日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



その日、歴史が動いた 江戸時代

給料UPだ、足高の制! 徳川吉宗が「享保の改革」でふるった人材登用術は革新的だったハズなのに……

更新日:

何かを得ようとするときには、別の何かを消費したり引き換えにしなくてはなりません。「ただより高いものはない」ともいいます。
しかし、それを想定して行動したとしても、必ずしもうまくいくとは限りません。今回は江戸時代の政治における、そんな感じのお話です。

享保八年(1723年)6月18日は、徳川吉宗が「足高の制」を制定した日です。

日本史の授業でお馴染みの「享保の改革」で作られた制度の一つで、うまく行けば吉宗はかなりの名君といわれていたことでしょう。
いったい何を目的としたどんな制度なのでしょうか。

tomorroweye22

【TOP画像】徳川吉宗/Wikipediaより引用

 

家宣・家継の時代から減らした人材をどう補うか 

いつの時代も、家柄や血筋と能力が噛みあうとは限らないものです。
しかし、吉宗の時代には「飢饉や災害のせいでいろいろヤバイ。この際家柄とかどうでもいいから、優秀なヤツを集めないと幕府がもたない」というのは目に見えていました。

六代家宣・七代家継が将軍職に就いて数年のうちに亡くなり、政局が慌ただしく変化したことも拍車をかけていたでしょう。家宣はやる気も人気もあったのに急病で、家継は生まれつき病弱だったために世を去っていますから、健康で壮年の吉宗に向けられる期待もかなりのものだったであろうことは想像に難くありません。

そこで、吉宗は大胆な人事整理を始めます。大奥の女性たちも減らしていますし、家宣・家継時代に権勢を振るった間部詮房を更迭したなどが代表例ですね。

ただ人を減らしただけでは幕政が保ちませんから、代わって吉宗の治世を支えてくれる人を入れなくてはいけません。

そこでネックになったのが、当時の大名の懐事情です。

 

スポンサーリンク

能力が高くて急にエラくなっても、体裁が保てない

大名は、現代のサラリーマンのように幕府から一定の給料をもらっていたわけではありませんでした。幕府から領地をもらい、そこから得る米が収入の基本だったのです。
当然のことながら、不作の年には収入は減りますし、一部の例外を除いてボーナスや経費が出るわけでもありませんので、何か入用になったときには収入に対して出費がかさみます。

参勤交代の費用はもちろん、幕府から課せられる土木工事なども「入用」に含まれるとすると、大名のお財布は我々のイメージよりもかなり寂しい状態が当たり前だったのです。
これで飢饉や地震が起きた日にはもう、「やめたげてよお!」レベルになります。

ちなみに、旗本などで領地がない場合は「禄」という給料をもらっていました。これもお米での支給ですし、余裕のある量でもなかったので、やっぱり生活は楽ではありませんでしたが。
時代劇でよくお侍さんが傘張りなどの内職をしていますが、あれって収入を補うためにホントにあったことなんですよね……(´;ω;`)ブワッ

また、「武士は食わねど高楊枝」という狂歌がある通り、武士にとっては面子が何よりも大切なものでした。収入が減ったとしても、身なりや生活は一定のレベルを保たなくてはならないという考えが当然なわけです。
となると、「高い役職の者はより良い生活をしている(ように見せなくてはならない)」となりますよね。

この習慣が、身分の低い人を取り立てる上で非常に大きな障害になりました。
「身分が低い=収入が少ない」ですから、急にエラくなったとしても、体裁が保てないのです。

 

「(禄)“高”に“足”す」から足高の制

「どげんかせんといかん!」

この歪みをどうにかすべく吉宗は、「家格と身分が吊り合わない場合は差額を出してやるから、身分の低い者も取り立てられたときは安心していいぞ」としました。

これが足高の制です。「(禄)”高”に”足”す」制度なんですね。

足高の制により「大岡裁き」で有名な大岡忠相や、治水工事のために在野から抜擢された田中丘隅という学者が才能を発揮しました。

しかし、才能があるからといってポンポン給料を上げていたら、幕府の出費がかさみまくりそうな気がしますよね? そこも吉宗は見越していました。

「足高の制の対象になるのは本人だけ」と制限することによって、取り立てられた人の子や孫の代になっても高禄のままということを防ぐ……予定だったのです。

 

実際は加増分が子孫たちへ世襲されてしまう

一度前例ができるとなかなか変えたがらないのは今も昔も「お役所あるある」。
足高の制も「一度収入が良くなったのに、何でまた下げられてしまうん?(´・ω・`)」と思われ、当初の狙い通りにはいきませんでした。加増された分が結局その子孫たちへ世襲されてしまうケースが多かったのです。
まあ、現代人だって一度上がった給料が下がるのはイヤですものね……。

実は、江戸時代にはこの手の「一度できた前例をめぐる争い」の話がちょくちょくあります。
大体の場合「大胆な改革を行おうとした若い藩主or藩主に抜擢された人」vs「家老を中心とした守旧派」という構図で、そういうゴタゴタがきっかけでお家騒動になったことも少なくありません。

広い意味では、幕末のアレコレも似たようなものでしょうか。

最近では保育園を建てる・建てないの話題でそんな感じになりましたが、悪い習慣・傾向が続くのは勘弁してもらいたいものですね。

前例と未来とどちらが大切か、ぜひ冷静になって考えていただきたいところです。

長月 七紀・記

※こうした武士の生活や習慣を知るのに最も読みやすい一冊がコレ!

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 足高の制/Wikipedia 享保の改革/Wikipedia

 

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.