日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた 諸家

北関東の名門を継いだスーパー戦国小学生・宇都宮成綱! 10歳の若さで当主となるも最後は……

更新日:

 

「一代で躍進した」とか「一代で財を成す」という表現があります。
ただし、そこに至るまでは当人だけのチカラではなく多くの手助けが必要で、芸術家なら良い師匠や後援者、戦国武将であれば信頼できる部下が欠かせません。
しかし、その頼れる存在が、いつの間にか禍根になる辛いケースもありまして。本日はそんな感じの、とある大名のお話です。

永正十三年(1516年)11月8日は、北関東の戦国大名・宇都宮成綱(しげつな)が亡くなった日です。

宇都宮と言えば、現在は栃木県の県庁所在地、あるいは「餃子の町」という地名のイメージが強いですけれども、同名の戦国大名がいたんですね。
まずはどこからどう始まった家なのか、というところからざっくりいきましょう。

 

先祖は藤原道長の兄・道兼という由緒正しきお家柄

宇都宮氏について簡単にまとめると、「関東の武士の中でも、寺社や歌壇に縁の深い家」といえます。
平家物語などでは関東武士を「東夷(あずまえびす)」とpgrしている描写がありますが、実は公家の流れをくむ由緒正しい家もそこかしこにあるのです。
例えば、奥州藤原氏は一昔前まで「京の藤原氏(藤原摂関家・道長の一族)の親族ということにして、勢力拡大をしたのだろう」とされていたのですけれども、最近の研究では「藤原摂関家のほうでも、奥州藤原氏を親戚と捉えていた」と考えられる史料が見つかっています。
そんなわけで、東日本でも藤原氏系の名字を持つ人がたくさんいたわけです。

宇都宮氏の初代とされる藤原宗円という人物も、道長の兄・道兼の血を引くとされています。前九年の役(1051年~過去記事:源頼義が源氏の足場を固めた「前九年の役 」 スッキリ解説!【受験生必見】)で功績を認められ、下野(現・栃木県)の守護などに任じられ、この地に縁付きました。
宇都宮氏を名乗ったのは、宗円の孫・朝綱から。朝綱はちょうど源平時代から鎌倉幕府ができた頃の人で、平家や奥州藤原氏との戦で活躍し、頼朝に認められて有力な御家人の一人になりました。

 

スポンサーリンク

百人一首は宇都宮頼綱が藤原定家に頼んで始まった!?

武働きもさることながら、宇都宮氏は歌にも才覚を示しています。
特に、宗円から数えて五代目の頼綱(1172~1259年)は、謀反の疑いをかけられたために出家し、その後京に滞在していたとき、藤原定家と付き合い始めて歌の世界に入りました。
あの有名な百人一首も、頼綱が「別荘の襖に歌を書いた色紙をたくさん飾りたいんだけど、歌選びと揮毫をやってくれない?」と定家に頼んだのが始まりとされています。よくこの依頼で百首も選んで書いたものです。

頼綱が出家した後、弟の朝業(ともなり)が鎌倉へ出仕するようになったのですが、朝業もまた歌を通してときの3代将軍・実朝と君臣を超えた付き合いをしていたとか。共通の趣味があると盛り上がりますよね。
それだけに、実朝が若くして暗殺されたときは相当のショックだったらしく、朝業も世を捨てて出家しています。

どうも、何かあったときはあっさり出家して「じゃあ後は任せた」というのが宇都宮氏の家風のようです。ちゃんと引き継げる男子がいる状態でやっているのが、計算高いというか賢いというか。

 

楠木正成も一目置く坂東武者のビッグネームに

その後も元寇との戦いで活躍して出世した人やら、鎌倉幕府が倒れるまでの戦いで楠木正成に「宇都宮は小勢だが、一人も生きて帰る気がないようだ。さすがは坂東一の弓取りの家」と賞されたことがあるやらで、関東の武士としてはビッグネームと言っても過言ではなかったのが宇都宮氏です。

しかし、南北朝時代以降はスッカリ勢力を弱めてしまいます。原因は、関東管領・上杉家と鎌倉公方・足利家のめんどくさい戦いである「永享の乱」の他、もろもろのすったもんだで疲弊したためでした。
成綱が10歳という幼さで当主となったのは、ちょうどその頃です。この若さ、いくら戦国時代でも早すぎる就任ですが、トーチャンが突然亡くなったので仕方がありません。

当然重臣たちは成綱をナメくさって政治を牛耳ろうとしましたが、成綱は素早く「よし、アイツら邪魔だからまとめて始末しよう」と決断し、武力で押さえつけてしまいました。
他にも他家の重臣が亡くなったと聞いて、即座に攻め込んで領地をぶん取ったりしています。頭の回転もフットワークもかっ飛んでる人だったようです。この小学生こわい。

それは一族の人間に対しても同じだったようで、成綱が若いうちに家中の統一にほぼ成功しました。これにより、あっちこっちでgdgdな戦が続く関東で、確かな地盤を作ることができたのです。

下野だけでなく、常陸の佐竹氏や会津の蘆名氏とも戦ったことがあります。
こんな感じで、成綱の前半生は駆け上がっていく感じでしたが、後半生は少々きなくさい感じでした。

 

家臣の芳賀景高だけは抑えきれず謀殺を企てるも……

いかに果断な成綱といえど、一人で家中のことをすべてやれるわけではありません。当然重臣の助けが必要になりますが、その中の芳賀氏という家が大問題になってしまうのです。

芳賀氏の当主・芳賀景高(はが かげたか)は成綱の幼少期からの重臣で、それだけに成綱も抑えきることができませんでした。景高が亡くなった後も、景高の息子・高勝が大きな影響力を持ち続けており、似たような状況が続きます。
そして、足利家の内紛に際し、成綱と高勝の意見が割れたことで、宇都宮氏自体が真っ二つに割れかねない事態になりました。

成綱はこれを、高勝の謀殺という荒すぎる手段で解決しようとします。
が、芳賀氏から見れば「俺達は今までお家のために尽くしてきたのに、なぜ高勝様を殺されなければならないんだ!」となるのも当然のこと。むしろ、なぜ成綱がそこに気づかなかったのかがワケワカメ。

こうして芳賀氏が反乱を起こしたところに、足利家の内紛と絡んで見事に話と戦がこんがらがります。足利家も自重しろ。

しかも成綱はこの頃、息子・忠綱に家督を譲っていました。戦国時代で存命中に家督を譲る理由は色々ありますが、成綱が亡くなる四年前のことですから、健康上の不安も大きな割合を占めていたことでしょう。成綱は元気な間、忠綱の後見として、いろいろやっていますし。

当時、忠綱は15歳。当主としてはまだまだ若いものの、元服=成人しているという意味では心配ありません。成綱自身が家督を継いだときと比べればなおさらです。
最終的に成綱たち主家のほうが勝ったのですが、何とも後味が悪い話。

 

豊臣家の確執に巻き込まれて御家断絶とはこれいかに

成綱は、芳賀氏の名前だけを残すことにしました。
芳賀氏の年長者を宇都宮城に捕らえ、自分の息子の中で最年少の興綱に家名を継がせたのです。

ついでに成綱の弟をつけて、芳賀氏が二度と逆らうことのないように計らいました。

……が、成綱がこの始末をつけて永正十三年に亡くなると、またしても芳賀氏は反乱を起こします。
もういっそ一族丸ごと別の大名に仕えて、内部の情報を提供する代わりに宇都宮をもらう……とかのほうが手っ取り早い気がしてきますが、手段が目的になってたんですかね。

こうして、成綱が作り上げた地盤は崩れ、宇都宮氏自体も歴史の大舞台からは一歩引くことになりました。

一応秀吉の時代まで家は続いておりますが、秀吉の晩年にいきなり改易されるという悲惨な目に遭っています。
どうやら豊臣家内の確執に巻き込まれたようです。可哀想すぎるやろ(´;ω;`)ブワッ

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:宇都宮成綱/wikipedia 下野宇都宮氏/wikipedia

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.