日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

逆風の中トラックを駆け抜けた日本人女性初の五輪メダリスト人見絹枝 24歳の若さで亡くなる

更新日:

 

どんなことでも、最初にやり始めた人の苦労は並大抵のものではありません。たとえ後世に記録・実績等が塗り替えられていくとしても、第一人者の偉業の勝ちが損なわれることはないでしょう。
本日はそういった話の中から、いかにも惜しまれる才能を持ったとある女性のお話をご紹介します。

昭和六年(1931年)8月2日は、日本女性初のオリンピックメダリスト・人見絹枝(ひとみ きぬえ)が亡くなった日です。
昨日の記事と似たような方向性ですが、本日は「女性」「陸上」という二つのキーワードから見ていきましょう。

【TOP画像】人見絹枝/wikipediaより引用

 

陸上の各種競技で様々な記録を打ち立てるも……

人見は、1907年に岡山県で生まれました。
最初はテニスをやっていたのですが、16歳のときに陸上を始め、走り高跳びの日本最高記録を出したことから、本格的に陸上の世界に入っていきます。
17歳で二階堂体操塾(日本女子体育大学の前身)に入学し、塾長の二階堂トクヨから直に指導を受けるようになりました。

三段跳び・やり投げ・体操・砲丸投げなどさまざまな種目で記録を打ち立てながら、その多くが現在は非公認になってしまっています。
まぁ、エラい人が偏見混じりに決める「公認」などなくても、彼女の偉業は消えないですけどね。

19歳の春に大阪毎日新聞社へ入社し、運動課に配属されてからは、日本記録・世界記録を次々に打ち立てていきました。
同年8月には、スウェーデンのヨーテボリという町で行われた第二回国際女子競技大会に出場。走り幅跳びで世界新記録&優勝、立ち幅跳びでも優勝という輝かしい記録を作っています。

サンデー毎日で表紙を飾った人見絹枝/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

周囲の冷たい目に負け、五輪を諦めた女子選手もいた

また、海外遠征で彼女は大きな発見をすることになりました。
日本に比べて、外国では女子の陸上選手が既に増えつつあること、専属のコーチがついてトレーニング計画がしっかり作られていることなど、衝撃を受けた点が幾つもあったのです。

というのも、当時の日本はまだ女子の運動、特に陸上への理解が進んでいませんでした。

後年、人見自身も「陸上を始めた頃は、周りから冷たい視線を浴びたものです」と語っています。
「日本女性は人前で太ももを晒すべきではない」だの、「日本女性の個性を破壊するようなことをするな」だのといった手紙が、人見の実家に送りつけられたこともあったとか。

別に不真面目な理由でさらすわけじゃなくて、競技のルールとしてそういう服装をしなくてはいけないというだけなのだから、他人がどうこういうものではないはずですよね。

まあ、今でも「子供は外で遊べ」と言う人がいる一方で「うるさいから公園で遊ぶな」って言う人もおり、ほんと全員が満足のいくことなんてありえないんですよね。

人見はこうした一部のアレな人に対し、「私のことはいくら罵っても構わないが、後続の選手や女子陸上協会には指一本触れさせない!」と書いたことがあります。
惚れてまうやろー!

とはいえ、まだまだ世間の目が厳しかった時代のことです。
人見が説得したものの、「日本女性のうんたら」という人のほうを気にしすぎて、オリンピック出場を見送った選手もいました。残念なことです。

 

100mでは決勝を逃すも、800mで銀メダルの快挙!

人見本人は、1928年のアムステルダルオリンピックで100m・800m・円盤投げ・走り高跳びに出場しました。
日本の選手団で、女子は人見ただ一人。喜びや晴れがましさと同時に、相当のプレッシャーも感じていたことでしょう。

本命は100mだったのですが、準決勝で4着となったため、惜しくも決勝進出はしていません。
しかし、3日後の800m決勝で2着になり、日本人女性初のオリンピックメダリストという偉業を成し遂げました。

実は、人見は800mの予選まで、この距離を走ったことがなかったのだそうです。
100mで勝てなかった分を取り返し、晴れ晴れとした気持ちで帰るために、無理を言って出場を願い出た……という経緯がありました。

以下の動画で、前後事情や決勝の様子を見ることができます。

https://youtu.be/32pyKqkaj8o

800mは中距離にあたる長さですが、瞬発力がものをいう短距離走、スタミナ勝負のマラソンとはまた違う工夫が必要になる種目です。
その難しさ・苦しさがよく伝わってきます。

リナ・ラトケ(右)と競り合う人見絹枝(左)/wikipediaより引用

 

五輪からわずか3年後 肺の病気で亡くなった

アムステルダルオリンピックの後、人見は競技から一時期離れたこともありました。

が、世間からの注目が集まった分、講演会など陸上以外の仕事も増え、費用もかさむようになっていきます。有名税というかなんというか……。

講演会は、依頼をした側が費用を出してもいいはずなんですけどね。先日も某選手が「取材料出さないところの取材は受けません」と言ってブーイングを受けていましたけども、本来であれば拘束時間が発生するのだから、当たり前といえば当たり前の話です。

しかし、スケジュール的にも過密だった上、少しでも成績が悪いと世論が一気に冷たくなるため、人見を始めとした選手たちは心身的にかなり辛かったようです。
そんな中でも、人見は女子陸上の第一人者として、新聞社の仕事や募金のお礼なども積極的に行いました。

その無理が祟り、アムステルダルオリンピックの3年後に肋膜炎から肺炎・結核を併発し、24歳という若さで亡くなってしまっています。
さぞ無念だったことでしょうね……。

講演を行った高田高等女学校の運動部員達と共に撮影された人見絹枝/wikipediaより引用

 

人見の思いは有森裕子や岡山県にも受け継がれ

人見の思いは、その後の女子選手たちに受け継がれていきます。

バルセロナオリンピックで久々の日本人陸上女子メダリストとなった有森裕子さんは、同じ岡山市出身、かつ祖母が人見の女学校の後輩だったという縁があり、尊敬している人のひとりとして人見の名を挙げています。
また、有森さんがバルセロナオリンピックのマラソン銀メダルを獲得したのは、人見が800mで銀メダルを獲ったのと同じ、8月2日(日本時間)のことでした。
胸アツな話です。

人見の残したものがもう一つあります。
2000年に、人見の獲得した銀メダルが寝具の中から見つかったそうなのです。
戦時中の金属供出令で消えてしまったと思われていたらしいのですが、こうした偏見の中で勝ち取ったものだからこそ、家族が大切に保管しておいたのでしょう。

地元・岡山の人々も、彼女のことを忘れませんでした。
クラレの岡山工場と岡山市中央部をつないでいる岡山県道40号岡山港線が、人絹道路(じんけんどうろ)と呼ばれているそうです。人絹とは化学繊維のレーヨンのことで、この工場で生産していることから来たと思われます。

そして、たまたま人見の名前に「人」「絹」の字が含まれていること、人見の出身校でもある岡山市立福浜小学校(当時は福浜村立福浜尋常高等小学校)がこの道路沿いにあることから、人見の業績を顕彰するための道路ともいわれるようになったのだそうです。

今ではどの種目でも女子選手の活躍が珍しくなくなりましたが、人見のような創成期の人々の努力や成果も、忘れずにいたいものですね。

KANKOスタジアムの人見絹枝像/wikipediaより引用

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:人見絹枝/wikipedia

 



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.