日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

日本初の度量衡(長さや重さなどの単位)は文武天皇が制定 そして寸尺からメートルへ

更新日:

普段何気なく使っているものでも、その成り立ちを見てみるとなかなか奥深い経緯があったりします。
季節行事の由来などがわかりやすいですが、漢字の読み方とか、地名の変遷あたりも、知ると思わず「へー!」と言ってしまうことがありますよね。
本日はそんな身近なもののお話です。

大宝二年(702年)3月8日は、文武天皇が全国的に初の統一された計量単位(度量衡)を定めたとされる日です。
というわけで、本日は度量衡のあれこれを見ていきたいと思います。

道成寺蔵の文武天皇/wikipediaより引用

 

聖書の時代は身体の一部で測っていた!?

「度量衡」自体はただの単位で度(長さ)・量(体積)・衡(重さ)を表すものですが、これがなければないで困ることはなんとなく想像がつきますよね。
税を納めるにしろ、買い物をするにしろ、単位がキッチリ統一されていなければ不便な上に損をすることも多いでしょう。

しかし、人によっては大いに損をしたであろうと思われる単位の決め方もあります。

古代においてよく使われていた、人の体の一部を利用した単位です。聖書の中でよく出てきます。
有名なのは、ノアの箱舟の寸法を神様が指定するときの「キュビト」でしょうか。訳によって「アマー」や「アンマ」とも書かれます。
これは「人間が肘を曲げたときの肘から中指の先まで」という長さを一単位にしたものです。だいたい44cmだといわれています。
でもこれ、誰もが同じ長さになるわけではないですから、だいぶ誤差が出ますよね。たぶん当時の平均的な男性の体格を基準にしているのでしょうけれども。

聖書の中の単位はなかなか面白くて、容量を表す単位でも、油とその他の液体で違う単位だったり、同じ名前の単位でも基準が違ったりします。
……単位の意味があるのかないのかわかりませんが、まあそれはツッコむだけ野暮ですね。聖書にあった全てのことが事実だとは限りませんから。

 

スポンサーリンク

日本と中国の「寸・尺」は微妙にサイズが違い混乱をきたす

一方、東洋では比較的早い時代に、体の長さに頼らない単位が統一されていました。
中国でも日本でも「寸」や「尺」がよく出てきますが、この2つの単位の関係は、周王朝(紀元前1046年ごろ~紀元前256年)に「一寸」=「一尺の1/10」に定まっていたといわれています。
日本と中国ではそれぞれの実寸が違いますが、この基準だけは同じです。面白いですよね。具体的には、日本では一寸=約3.03cm、中国では約3.33cmになります。
したがって、日本での一尺=約30.3cm、中国では約33.3cmです。
3と小数点がゲシュタルト崩壊しそうですね。

この程度なら誤差の範囲のように見えますが、何かの長さを図る場合、これが結構な差になります。
一番わかり易いのは、人の身長を表す時でしょうか。

よく三国志演義などの物語で「身長六尺の大男」なんて表現が出てきますが、これを中国と日本それぞれの基準で置き換えてみましょう。
中国の「尺」であれば、33.3cm×6=199.8cmというアジア人ではありえなさそうな身長になってしまいます。
しかし、日本の「尺」なら30.3cm×6=181.6cmですから、「いてもおかしくはないかな?」という感じになりますよね。

まあ、物語のこういう表現は実寸ではなく、「天を突くような大男」という意味であることが多いのですけれども。
関羽や呂布が身体測定してたら、それはそれでイヤですし。

張飛さんは実際どれぐらいの大きさだったのでしょうか……/wikipediaより引用

 

日本は割と早い段階でメートル法を採用していた

その他に、日本の歴史で度量衡に関する大きなターニングポイントは2つ。
一つは、皆さんご存じ太閤検地のときです。田畑の面積や収穫量を同じ基準で測ることによって、より税収を正確に把握するねらいでした。

もう一つは、明治十九年(1886年)にメートル法条約に加盟し、メートル法を導入した時です。
メートル法自体が1791年にフランスで作られた新しいものでしたし、ヨーロッパでこれを導入するための条約が作られたのも1875年ですから、日本は割と早い段階でメートル法を採用したことになりますね。

メートル法実施記念の切手が出ていたとは……/wikipediaより引用

とはいえ、フランスでも日本でも、そして他の国でもそれぞれ伝統的に使われてきた単位がありましたので、なかなか国全体に浸透するには時間がかかりました。
フランスでは「1840年以降、メートル法以外の単位を公文書に使った場合は罰金」という法律が作られたくらいですから、相当抵抗があったようです。
まあ、計算がめんどくさいでしょうしね。
日本でも、昭和二十六年(1951年)の計量法施行までは、なかなかメートル法を使いたがらない人が多かったようです。

現在メートル法を使っていないことが多い国というとアメリカやイギリスですが、それも同様に抵抗が強いからなのでしょう。
イギリスは1995年からメートル法に移行しつつあるそうですが、それでもヤード・ポンド法と併記するほうが多いそうですしね。

とはいえ、メートル法は「メートル」=長さだけでなく、時間や重さの単位にも関わってきますから、そこで独自路線を貫かれても(´・ω・`)な気がしますねえ。
国際社会に協調を強制するくせに、自分のとこはいいんかいとツッコミたくなってきます。これに限ったことじゃないですが。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:度量衡/wikipedia 計量制度の歴史/郡山市 メートル法/wikipedia ヤード・ポンド法/wikipedia

 

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.