浅井三姉妹・お江与から生まれ淀殿に育てられた豊臣完子 祖母は秀吉姉(日秀尼)で血縁がややこしい!

 

「歴史に名を残す」というのは立派なことであり、相応の努力や功績を重ねたり、悲劇に見舞われたりしなくてはいけません。
そう考えると、名もなき庶民や、世間に知られていない人のほうが幸せなのかも……。と、本日はその中間辺りに位置しそうな、とある家の女性のお話です。

万治元年(1658年)8月18日は、豊臣完子(さだこ)が亡くなった日です。

苗字からすると一瞬「秀吉に娘いたっけ?」と思ってしまいますが、彼女は秀吉の子供や養女ではありません。
秀吉の姉・とも(日秀尼)の子供である豊臣秀勝と、後に徳川秀忠の妻となるお江与の娘です。お江与というよりも、浅井三姉妹・江(ごう)の表記の方が親しみやすいでしょうか。

いずれにせよ当時の重要人物との血縁関係が多くて相当ややこしいのですが……真田丸で印象的だった「豊臣秀次の姪っ子」というのが最もわかりやすいかもしれません。

一体どんな生涯を送った人なのでしょうか。

母は浅井三姉妹の三女・お江与(江)さんです(本人の自画像は無し)/wikipediaより引用

 

完子にとっての「母」は淀殿だったのでしょう

完子は、文禄元年(1592年)の生まれです。

完子が三歳のときにお江与が徳川秀忠に嫁いだため、母と離れて育つことになります。豊臣の血を引く娘を連れていくわけにもいかず、完子は伯母である淀殿に預けられました。
おそらく、完子にとっての「母」は淀殿だったのでしょうね。

淀殿には娘がいないこともあってか随分と可愛がられ、完子が12歳で公家の九条幸家に嫁いだときも、京の人々が珍しがるほど盛大な支度を整えてやったといいます。

もちろん、お江与も娘のことを愛していました。
離ればなれになるとき、自分の侍女の1人である”いと”を完子につけていったとされています。いとがどんな人だったのか詳細はわかりませんが、おそらくはお江与に信頼されていて、完子の母親・姉代わりになれるような女性だったのでしょう。
でなければ、物心がつくかつかないかの娘を任せたりはしないでしょうから。

 

夫の九条幸家は武家との繋がりを持てるように

九条家に嫁いだおかげで、慶長二十年(1615年)に豊臣家が滅亡したとき、完子にお咎めはありませんでした。心情としては、母代わりの淀殿の最期を聞いて、その辛さは極みだったでしょうが……。

ここから完子は、母の三人目の夫である秀忠の養女という立場になります。

そのおかげで、自らの夫である幸家は、朝廷の中で武家とのつながりを強く持てることになりました。
秀忠の娘であり、完子の義理の妹でもある和子が後陽成天皇に嫁いだときも、幸家が仲介役の一人になったとか。

2人は夫婦仲も良かったようで、四男三女にめぐまれています。一人だけ19歳で亡くなった娘がいますが、他の子供は無事に成長。多産ぶりは母に似たという面もあるでしょうね。

完子自身は秀吉から直接の血を引いていませんが、姉を通じて「豊臣家」の人間の血は女系で続いたことになります。また、完子の子孫の一人が貞明皇后ですので、皇室にもその血は流れているといえますね。

 

67歳で亡くなるまでの後半生は平和に過ごせたのでは

完子は祖母の秀吉姉・とも(日秀尼)とも交流を続け、完子の末娘・日怡が、ともの寺である瑞龍寺を継いでおります。

瑞龍寺は、ともが息子・秀次や孫達を弔うために作ったお寺です。

秀次からすると姪(完子)の子供、しかも豊臣家を滅ぼした徳川家の義理の家族(完子は徳川家光の異父姉にもあたる)が、自分の菩提を弔ってくれたことになります。
ややこしいですが、深イイ話……ですかね。

完子自身はそれ以降安泰に暮らしたようで、67歳で亡くなるまでの間は特に逸話が伝わっていません。

前半生はともかく、後半生は幸せだったとみていいのではないでしょうか。「便りのないのは良い便り」といいますし、記録がないのは幸せな証拠なんですよ、きっと……。

まあ、豊臣家の中で一人くらいは安穏な一生を送った人がいてもいいというか、むしろもう少しいて欲しかったというか。

長月 七紀・記

参考:豊臣完子/wikipedia 九条幸家/wikipedia

 


【当サイトの人気記事】
桶狭間の戦いの最新研究も含めた織田信長の生涯!




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る