日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

日本のエンゲル係数が意外にヤバい……明治時代は家計の大半が食費に消え、健全な水準になったのも2005年!?

更新日:

 

皆さんは「息抜き」をしたいとき何をしますか?

旅行に行ったり飲みに出かけたり、好きな本を読んだり映画を見に行ったりと、さまざまな答えが返ってくるでしょうね。本日はその中でも、最も多くの人が楽しんでいそうなアレに関する数字のお話です。

1821年(日本では江戸時代・文政四年)3月26日は、「エンゲル係数」を生み出したエルンスト・エンゲルが誕生した日です。

エルストエンゲルさん・人の名前だったのが意外という方もおられるかもしれませんね/Wikipediaより引用

【TOP画像】emrank@flickerより引用

 

あくまで一つの目安なれど、係数が高ければ生活水準が低くなる

「家庭の消費支出のうち、食費にかかる分がどのくらいか」という割合のことですね。経済状態の指標としてよく引き合いに出されることで知られているでしょう。
基本的には「エンゲル係数が高い」=「支出における食費の割合が高い」=「生活水準が低い」ということになっています。

しかし、物価・税の上昇の影響や「趣味のためなら三色ふりかけご飯」みたいな人がまれにいることを考えると、絶対的な基準ともいいきれない気がしますね。
エンゲル係数には家庭で料理をするための食材費だけでなく、外食費やお酒も含まれるので、そのあたりの価値観によっても影響が出ます。
「野菜は有機栽培じゃないと!」とか「週に一度はパーッとお酒を飲みたい!」という人であれば、当然のことながらエンゲル係数が高くなるでしょう。

また、子育て世代ではいわゆる「エンジェル係数」(消費支出における教育などの費用の割合)が大きくなる分、エンゲル係数が低くなるでしょうし、健啖家もしくは少食な人であれば、それも影響しますよね。

まあ、だいたいの場合は大きな母数で傾向を見るものでしょうから、マイナーなケースを考えても意味がないでしょうけれども。
為政者が見る場合は、マイナーなケースを向上させることで底上げ対策を図ってもらいたいものです。

 

スポンサーリンク

長い間、日本の家庭を圧迫していた食費

さて、それでは日本のエンゲル係数の変遷を見てみましょう。

エンゲル係数自体が1857年に発表されたものなので、あまり昔のことを考えるのには向きませんが……明治時代からおおまかに行きましょう。
ぶっちゃけた話、物価の変動まで考えるとこの記事が数字だらけになってしまって、書き手にも読み手にも優しくない感じになりそうなので(´・ω・`)、その辺は省略します。

明治時代のエンゲル係数は、なんと60~70%もあったといわれています。
その後もしばらくの間、食費は日本の各家庭を圧迫。戦後しばらく経った1979年ごろに、やっとエンゲル係数の平均が30%を下回っています。
「エンゲル係数20%が健全な状態」といわれることがありますけれども、その基準になったのはなんと2005年(22.9%)です。
ここ数年は20~25%で推移しているようですね。

 

バブルが崩壊しても意外に外食の割合は減ってない!?

それでは、ここからは「社会実情データ図録」様のグラフを参照に、食費の内訳を見てみましょう。

 

内訳では、「内食」がダントツですね。
内食とは家庭で調理して食べるもの、つまり自炊したもののことです。
その次に外食、お菓子・飲料・お酒などの嗜好品、お店で買ってきて家で食べるなどの「中食」が続きます。

何年か前に「中食の需要が増している」というニュースが流れたことがありますが、統計で見ても確かにかなりの割合になっています。
1985年と2011年を比べると、約1.7倍です。

その分内食の割合は減っていて、1985年と比べて2011年は0.77倍です。
嗜好品や外食の割合はあまり変わっていないので、ほとんどの家庭で「自分で作る代わりに買ってきたものを家で食べることが増えた」ということになりますかね。

あまり大きな数字の変遷はないのですけれども、よく見てみると、バブル崩壊直後の1991~1993年あたりは、内食の割合が上がっていることがわかります。それでいて外食の数字が激減したということもないのが面白いところです。
このグラフに表されている1985~2011年の中で、1991~1993年がエンゲル係数が最も高い数字であることも興味深いですね。
今は「節約」というと真っ先に食費を削る人が多いかと思いますが、不思議なものです。

1997~1999年あたりに一度全体的な食費支出は上がっていますが、基本的にエンゲル係数はずっと減少傾向にあります。
高齢化の影響で食べる量が減っているから、というのもあるでしょうけれども。
さて、次は日本だけでなく、外国の飲食費も見てみましょうか。

 

諸外国のエンゲル係数 アメリカが突出して低い

これもざっくり見ていくと、面白いことがわかります。
特にわかりやすいのは、種類の比率です。

 

フィンランドやポーランドといった強いお酒で有名なところの数値が高いとおもいきや、チェコの割合が高めです。
前者はアクアヴィットやウォッカ、後者はビールの産地ですので、その辺が理由でしょうか。

逆に、ワインのイメージが強いイタリア・スペインはかなり少なめです。日本よりもわずかに低いというのが意外ですね。
ビールの印象が強いドイツも、そこまで高い数字ではありません。
お酒好きな民族かどうかと、実際に使う費用の関係はあまり強くないようですね。

外食費にもお国柄の一端が出ています。
外食費の数値が高いのは、イギリス・オーストリア・アイルランド・スペインです。
オーストリアを除外すれば、パブやバルなど「食事もできてお酒が飲めるお店」が多い国ですよね。

逆に、外食費の割合が低いのはポーランドやメキシコです。上記と合わせて考えると、ポーランドでは家でお酒を飲むのが主流ということになるのでしょうか。

ハタから見てても食にコダワリなく、ケチャップやAIソースで何でも食べてしまいそうな米国が、それに応じてエンゲル係数が低いのもさもありなんという感じですなぁ。

まぁ、食は楽しみの一つでもありますし、あまりエンゲル数字にこだわり過ぎず、栄養も支出もバランスを取りたいものです。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:エルストエンゲル/Wikipedia 社会実情データ図録

 

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.