日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

飛鳥・奈良・平安 その日、歴史が動いた

日本にも朝貢していた渤海国ってどんな国? 唐や新羅に挟まれ、友好を求めて彼らは海を渡ってきた

更新日:

 

人物と同様、国が生き残るのもなかなか難しいものです。
国名が変わっても確かに民族や文化的にほぼ同じこともあれば、まったく別物になってしまうことも珍しくない……。
本日はそうした中から、今ではあまり話題に上らなくなったものの、かつて日本と密接な関係があった国のお話です。

神亀四年(727年)9月21日は、渤海(ぼっかい)国の使節が東北へ漂着したといわれている日です。

「そもそも、そこ、ドコ???」というツッコミが早速飛んできそうですので、まずはどこにあったどんな国なのか、というところからみていきましょうか。

【TOP画像】唐と新羅に挟まれた微妙な立地の渤海国/wikipediaより引用

 

渤海と渤海国は微妙に違うので受験生は注意

この国のことを語るときには、少々注意しなければならないことがあります。
「渤海」と「渤海国」では、ビミョーに違う場所を示しているからです。

「渤海」は中国北部の遼東半島及び山東半島に囲まれた湾状の海域をさします。

アルファベット表記ですと「Bohai Sea」となるようですね/wikipediaより引用

一方、「渤海国」は中国東北部~朝鮮半島北部~ロシアの沿海地方(ウラジオストックとか)あたりに存在した国のことです(TOP画像参照)。高句麗の遺民だった大祚栄という人が作った「震国」という国が原型になったといわれています。
高句麗は日本の古代史でもお馴染み(?)の、中国東北部~朝鮮半島にあった国ですね。どちらかというと日本に近い新羅・百済・伽耶のほうがよく出てきますが。

場所が場所ですので、渤海国も中国の影響を強く受けています。
唐の玄宗が即位した後、ときの王様が唐の傘下に入ることで「渤海郡王」に封じられ、正式な国名が「渤海」になりました。一時は渤海に面していたこともあるのですが、面していない時期のほうが長いので、ややこしいことになっています。

渤海国は唐へ頻繁に使いや留学生を送って、文化や学問を受け入れ、発展していきました。日本が遣唐使を送ったのとよく似ていますが、地続き故に行き帰りがしやすいからか、回数はかなり多めです。
中国の王朝は朝貢してくる相手には寛大(かつ尊大)なので、「よしよし、お前の国はよくウチに従っているようだから、位を上げてやろう」と、三代目の王様を「渤海国王」にしました。

渤海国があった場所は、現在寒冷な気候になっています。が、当時は温暖でありも、国の発展にも大きな後押しになりました。
農業・畜産業なども盛んで、特に漁業が発展していたとされています。唐への貢物の中に鯨の目玉を加工したものがあるため、捕鯨もそれなりの頻度でやっていたようです。

渤海国とは、だいたいそんな感じの国でした。

 

スポンサーリンク

立地が微妙なため、いざという時には日本の助けを欲す

ではなぜ、わざわざ海を超えて日本へ使いを送ってきたのでしょうか。

当初の目的は、軍事的・商業的に友好な国を作るためだったといわれています。
上記の通り、渤海国は唐と朝鮮半島の国々に挟まれていますので、もしもその両方を同時に敵に回してしまったら、ひとたまりもありません。そして、一時唐との関係が悪化すると、早急に味方になってくれる国を探さなければならなくなりました。

渤海国がいつ頃日本の存在を知ったのか?
その点についてはハッキリしませんが、唐を通じて知る機会はあったでしょうね。
もしかしたら、唐へ行った渤海国の留学生と、日本の遣唐使や留学生が交流したこともあったのかもしれません。

こうして、727年に日本への使いが送られましたが、まだ航路も確立されていない状態ですから、船が東北へ流されてしまいます。
ついでにいえば、当時は日本も統一されているとは言い難い時代。流れ着いた渤海国の使節のうち、ほとんどは「蝦夷(えみし)」と呼ばれていた人々に殺されてしまったといわれています。

その生き残りが流れ流れて、翌年に聖武天皇へ拝謁。異国の地で都の方角をすぐに調べられたというのは考えにくいですから、おそらくは彼らに協力的な人々もいたのでしょう。
こうして渤海国と日本の間につながりができ、使節をやり取りする関係ができました。

 

貴族の間で珍重されていた貂(てん)の毛皮を輸入

幸い、渤海国と唐の関係が改善したため、軍事的な同盟を組むことはありませんでした。

一方で通商は長く続きます。
渤海国からは毛皮、日本からは繊維製品や金・水銀が輸出され、良い取引ができていたようです。当時日本の貴族の間で貂(てん・イタチ科の仲間)の毛皮が珍重されていましたので、渤海国からの輸入は大いに歓迎されました。

この頃よりだいぶ後の話ですが、源氏物語の中にも末摘花(すえつむはな)という女性が黒貂の皮衣を着ているシーンがあります。あれほど着込みまくる平安時代ですら毛皮がないと冬を乗り切れないのですから、奈良時代はいわずもがなでしょうね。

しかし、日本側は渤海国の使節を朝貢と認識していたため、その歓待に莫大な金額を割かれてしまいます。朝貢というといかにもされるほうがエラぶっていそうですが、親分のほうが子分にあれこれと振る舞ってやらなければならないんですね。
そのため「何回も来るのは大変だから、12年に1回でいいよ」と、わざわざ回数制限をしています。といっても関係が悪くなることはなく、渤海国の使節が来たときには、日本の文化人などと積極的な交流が行われたそうです。

有名どころでは、菅原道真が渤海国の使節と漢詩のやり取りをしたことがあるとか。道真というと遣唐使廃止や大宰府のことが頭に浮かびますから、ちょっと意外ですよね。

 

渤海国の首都「上京」は平城京を真似た!?

また、日本と渤海国の親密さを示していそうな点がもう一つあります。
渤海国の首都は「上京」というのですが、平城京とそっくりな作りをしているのです。

平城京も長安を真似て作ったものとされていますが、できた順番が長安→平城京→上京なので、渤海国の使節が平城京を見て、都を作ったとも考えられるのです。
長安を真似て上京を作ったとしたら、平城京よりも先に作られているはずですからね。決定的な証拠はまだ見つかっていないようですけれども。

碁盤の目で知られる平城京を真似ていたとは胸熱ですね/国土交通省国営平城京跡歴史公園サイトより引用

碁盤の目で知られる平城京を真似ていたとは胸熱ですね/国土交通省国営平城京跡歴史公園サイトより引用

渤海国との友好関係は長く続きましたが、927年(延長五年)以降に突然通交が絶えてしまいました。
唐王朝が滅びてしまったこと。渤海国で内紛が起きてしまったこと。西方で力をつけてきた契丹国(後の“遼”)に攻め込まれたこと。このような不運が重なり、渤海国自身が滅びてしまったからだといわれています。
最後に来た927年の使節も、本当は契丹国の使者だったんだそうで……うーんw

その後は残された住民が渤海国再興を試みるものの、契丹国に押さえつけられて実現しませんでした。人々は移住させられたり、朝鮮半島へ亡命したり、また別のところへ逃げていったり……と散り散りになったとされています。

後々、中国に金王朝ができたとき、旧渤海国に残っていた住民は厚遇されたそうですが……その間が200年くらいありますので、良かったと言っていいものかどうか。

かつて渤海国だった地域は、現在北朝鮮にあたる部分も多いため、発掘調査があまり進んでいないようです。
これだけ発展していた国ですから、自国の記録も作っているでしょうし、どこかにありそうなものですが……。
いつか日の目を見ることができるといいですね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:渤海(国)/wikipedia 渤海使/wikipedia 遣渤海使/wikipedia 渤海人/wikipedia 渤海_(海域)/wikipedia

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-飛鳥・奈良・平安, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.