日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

走り始めて約100年! 東京銀座で生まれた日本のタクシー T型フォードで始まった

更新日:

 

今は身近なものでも、できた当初は庶民に手が届かないものだった……というのは、よくある話ですよね。量産が可能になれば価格が下がりますから、当たり前といえば当たり前なのですけれども。
本日はそうしたモノ……というより、サービスに近いアレのお話です。

大正元年(1912年)8月5日は、東京・銀座の数寄屋橋で日本初のタクシーが誕生した日です。
【TOP画像】一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会HPより引用

 

初乗りは1,500円 追加の1.6kmでまた1,500円

当時は国内初のことですから、まだタクシーのための車種はなく、T型フォード(フォード・モデルT)が使われていたとか。いかにも大正浪漫というか、ハイカラですね。
余談ですが、都営バスの原型になった東京市営バスでもT型フォードの改造版のようなものが使われています。まだ日本法人がない頃でしたから、大量に買える車種として選ばれたものかもしれません。

現代のタクシーは初乗り=2kmで数百円です。

が、当時は何せ登場したばかりですから、運賃の高さは言わずもがな。1マイル=1.6kmで60銭だったそうです。って、これだけだと何だかよくわかりませんね。
大正時代は災害や戦争の影響により、物価の変動が激しいのですが、お米の値段で比べてみましょうか。

現代では、おそらく多くのご家庭で10kgで2,500~3,000円くらいのお米を購入されているかと思います。
では、大正初期に10kgのお米がいくらだったかというと……1円38~1円78銭。1円=100銭ですから、138銭~178銭で10kgのお米が買えたことになりますね。

というわけで、ものすごく大雑把に考えると「5kgのお米が買えるお金よりちょっと安い額で、タクシーに1.6km乗れた」ということになります。

初乗りがだいたい1,500円くらいと思えばいいですかね。

ちなみに、最初の1.6kmを超えると、その後は同じく1.6kmごとに+10銭でした。
決して安くはない上に、タクシーが広まっても各社の料金形態が統一されておらず、しばらくの間は苦戦していた業界だったようです。

 

スポンサーリンク

大阪で生まれた「円タク」 2年後には東京でも

しかし、ちょうど干支が一回りした大正十三年(1924年)に、「大阪市内を1円で走る」という定額制のタクシーが誕生しました。これは「円タク」と呼ばれて親しまれ、2年後には関東大震災から復興途中の東京でも走るようになります。

その後、世界情勢や石油価格変動などの影響により、昭和十三年(1938年)に警視庁の元で、料金体系などの統一が図られました。

ここで今日でもお馴染みの「初乗り2km」が登場します。

同時期に「石油は軍で使うから、タクシーは別の燃料で走れ!」(意訳)というムチャクチャなお達しも出たため、木炭などで走らざるを得なかったとか。
しかも戦災によって相当数の車が燃えてしまったというのですから、まさに踏んだり蹴ったりです。タクシー業界に限った話ではありませんけども。

 

さすが縁結び!? 出雲を走る「ご縁タクシー」

戦後は上々……といいたいところですが、「乱暴な運転をする」とか「料金をぼったくる」などの不正営業をする業者が現れ、今度はそういった意味での規制が導入されます。
その後も時代のニーズや経済状況などに合わせて、料金体系や台数等が随時調整されておりますね。

最近では障害者やお年寄りにも利用しやすいような工夫がされていたり、ペットの同乗が可能な「ペットタクシー」など、独自の路線を持つ業者も増えてきました。
旅客業の中でも、時代の流れに敏感な業界といえるのかもしれません。

また、変わった狙いを持っている(?)タクシーもあります。

島根県出雲市の「ご縁タクシー」です。

出雲大社が「あらゆるご縁を結ぶ」といわれていますので、それにあやかって、お客様に良いご縁がありますように……というねらいなんだとか。
全体的にピンク色で内装も可愛らしく、乗るのはなかなか勇気が要りそうです^^;
むしろこの雰囲気だと、既にご縁が成った人たちしか乗れないんじゃ……とすら思ってしまう可愛らしさです。リア充爆発しろ。

いっそ「縁」つながり(?)で、京都の安井金比羅宮にも「縁切りタクシー」なんてものができたら面白そうですが……タクシー業者とお客様の縁も切れちゃいますかね。それはまずい。

 

自転車タクシーが欧米圏でも広がっている

海外では、現在の日本ではあまり見かけない形態のタクシーもあります。バイクタクシーや自転車タクシーなどです。
主にアジアで多く見られていましたが、最近では渋滞・騒音対策として欧米圏にも広まりつつあるとか。

とはいえ、知らない人につかまるのもなかなか勇気が要りますね。自転車タクシーを使うくらいならレンタサイクルでいいような……という気もしますし。

どっちにしろ恐喝や盗難といった犯罪の可能性は否めませんけれども。

まあ、日本でもわざと遠回りをするセコいタクシードライバーがたまにいますし、他所様のことはあまりいえないですかね。

人に何かをしてもらう以上、リスクはつきものと考えたほうがいいのかもしれません。料金の多寡も含めて。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会HP 今日は何の日?徒然日記 日本のタクシー/wikipedia 出雲一畑交通

 



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.