日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ

独立戦争で生まれたアメリカ国歌「星条旗」 あわせて各国の国歌事情も調べてみました

更新日:

大人になるとなかなか歌をうたう機会ってないですよね。カラオケによく行く人や、一人でいても歌を口ずさむという人もいますが。
本日はどこの国でもある「歌」のお話です。

1931年(昭和六年)3月3日は、「星条旗」がアメリカ国歌に制定された日です。
日本人にとっては、歌詞よりも右手を胸に当てるポーズのほうが印象深いでしょうか。あとイントロ。

この国歌は、歌詞と曲が別々に作られています。
歌詞が作られたのは、1812年の米英戦争の時のことです。

「マクヘンリー砦の防衛」(後の米国国歌になる詩)/wikipediaより引用

 

捕虜救出のため英国軍監に乗り込んだ詩人が作った

第二次独立戦争とも呼ばれるこの戦いに参加していたフランシス・スコット・キーという詩人が、捕虜の救出のためイギリスの軍艦に乗り込むという勇気ある行動を取りました。

イギリスの司令官は捕虜とフランシスを解放することに同意。
しかし、直後に戦闘が始まったため、しばらく留め置かれます。

そんな中、翌日の朝開放された二人は、味方の砦の上に、朝日に照らされた星条旗がたなびいているのを目にしました。
これに感動したキーは、詩の着想を得て手持ちの紙に書き留め、無事に帰ってから公表しました。

その詩は当時の流行曲に合わせて歌われるようになり、アメリカ全体に広まっていったそうです。
そして約80年の時を経て、正式に国歌として採用されたのでした。

ちなみに、「星条旗よ永遠なれ」は別の曲だそうです。とはいえ、「国の行進曲」になっているそうなので、アメリカを代表する曲であることは変わりないですね。

さて、歌詞の内容はどんな感じかというと、「勇者」とか「」など、自国を称えるようなフレーズが多くなっています。さすが、戦闘中をモチーフにした曲なだけありますね。

とはいえ、他の国の国歌と比べてみると、アメリカが特異というわけでもありません。世界中の国歌を歌詞の意味で分けるとすれば、アメリカと同様に戦闘の描写が多い血みどろ系(仮)と、神仏に加護を願うご加護系(仮)に分かれるように思います。
(この名称はあくまでワタクシの主観です)

 

スポンサーリンク

【血みどろ系】

・フランス国歌 「ラ・マルセイエーズ」

これこそ血みどろ国歌として有名ですね。
フランス革命のときの市民軍が作ったものなので、勇ましく容赦がない歌詞になっています。
フランスという国自体がその後二転三転したために、改正をする間もなく現代まで来てしまいました。
最近は「こんなエグい歌詞を子供に歌わせるのはどうよ」という意見も出始めていますが、改正には至っていません。いきなり変えたらそれはそれで問題が起きそうですしね。

・ロシア国歌 「ロシア連邦国歌」

一昔前のフィギュアスケートの表彰式ではよくかかってましたね。フィギュアファンの方ならすぐメロディーが思いつくんじゃないでしょうか。
ソ連崩壊後に作られたものですが、ソ連国歌のメロディに新しく歌詞をつけています。
歌詞に「強国(一等国)」って出てくるんですが、「自分でそれ言うの?」とかツッコむと医者が送られてきそうなのでやめておきましょう。

・ドイツ国歌 「ドイツの歌」

フランス同様、ずっと昔に作られた歌詞なので国際事情的に問題が発生してしまい、「現在公の場で歌えるのは三番だけ」という何とも切ない状態になっています。
むしろ新しく作ればいい気もしますが、三番だけでも成り立つからいいんですかね。
作曲者は「ぶんぶんぶん 蜂が飛ぶ」と同じ人です。

・タイ国歌 「タイの国歌」

朝8時・夕方6時に公共施設やラジオ・テレビで流され、そのときは特殊な場合を除いて、起立&直立不動しないと罪になるそうです。怖っ!
歌詞のほうも、「自由のために命を捧げん」などなど、仏教国の割に勇ましい感じになっています。これは制定された歳が1939年=第二次世界大戦直前の緊張した時代だったからでしょうか。
この他に、「国王賛歌」という、国王を称える歌もあります。以前はこちらが国歌扱いでした。

 

スポンサーリンク

【ご加護系】

・イギリス国歌 「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」

王様の性別によっては「~キング」になる、ということで有名ですかね。
なにせタイトルからして「神よ女王を守り給え」ですから、ご加護系といって差し支えないかと。
「人類皆兄弟」的な歌詞もあるんですが、歴史的に見ると「おまえは何を言っているんだ」とツッコミたくなってきます。ついでにいうと、スコットランドはモロに敵視されています。だから独立騒ぎになるんじゃないのかと小一時間(ry

・ブータン国歌 「雷龍の王国」

何やら厨二心をくすぐられるタイトルですが、国旗に描かれている「ドゥク」という龍からきていると思われます。
王様を称える部分もあるのですが、「仏の教えが広まり、民に安楽がもらたされますように」という穏やかな歌詞です。
ブータン人と日本人にはいろいろ似ている点があるといわれていますけれど、国歌の意味も似ている気がしますね。

 

【分類不可能】

・イタリア国歌 「イタリア人達の唱歌」(もしくは「マメーリの賛歌」)

歌詞も曲も勇ましくてカッコいいのですが、イタリアの歴史を知っていると(´・ω・`)
やっぱり国の象徴として定められるだけあって、どの国歌もお国柄が表れるものになっていますね。基本的には。
さて、日本人は「君が代」に似合う国民になれているでしょうか。いや、なりたいものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:星条旗_(国歌)/wikipedia

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, アメリカ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.