日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

明治天皇や西郷隆盛の肖像画を描いたキヨッソーネ 立つ鳥跡を濁さないイタリア人の功績

更新日:

 

「人生は一度きり」
もはや使い古されるにも程があるフレーズですが、いざわが身のこととなると意識できないものですよね。
いつ何時事故や災害で命を落とすかもわからないのですから、できるだけ自分が満足できる生き方をしたいところではありますけれども、なかなかそうもいきません。
が、中にはそれをやりきった、実にうらやましい御仁もおり、本日はそんな感じの、とあるお雇い外国人のお話です。

1898年(明治三十一年)4月11日は、版画家・彫刻家のエドアルド・キヨッソーネが亡くなった日です。

これだけだと「誰?」という方も多いかと思いますが、日本人にとっては結構重要なお人だったりします。実は、明治天皇や西郷隆盛の肖像画を描いた人なんです。
一体どのような経緯で、そんな重要な役を任されたのでしょうか。

知る人ぞ知る、お雇い外国人キヨッソーネ/wikipediaより引用

 

ジェノバで生まれ、ドイツの印刷会社で働き、そして日本へ

キヨッソーネは、1833年にイタリア・ジェノバの西にあるアレンツァーノという町で生まれました。
家が版画や印刷業を営んでいたので、幼い頃からこういった仕事に親しんで育ったと思われます。
美術学校でも優秀な成績を収め、22歳で教授になっているほどです。どんだけー。

1867年のパリ万博でも銅版画で銀賞を受賞するなど、版画の世界でも十分やっていける実力を持っていましたが、縁あってドイツの印刷会社ドンドルフ・ナウマン社に出向したことがきっかけで、紙幣に興味をもつようになりました。

ドンドルフ・ナウマン社では当時、明治政府からの依頼で日本の紙幣印刷を請け負っていたのです。
キヨッソーネはこれに多少関わっていたため、日本にも興味を持ったのでしょう。

その後イギリスの印刷会社に勤めていたときに明治政府からお誘いを受けた際、はるばる来日。

明治政府では「紙幣作らないといけないけど、いつまでも外注してるとお財布的にキツイ」→「なら、技術を持ってる人に教えてもらって、国内で作れるようにしよう!」という話になっていたからです。そりゃそうだ。
そこで、かつて日本の紙幣を作っていた会社に勤めていた経験があり、版画の技術を持ったキヨッソーネに白羽の矢が立ったのでした。

 

スポンサーリンク

「陛下のお姿を遠目から描いてもらえないだろうか」

キヨッソーネに提示された給料は、現代の金額にして年間900万ほど。この金額に惹かれて来日を決めたともいわれていますが、後々のことを考えると、彼にとってもこの決断は良かったと思われます。

来日したキヨッソーネは、大蔵省紙幣寮(現在の国立印刷局)で紙幣に使う肖像や印刷に関する技術指導を行うかたわら、日本人に西洋美術を教えていました。
その技術が評判となり、宮内庁からの依頼で、明治天皇の御真影(肖像画)を作ることになったのです。

明治天皇は新しい技術や文物に寛容でしたが、いくつか受け入れがたいものもありました。そのひとつが写真です。
しかし、「欧米では貨幣に王様の肖像を使うのが当たり前」「外国の王様と肖像を交換するのが(ry」ということを知った日本政府は、どうにか明治天皇のお姿を平面に表さなければならないと考えました。
「写真がお嫌でしたら、せめて肖像画を描かせていただけませんか」と宮内庁が言上しても「ヤダ(´・ω・`)」(※イメージです)というつれないお返事。

困り果てた宮内庁は、キヨッソーネに「陛下のお姿を遠目から描いてもらえないだろうか」と相談しました。

 

明治天皇の正装を借り受け、自ら身につけて写真を撮り

君主の絵を任されるというのは、画家にとっては大変な名誉です。

感激したキヨッソーネは、明治天皇が芝公園弥生社(かつてあった警察官の武道場)にお出かけした際、奥の部屋からこっそり様子をうかがい、いくつかのスケッチを描きました。

さらに、宮内庁に頼んで明治天皇の正装を借り受け、自ら身につけて写真を撮り、服のしわや角度まで、より正確に再現しています。
ご本人以外で天皇の正装を身にまとったのは、彼一人でしょうね。

こうして出来上がったのが、今日まで最も有名なあの肖像画です。

現代で言えば合成写真といったところですが、とてもそうは思えない絵ですよね。

この一枚の肖像画にそんな背景があったとは…/wikipediaより引用

 

弟の西郷従道をモデルに描き、そして大村益次郎も

似たような方法で、キヨッソーネは西郷隆盛の肖像画も描いています。
既に西郷は亡くなっていましたし、もちろんキヨッソーネは面識がありません。随分な無茶振りでしたが、彼は諦めませんでした。大蔵官僚で薩摩出身の得能(とくのう)良介に相談し、弟の西郷従道や、同郷の大山巌をモデルとして西郷隆盛の肖像画を完成させています。

西郷どんもキヨッソーネの作品だったのですね/wikipediaより引用

他にも、大村益次郎などの肖像画を手がけました。

つまり、我々が明治前後の人々の顔を思い浮かべるときは、だいたいキヨッソーネの作品によるイメージだということになります。絵画における司馬遼太郎のようなものでしょうか。
そう考えると、もっと知名度があってもいいですよね。

そしてその他、印紙や切手、紙幣などに使われる版画の多くを手がけています。
この時代の紙幣には藤原鎌足など、古代の人物の肖像が多く使われましたが、ほとんどはキヨッソーネが当時の省庁のお偉いさんをモデルに描いたものです。
面白いところでは、「神功皇后のモデルに、紙幣寮印刷部の女性職員を使った」なんて話があります。あくまでモデルですから、多少変えた部分はあるでしょうけれども、その女性職員はどんな方だったんでしょうね。美人だったことは間違いなさそうですが。

大村益次郎/国立国会図書館蔵

 

浮世絵や甲冑、大仏など15,000点もの日本美術を蒐集

キヨッソーネは雇用期間が終わっても、亡くなるまでずっと日本で過ごしました。
16年の滞在中に、日本に随分愛着を持っていたようです。

政府からは莫大な額の退職金と終身年金、そして勲三等瑞宝章が与えられたのですが、貯めこんだりぜいたくはせず、日本の美術・工芸品を購入していたとか。
その集めようはすさまじく、浮世絵・銅器・刀の鍔・大仏・甲冑などなど、合わせて1万5000点にもなるといいます。
知り合いの外交官に浮世絵の本を翻訳してもらい、それを頼りに研究するという熱の入れようでした。
これらの収集品は故郷イタリアに送られ、今日ジェノヴァ市立キヨッソーネ東洋美術館にまとめられています。

その他のお金は寄付していたそうですが、それでも亡くなった時点で現在の6000万円(!)くらいの遺産があったとか。当時日本の美術品が投げ売り状態だったのか、キヨッソーネのやりくりがうまかったのか……。
そのお金は遺言により、使用人たちに配られたそうです。争いの形跡がないので、分配についてもきちんと指示があったんでしょうね。
自分の役目を全うした後、やりたいことをやりきって人生の幕を下ろしたというのは、実にうらやましい生き様です。

イタリアへ行かれる方はぜひキヨッソーネ東洋美術館を/wikipediaより引用

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:エドアルド・キヨッソーネ/wikipedia キヨッソーネ東洋美術館/wikipedia 明治神宮

 

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.