49日後には富士山も噴火した、げに恐ろしき宝永地震 現代の我々も厳重警戒すべき南海トラフが震源地

 

日本では新しいものが好まれがちです。これは新しい技術を生み出す科学や工学の人気・重視ぶりからもうかがえますよね。
しかし、古い物事にも、もちろん価値があります。特に、良くない出来事の記録は後世の人々にとって貴重な手がかりになるでしょう。
本日はその一例となりそうな、とある災害のお話です。

宝永四年(1707年)10月4日は、日本史上でも屈指の大規模災害である、「宝永地震」が起きた日です。この年の干支が亥だったので、「亥の大変」と呼ばれることもあるようです。

いわゆる「南海トラフ巨大地震」の例の一つでもありますので、特に東海道エリアにお住まいの方はご存じでしょうか。
あまりにも被害が大きい上、詳述すると気分が悪くなってしまわれる方も少なくないと思われますので、いくつかのポイントを抜粋していきますね。
まずは、この地震が「いつ・どこで・どのくらい揺れたか」というところからいきましょう。

【TOP画像】宝永地震の震度分布図/wikipediaより引用

 

南は九州から北は青森~西はなんと中国まで!?

宝永地震の最初の揺れは、この日の14時ごろだったといわれています。
ただし、震源が沖合いであり、地震が起きた範囲が非常に広いため、場所によっては「夕食時に揺れた」などの記述も。

揺れの大きさについては現代基準での推測になりますが、震度6以上が駿河以西~九州北部、震度4以上がその外側にあたる甲信越・江戸・九州及び京都といわれています。
また、八戸でも有感地震があったとのことなので、東北もほとんどの地域で揺れたでしょうね。

これだけいろいろな場所が揺れていますので、被害もさまざまな面に及びました。

・城が傾く(物理)
・城の堀の水があふれる
・山崩れで堰止め湖ができ、その後決壊
・地面の隆起または沈下
・液状化現象
・家屋・寺社の倒壊

箇条書きだと何となくピンと来ませんが、この地震は中国側でも記録があります。しかも「この頃日本でこんな地震があった」という他人事ではなく、「この頃地震があって津波が来た」という記述です。
つまり、震源が太平洋側なのに、中国で揺れと津波が起きているわけです。怖すぎる。

そして、宝永地震で最大の被害をもたらしたのは津波でした。

「草木一本も残らなかった」「町だったところが海になった」

東日本大震災でも記憶に新しい津波の被害は、一体どれほどのものだったのか?

・大坂では津波で河口に繋がれていた船が流され橋を破壊、被害者が更に増えた
・集落壊滅を意味する「亡所」、「草木一本も残らなかった」「町だったところが海になった」などの記述が多々
・田畑や塩田が津波で壊滅
などなど、想像するだけで背筋が凍ります。
あまりにも被害が大きいので、当時の記録ですらあてにならないほどです。
その中で二つだけ前向きになれそうな話がありますので、簡単にご紹介しておきましょう。

このとき、特に被害が大きかった地域の一つ・土佐の須崎八幡宮の神輿が流出してしまいました。しかし、どこをどう流れたものか、下田(※神奈川県)でその神輿が拾われ、新八幡宮として祭られます。
すると、その後下田周辺では豊漁続きとなりました。
須崎の人々がこれを知って返還を要望すると、下田の人々はきちんと返した……というオチが実に小気味良い話です。
もしかして、神様が「ここを豊漁にしてやって人の噂になれば、神輿を元の土地に戻してもらえるかも」と思ったんですかね。日本の神様ならありえる。

また、佐伯藩(現・大分県)では昼夜問わず七回も津波が来たため、町人らに対して藩主が「遠慮しなくていいから」と城へ避難させたそうです。
この頃の藩主は毛利高慶という人です。彼は仏教への信仰が篤かったそうなので、それが城中の人々にも伝わったものでしょうか。

宝永津波の犠牲者を供養するために建立された浅川観音堂/wikipediaより引用

宝永津波の犠牲者を供養するために建立された浅川観音堂/wikipediaより引用

 

富士山噴火で大名・旗本から100石につき2両を徴収

幕府にしても、これほどの大災害ですから各藩に任せっきりにしておくわけにはいきません。
特に被害の大きかった藩の藩主には参勤交代を免除したり、買いだめ禁止令発布を出したりしています。

そして宝永地震から49日後、富士山が噴火したため、大名・旗本から石高100石につき2両を出させました。これ、現代でもやってくれればいいのに(ボソッ)。
ただし、40万両以上が集まりながら、実際、被災地救済に使われたのは、その1/8程度だそうです。おいおい、残りはどうした。

というか、そうでなくてもお財布が火の車だった幕府。
勘定奉行・荻原重秀は「改鋳を行って費用を補うべきです」と主張しましたが、新井白石などに反対されて一度白紙になっています。
しかし、宝永地震の二年後からこっそり改鋳が行われ、結局、物価の暴騰を招きました。してもしなくても一緒やん(´・ω・`)

しかし、こういうときこそ改革が功を奏することもあります。
最大の成功例は、当時、紀州藩主だった徳川吉宗でしょう。

吉宗は自ら木綿の服を着るほど倹約をしたことで有名ですが、その始まりは宝永地震後の紀州入りです。同地域でも大きな被害を受けており、復興のために多額の費用がかかっていました。
吉宗は、幕府のgdgdを見ていて、「上の者が実践しなければ倹約令など成功しない」と思ったのかもしれません。
これが後々享保の改革に繋がるとすれば、宝永地震によって文字通り歴史が変わったことになりますね。

宝永大噴火で富士山の横っ腹に開いた大きな火口/wikipediaより引用

宝永大噴火で富士山の横っ腹に開いた大きな火口・もちろんその被害も相当なものでした/wikipediaより引用

 

恐ろしいほど定期的にキッチリ起きている南海トラフ巨大地震

南海トラフ巨大地震は100年~200年周期といわれています。

つまり、現代の我々にも決して無関係ではないどころか、2040年代までには7割以上の確率でやってくる――と政府の地震調査研究推進本部が警鐘を鳴らしております。
予報がハズレたら混乱だけを招きかねない大地震です。にもかかわらず、これだけシビアに予測を出しているのは、南海トラフ巨大地震が恐ろしいほど定期的に発生しているからでしょう。

各地にある災害記念碑の付近は特に注意が必要です。
具体的に「高さ○○以下のところには家を建てるな」としているところもあります。

過去の災害は、防災の一番の参考資料になります。

「防災の日」は関東大震災の起きた9月1日ですが、宝永大地震のような大きな地震があった日も覚えておいて、気持ちを新たにするきっかけにしたいですね。

長月 七紀・記

参考:宝永地震/wikipedia 防災情報のページ/内閣府

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る