元は高遠藩の下屋敷だった新宿御苑 大正時代はゴルフ場にもなっていた!?

人それぞれ好みはあるでしょうが、たまに自然の中へ行くと、ふっと気が休まる感じがしますよね。
山や海が好きな方はもちろん、近所の公園で季節の花が咲いているのを見たり、緑の葉が生い茂ったり、赤や黄に染まった木々を見たり、悠久の流れに身を任せたくなることもあるでしょう。
本日は都会の中でも自然に巡りあえながら、それでいて深い歴史をもったアレをいくつかご紹介したいと思います。

明治三十九年(1906年)5月21日は、新宿御苑が開園した日です。

現在では、毎年4月に内閣総理大臣主催の「桜を見る会」が行われる場所として有名ですね。
ちなみに、11月に環境大臣主催で「菊を観る会」というのもやっているそうです。菊のほうはあまりニュースにならない気がしますが、日本の国花扱いの桜と菊、両方をエライ人が重視してくれているのは文化的に意味があるのではないでしょうか。

というか花を愛でる裏でどんな黒い会話が繰り広げられているんでしょうねぇ……。まぁその辺のゲスパーはともかくとして、この庭園の沿革を見て参りましょう。

新宿御苑のサクラ/Wikipediaより引用

【TOP画像】新宿御苑/Wikipediaより引用

 

家康の関東入に際して内藤清成が賜った土地

新宿御苑の敷地は、昔、高遠藩(現・長野県伊那市)の下屋敷だった場所です。
この土地をもらったのは、初代の内藤清成という人物で、若い頃から徳川家康に仕えていました。秀忠の守役も任されていますし、家康が関東に移封された際には先陣を務めたことからして、派手ではなくとも確実に仕事をこなしていくタイプの人だったと思われます。
その信頼の表れか、江戸入りの後、四谷~代々木周辺に20万坪もの土地を賜りました。家康にしては気前のいいエピソードですね。

清成が就いた高遠藩の石高からすると過分な広さだったなどの理由で、後々返納された分もあったそうですが、それでも明治に入った時点で10万坪以上あったとか。
現在の新宿御苑にもある日本庭園は、内藤家の屋敷だった頃の庭の一部ということです……一部って……?

さて、明治時代になってからこの土地は政府に接収され、農業の研究所や教育機関などが作られました。後々研究・教育機関は他に移転し、管轄も宮内省になり、新たに植物園が作られます。
上野動物園の前身にあたるものも、最初はこの土地に作られたとか。

西洋の植物の栽培が盛んに行われ、温室では蘭などの観賞用花卉(かき)栽培もされていたようですね。
この間に皇室の御料地となり、これでまた扱いが変わることになりました。「御苑」=「皇室の庭園」という名前になったのもこの頃と思われます。

こちらは菊花壇展の様子/Wikipediaより引用

 

大正時代にはゴルフ場になっていた!?

そんなわけで大名屋敷→研究・教育機関→植物園→御苑という変遷をたどってきたこの土地は、明治三十五年から新たに手を入れられることになります。
ただし、その後の戦災によって当時の設計図等が消失してしまったため、明治三十五年5月に公開されたときの姿をうかがい知ることはできません。ここは、いくつかの文章によって、想像を巡らせるとしましょう。

いわく、上記の「桜を見る会」や「菊を観る会」の前身にあたる「観桜会」「観菊会」が開かれていたとか、それに関連して街路樹よりも桜や菊の栽培に力を入れるようになったとか、大正時代にはゴルフ場になっていたとか、現在と同じ所も違うところもあったようです。
あんな都心のど真ん中にゴルフ場というのも想像がつきませんが、上記の通り明治初頭の時点で10万坪=約33万平方メートルあったところですから、広さについては問題なかったのでしょうね。

新宿御苑は終戦間際の昭和二十年(1945年)5月の空襲で、ほぼ全焼してしまったため、戦後は再び作り変えられることになりました。
皇居外苑・京都御苑とともに、国民公園として一般市民も入れるような場所として、整備が進められていきます。

皇室ゆかりの名残は、昭和天皇の際も新宿御苑で大喪の礼が執り行われましたくらいでしょうか。大正天皇の大喪の礼(天皇の葬儀)が行われたのも新宿御苑でしたので、これは例外というか慣例というか。

その後は戦災をくぐり抜けた建物や新しく作られた庭園、年中行事などによって、多くの人々に親しまれているというわけです。

日本庭園内の旧御涼亭(台湾閣)/Wikipediaより引用

 

新宿御苑以外にもある有名な御苑は

さて、上記の通り「御苑」=「(元は)皇室の庭園」という定義ですから、新宿以外にも「御苑」という名の場所は複数あります。
有名なのはやはり、京都御苑や皇居東御苑でしょうか。
その二つについても簡単に触れておきましょう。

・京都御苑

「御苑」という名ではありますが、豊臣秀吉の時代に作られた公家屋敷街が原型です。「公家は皇居のすぐそばに住むべき」という、わかるようなわからないような理由で強制的に移住させられたとのことですので、当時の公家の人々はさぞ歯噛みしたことでしょう。

江戸時代も同じような状況でしたが、東京奠都(過去記事:TOKYOは「東の京都だから東京」はマジ 日本史上最大規模 明治天皇のお引越し【その日、歴史が動いた】)の際にほとんどの公家が東京に移り、さらに法律的にも「公家=華族は東京に住むべし」と決まってしまったことで、この界隈はあっという間に荒れていってしまいます。
人がいなくなった屋敷が荒れる・荒らされるというのは、それこそ平安時代からの常識ですからね。

しかし、それを憂える人が一人いました。自身も公家の出身であり、倒幕の際には一役買った、岩倉具視です。
政府は「西洋に追いつけ追い越せ」でしたが、岩倉は「古いものも残しておかねば」と考え、政府に京都御所周辺の保存を提案します。
京都府がこれを受け入れ、空き家の撤去や土地の整備が始まりました。空き家の中でも閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんのう)の邸宅や他の公家の庭園、蛤御門など、保存されたものもあります。

その後、管轄が京都府から宮内省に移り、さらに大正天皇の即位の礼が京都で行われたことで、一気に整備が進みます。
それにしたがって植物が増え、さらに野鳥や昆虫もやって来るようになり、緑豊かな庭園となりました。

……が、最近放置自転車が増えてしまっているそうで、環境省が困っているとか。
というのも、ここは環境省の管轄であるがゆえに、京都市の放置自転車撤去条例の対象外のため、対処しようにも諸々の理由があって動きにくいのだとか。
皇宮警察が動くわけにもいきませんし、環境省が直接人員を雇うのも難しいでしょう。そもそも撤去するだけではあまり防止は見込めません。
困ったものです(´・ω・`)

京都御所/Wikipediaより引用

 

・皇居東御苑

元江戸城本丸・二の丸・三の丸だった、皇居の東側にある御苑です。皇居の一部として、宮内庁の管轄になっています。
宮内庁のお役所や三の丸尚蔵館などの施設のほか、江戸城時代の番所(警備の詰め所)や櫓、天守の跡、忠臣蔵・元禄赤穂事件で有名な松の廊下跡などが存在します。

皇居東御苑は観光地としても有名ですが、皇室勤労奉仕団の活動場所としても知られていますね。日によっては、天皇・皇后両陛下からご会釈を賜ることもあるとか。
皇室勤労奉仕団は平日で連続4日・15~60人の団体でなければならないなど、いろいろ制約が多いのですが、東京近郊で何かボランティアをしたいという方にはいいかもしれませんね。
元々手入れされている場所ですし、普段入れないような場所にも入って清掃・除草などをするので、貴重な体験になるでしょう。

余談ですが、皇居東御苑と皇居の間くらいにある、和田倉噴水公園もなかなか気持ちの良い場所なので、ついでにオススメしておきますね。
こちらにも江戸城時代の石垣が残っています。夜間は噴水がライトアップされてなかなかロマンチックな雰囲気になるようですよ。
皇居東御苑は出入りにちょっとした手続きが要りますが、和田倉噴水公園はそういったものがないので、気軽に立ち寄れます。

観光というと大きな建物を見て回ったり、グルメスポットを巡ることが多いですけれども、御苑と名のつく場所で、一息つきながら歴史的な空気を感じてみるのも良いのではないでしょうか。
せっかく四季がはっきりしている国にいるわけですしね。

皇居東御苑付近/Wikipediaより引用

長月 七紀・記

参考:新宿御苑/Wikipedia 京都御苑/Wikipedia 皇居東御苑/Wikipedia 皇居東御苑の公開について/宮内庁

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る