だと!?

元々北海道の扱いについては、江戸時代や幕末にもたびたび話題になっていました。
維新前に坂本龍馬が「大政奉還後の武士の働き先」として考えていて、結果的にはこれがそのまま採用されたような形になります。
明治政府も、北方警備と開拓を兼ねられて有意義な仕事だと思っていたようですしね。

そのため、当初屯田兵は「氏族の出であること」という身分的な制限がありました。後ほど平民もおkということになるのですが、身分制限中もいいところの養子になって条件を満たす人はいたそうです。特に処罰等はなかったとか。
まあ、やる気がある人を突っぱねてもいいことないですしね。

まず、札幌郊外に兵とその家族を合わせた965人が移り住み、札幌周辺から東へ向けて村を作りながら開拓を進めていきました。
家族で移り住むという特性上、屯田兵の村には兵舎や畑だけでなく学校なども作られています。中心部に学校、外側に兵舎という並びになっていたようなので、国防組織としての顔がうかがえますね。

 

スポンサーリンク

日清戦争だけでなく内戦・西南戦争にも参加している

畑では、国内外の作物を育てる試験なども行われていたそうです。
屯田兵は政府に雇われて行っているので、支度のための資金や農具などの支給はあったものの、農地が内地よりもずっと野生の自然に近いため、寒さの他にも害虫や獣害との闘いも一筋縄ではいきませんでした。

また、屯田兵は「兵」ですから、農業や開拓以外の仕事に軍事的なシゴトもありました。
西南戦争のときにははるばる九州まで行って参戦し、増援のため予備兵まで作られるほどです。予備兵のほうは、訓練が終わるまでに戦闘が終わりかけて戦闘はしなかったものの、その後、戦時と年一度の演習にだけ招集されることになったのでムダにはなりませんでした。現在の自衛隊の予備役に近い感じでしょうか。

日清戦争の時は一度東京に移動してから渡海する予定だった……のですが、講和交渉が始まったためそのまま戻ることになってしまっています。
仕方がないとはいえ、何という無駄足。

日露戦争時は、ほとんどの屯田兵が引退した後でした。屯田兵という制度そのものが廃止されたのも、日露戦争開戦と同じ年(1904年)でしたしね。
それに、北海道と大陸は近すぎます。もしここから即座に兵を動かしたとしたら、ロシアへ大きな刺激を与えることになったでしょう。

そのため、元屯田兵たちは戦局が進んでから動員され、輸送や連絡のための騎兵が任務。その後、旅順攻囲戦や奉天会戦など、陸での大きな戦いに参加しています。戦場の土となった人もいたのでしょうね……。

壁に制服が掛けられた「納内屯田兵屋」の内部/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

戊辰戦争に負け、亘理伊達家だけでなく家臣の片倉家も

他にも、北海道の開拓に尽力した人々のことを忘れてはなりません。
明治維新の後、北海道に移り住み、開拓を進めた人たちがたくさんいたのです。

有名なのは、伊達家の家臣だった片倉家や、伊達政宗のいとこの家系である亘理伊達家でしょうか。札幌市白石区は片倉家が持っていた城の名前から、伊達市は亘理伊達家からきています。
彼らは戊辰戦争の敗者側だったため、大幅に領地を減らされて家臣を養うことができず、どうにかするために北海道へ移り住みました。
その後、国の制度が変わったことなどにより諸々の苦難を経験することになるのですが、その辺はまた日を改めてお話しますね。

「試される大地」というスローガンがありますが、当時北海道を開拓した人々は、まさにそんな感じだったことでしょう。

少々話が飛躍しますが、現在北海道のおいしい諸々を味わうことができるのも、彼らのおかげなんですね。
どの産地のものでも同じですが、そういった背景に感謝しつつ食事をしたいものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 屯田兵/Wikipedia

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.