日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた 島津家 江戸

木曽三川で起きた悲しき「宝暦治水事件」 そして薩摩義士と家老の平田靱負(ゆきえ)は腹を切った

更新日:

最近は江戸時代の人気が高まっているような気がしますが、もちろん当時だって何もかもうまくいっていたわけではありません。
むしろ、知れば知るほど悲惨さがわかる出来事が多い時代でもあります。「300年の平和」というフレーズが定着していますけれども、あれは「対外戦争も内戦もなかった」という意味であって、戦争になりかねないような件もチラホラ見られるからです。
本日はそんな感じの「スレスレだった出来事」のひとつをお話しましょう。

宝暦四年(1754年)4月14日は、宝暦治水事件の最初の犠牲者が発生した日です。

インフラ整備である治水工事で「犠牲者」というのもピンとこない話ですが、当時の社会事情や技術的な問題が絡みあっての悲劇でした。
順を追って、経過をみてみましょう。

【TOP画像】薩摩義士/wikipediaより引用

 

長良川・木曽川・揖斐川が複雑に合流と分岐を織りなす難所

この件に大きく関わる治水工事が行われたのは、現在の岐阜県にある長良川・木曽川・揖斐川(いびがわ)。通称「木曽三川」とも呼ばれますし、地理の授業で「これが三角州だよ」「堤防で囲ってあるところが輪中だよ」なんて例に挙げられたりするので、写真をご覧になると「あ、見たことある」と思われる方も多いでしょう。
また、戦国時代においては斎藤道三・義龍父子が争った「長良川の戦い」でも有名ですね。

三つの川が合流と分岐を繰り返す、大変複雑な地形のところです。現代ですらこうですから、江戸時代やそれ以前はいうまでもありません。
それだけに幕府も放っておけず、たびたび工事を命じています。

これは地元の人々のためだけではなく、「工事には金がかかるから、藩の力を削げて一石二鳥だぜクケケケケケ」(※一部誇張があります)という理由もありました。
江戸時代も中頃になると、どこもかしこも財政は火の車。それでいて戦をやる気力も技術もほぼ失われていますから、ある意味経済的な争いに移行していたわけです。

裏に「藩の力を削ぐ」という目的があるわけですから、当然真っ先に狙われるのは外様の大藩です。その次が親藩の中でアヤシイところ、外様で逆らいそうなところ……という感じになっていきます。
そして、宝暦治水事件の際、この工事を言いつけられたのは薩摩藩でした。

 

スポンサーリンク

御公儀であれば逆らえず、歯噛みする思いで向かった…

全国第二の大藩ですし、加えて関が原の戦い以来、幕府にとってはうまく舵を取りたい相手です。藩主の島津家は鎌倉時代以来、ずっと薩摩の地を領していますから、徳川家より由緒正しい家と見ることもできます。

そりゃ、幕府からすれば目の上のたんこぶですよね。遠国だったのが幸いしましたが。

しかし、薩摩藩も決して懐に余裕があったわけではありません。むしろ、随一の遠国として、参勤交代で莫大な費用がかかっていました。大河ドラマ「篤姫」でも、江戸に行くまでの道のりが非常に長いことは描かれていましたね。
それでも「ご公議である」と言われれば参勤交代だろうが、よその工事だろうが、従わなければなりません。それに、なにか不手際があれば藩主、もしくはお家が罰されるのは目に見えています。
薩摩の人々は、歯噛みする思いで見も知らぬ木曽三川に向かったことでしょう。

地元では「藩主様だけじゃ無理っていうし、公方様何とかしてくだせえ」(※イメージです)という声がたびたび上がっていたので、決してポッと出てわいた工事ではなかったのですが。

 

こんな無茶ぶりフザケンナ! 一戦交えるべきだ!

さて、この時の工事は、「三つの川の流れを完全に分けて、水の勢いを減らすことによって水害を防ごう」というものでした。理屈的には理想ですが、実行するとなるとそう簡単には行きません。
まずは既に壊れてしまっていた堤防を修理し、その上で流れを分ける工事をする予定でした。

が、この地域は木曽三川以外にも複数の川が流れていること、そして東側が高く、西側が低いという地形から「どこかをせき止めようとすると、他の川の水が増す」という、にっちもさっちもいかない状態であることがわかります。
その度に地元の人々は水に悩まされ、薩摩藩は地元民の収入を補うために高い賃金を出して雇い、両者とも苦しい状態が続きました。
地元民から「はるばる難しい工事をしに来て下すってありがてえ」(※イメージです)ということで、薩摩の人々に食事などが差し入れされたともいわれています。現地での感情は悪くないものだったと思われるのが、不幸中の幸いというか、何というか。

あまりにも進展の見えない工事や金策の苦しさから、薩摩藩では「こんな無茶ぶりをするなんて、幕府は薩摩を生かしておかないつもりに違いない! 一戦交えるべきだ!!」という声も持ち上がり始めました。
とはいえそれでは、また戦国の世に逆戻りしかねません。あるいは「ほいきた取り潰しね^^」となるのは火を見るより明らかです。
そのため、現地に来ていた薩摩の家老・平田靱負(ゆきえ)は血気盛んな者たちをなだめ、幕府に窮状を訴える手紙を出しました。どこの藩でもご家老は苦労しますね……(`;ω;´)

桑名市にある平田靱負像/wikipediaより引用

 

赤痢による犠牲者も出て、靱負もついに腹を切る

しかし、状況は全く改善しませんでした。
それどころか、せっかく作った堤防がたびたび壊されるという不審な事件が起こります。犯人をとっ捕まえてみたところ、なんと「幕府の指示でやったから俺は悪くねえ!」(※イメージです)とのたまう始末。
これでは薩摩藩士たちが「幕府は民を救うつもりなんてない。薩摩の金を絞れるだけ絞って、取り潰すつもりなんだ!!」と思うのも無理のない話です。
そこで、宝暦四年4月14日に幕府への抗議として、切腹する人が出てしまったのでした。

その後も切腹する者は後を絶たず、靱負は三重の面で困り果てます。工事はうまくいかないし、お金は出て行く一方。その上、当時勝手な切腹は重罪とされていましたので、それを理由として薩摩藩が取り潰されるかもしれないからです。
そうこうしているうちに、今度は慣れない土地のためか、薩摩藩士の間で赤痢が流行り始めてしまいました。157名が罹患し、32名が亡くなったといわれています。おそらくは、地元の人々も同じ病で命を落としたことでしょう。

それでも薩摩隼人の意地か、靱負以下、生き残った藩士たちは工事を完了させました。幕府方の確認も済み、靱負は国許へ報告書を出します。
その次の日、靱負は腹を切りました。おそらく、ずっと「全て見届けるまでは死ねん」と思っていたのでしょう。

鹿児島市にある薩摩義士碑/wikipediaより引用

 

逆に洪水が増し、完全に解決されるのは明治時代に入ってから

工事に要した費用は、現在の貨幣価値で300億以上と推定されています。現在の鹿児島県の年間予算の30倍くらいです。よくもまあ、これだけの負担を強いたものですね。平成28年度の鹿児島県予算が一般+特別会計を合わせて1兆478億円ほどですので、約1/30ってところでしょうか(鹿児島県HP)。

この莫大な金額を都合するため、薩摩ではサトウキビを強引に収めさせ、堺などの商人に渡すことでやりくりしていました。
が、サトウキビ農家からすればただの強奪にしか見えません。このため、薩摩藩は靱負という大切な家老と藩士の多くが犠牲になった上、領内からの恨みも買うという散々な結果になっています。

工事は一応成功の部類に入っているので、全く無駄だったわけではないのですが……あまりにも代償が大きすぎました。しかも、工事地域ではなかった木曽三川の上流地域では、逆に洪水が増したといいます。完全に解決されるのは、明治時代に入ってお雇い外国人のヨハニス・デ・レーケが指揮する工事が行われてからでした。

それでも、近年の伊勢湾台風などの大きな災害では被害が出ています。
乱暴に言えば、「得をしたつもりになったのは、薩摩の財布をやせ細らせていい気になっていた幕閣だけ」だったのです。

 

悲劇は、大正時代にようやく知られ……

この悲劇は、幕府との関係や幕末のドタバタに紛れ、少なくとも大正時代あたりまで、地元鹿児島では全く知られていませんでした。
1920年に鶴丸城の裏あたりへ「薩摩義士碑」として、この事件の犠牲者を弔う碑が建てられ、ようやく鹿児島でも知られるようになってきたとか。靱負の話が教科書に載っているらしいので、小さい頃に聞いた覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、現地である岐阜県のお寺でも、薩摩義士を葬ったところや、資料館を併設しているところがあるようです。
こちらのホームページの方が詳しくレポートを書かれているので、紹介させていただきます。

「薩摩義士(宝暦治水跡)」underzero.net

薩摩義士(宝暦治水跡)underZero

いずれかの地を訪れた際には、こういったところにも立ち寄って、悲嘆と無念のうちに亡くなった薩摩の人々に手を合わせてみてはいかがでしょうか。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:宝暦治水事件/wikipedia 薩摩義士/wikipedia

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 島津家, 江戸

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.