日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 豊臣家

豊臣秀吉の母・なか(大政所)の生涯! タフな母上様は朝鮮出兵の合間に死して、太閤激しく悔恨す

更新日:

 

なか(大政所)とは?

人間、長く生きれば生きるほど「あのときああしていれば良かったなあ」と思うことが増えていきますよね。中にはガチで「我が人生に一変の悔いなし」な人もいますが。

歴史上の人物だって、我々と同じように生きていたのですから、ときには大きく後悔することもあったでしょう。歴史モノのドラマや小説でも、大きく感情が出ているところは見せ場でもありますし、教科書や史料だけでは伝わってこないような、人間的な魅力をうかがうことができますよね。

本日は、あの超有名人が最も感情を露わにしたのではないか、と思われる相手のお話です。
天正二十年(1592年)7月22日は、豊臣秀吉の母・なか(大政所)が亡くなった日です。

21日説もありますが、とりあえず今回はこの日ということでご紹介させていただきます。
戦国一の出世頭のカーチャンは、一体どんな人だったのでしょうか。

【TOP画像】大政所/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

秀吉を産んだ後に再婚して秀長と朝日姫を

なかは、尾張国愛知郡御器所村(ごきそむら)、現在の名古屋市昭和区に生まれたといわれています。身分が低かったので家族関係などもはっきりしていませんが、従妹もしくは妹が加藤清正の母とされていますね。

最初は織田家の兵だった木下弥右衛門のもとに嫁ぎ、日秀尼(秀次の母)と秀吉を産みました。この弥右衛門と死別した後は、やはり織田家に仕えていた竹阿弥と再婚したといわれているのですが、秀吉の弟にあたる秀長と妹・朝日姫がどちらの夫の子供かハッキリしていません。

竹阿弥とも死別した頃には秀吉が織田家に仕え始めており、息子を頼るようになります。ねねとも実の親子のように仲が良かったそうです。秀吉とねねは後々までも尾張弁でしゃべっていたそうですから、なかとねねもそうだったかもしれませんね。

本能寺の変の後に、長浜城が明智方の手に落ちた時は、大吉寺というお寺に逃れています。

大吉寺は源頼朝が平治の乱の後、一時匿われたという伝説のある古いお寺です。天下人やその家族に縁があるんですかね。
一時はかなり大規模なお寺だったようですが、何らかの理由で織田信長に破却され、当時はかなり寂れてしまっていました。だからこそ逃げこむには適していると考えたのでしょうか。

ちなみに、長浜城から大吉寺までは現代の道路で16~18km前後あります。よくこの距離を女性の足で逃げられたものです。
なかもねねも足腰強かったんでしょうか。まさか馬をかっ飛ばしたわけでもない……はずですし。

 

スポンサーリンク

家康を上洛させるために人質に出されると……

その後、秀吉が大坂城を築くと、なかとねねもそちらへ移りました。秀吉の関白就任と同時に、なかは大政所の号と女性の一番高い位・従一位を与えられています。
なかからすれば、息子が立派になって親孝行をしてくれることは嬉しいにしても、ちょっと仰々しく思ったかもしれませんね。

彼女は、大和郡山城の秀長を訪ねたり、寺社に参詣したり、割とアクティブに過ごしていたようですが、その合間に体調を崩すことも珍しくなかったようです。しかし長期間寝込んだという記録はないので、病気がちというよりは、あまり体力がなくて疲れやすい・風邪をひきやすいタイプだったのかもしれません。

秀吉もそれは知っていたでしょうが、小牧・長久手の戦いの後、家康を懐柔するために朝日姫を嫁がせ、なかも一緒に送り込んでいます。関白の母と妹を人質に出されては、家康もモタモタできなくなる、と考えてのことです。

家康は苦々しく思いながらやっと上洛しましたが、その間、岡崎では本多重次(通称”鬼作左”)という重臣により、なかの滞在する館の周りに火を放つ用意を整えられていたとか。
つまり、「ウチの殿に何かしやがったら、お前の母親を焼き殺してやる」というわけです。……あらかじめこれを秀吉に伝わるようにしておかないと、意味がない気がするんですけどね……。はっきり言うのは無理ですが、それとなくを装って噂を流すことくらいはできるわけですし。

それに、家康がもし殺された後で岡崎衆が反乱を起こしたとしても、周りの大名に潰されるだけの予感ががが。
重次はこの他にも短気すぎるエピソードがいくつも伝わっているので、後のことを考えていなかった可能性が大かもしれません。

これに関する秀吉の反応については「激怒して家康に”重次を追い出せ!”と命じた」、「”家康殿はさすがに良い家臣をお持ちだ”と笑って許した」の二つが伝わっています。事が事ですし、秀吉の性格からしてどちらもありえそうな気がしますが、実際はどっちだったんでしょう。

イラスト/富永商太

イラスト/富永商太

 

「私が生きているうちに、墓の支度をしてほしい」

そんなこんなで約一ヶ月程度の緊張の後、なかは無事大坂城へ戻りました。一時は聚楽第に住んだこともありましたが、大坂城のほうが落ち着くのか、すぐに戻っています。京より大坂の雰囲気が好きだったんですかね。

天正十八年(1590年)あたりからは、加齢のためと思われる体調不良や、朝日姫・秀長に先立たれるなど、不運が続きます。なかは永正十三年(1516年)生まれとされているので、当時としてはそろそろ……という頃合い。
本人もそれを自覚していたらしく、「私が生きているうちに、墓の支度をしてほしい」と秀吉に頼んでいます。

秀吉はさっそく母のために土地を探し、お寺の建立を始めさせましたが、落成した頃のなかは元気になっていたそうです。何だかなぁ……という気はしますが、心配事がなくなって安心したからですかね。

が、秀吉がここで朝鮮出兵を決めてしまい、またカーチャンの心身に負担をかけます。そりゃ、いくつになっても子供が心配なのが親心ですよね。
秀吉は当初、渡海する気満々でしたが、「せめて大陸に渡るなんて危ないことはしないでおくれ」と懇願する老母に逆らえなかったことも、渡海を取りやめた一因だったといわれています。

 

その場で卒倒するほどの衝撃を受けた!?

しかし、なかの命は確実に尽きるほうへ向かっていました。
秀吉が名護屋にいる間、秀次が京を預かっていたのですけれども、秀次は心配をかけまいと、なかの病状をギリギリまで知らせなかったとされています。医師の派遣や祈祷は行わせていたようですが、さすがに寿命には逆らえません。
それまでは、なかが体調を崩しても、祈祷をすれば早く治ったのに、このときはその兆しが一向にみられませんでした。いよいよか、と考えた秀次は、急いで秀吉になかの危篤を知らせます。

秀吉は仰天し、大急ぎで名護屋を出立しましたが、なかはその日に亡くなってしまっていました。

大坂に到着してから母の死を聞かされた秀吉は、その場で卒倒するほどの衝撃を受けたといいます。
秀吉は誰に何を言われても唐入りを諦めませんでしたが、母の死に目に会えなかったことを後悔した分、意固地になっていたのかもしれません。
唐入りの成功を、なかへの手土産、あるいは供養にでもするつもりだったのでしょうか。

なかの年齢からして秀吉より長生きする可能性は極めて低いにしても、朝鮮出兵をしなければ、ほぼ確実に看取ることができたでしょう。
もしかすると、なかの命日は秀吉が生涯で一番後悔した日なのかもしれません。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:大政所/wikipedia

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.