日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 源平 鎌倉・室町時代

源氏と奥州清原氏のカンケーがややこしい「後三年の役」 スッキリ解説!【受験生必見】

更新日:

 

歴史を長い目で見てみると、「天の配剤」と思うこともあれば「数奇な運命」としか言いようのないことも多々ありますよね。
偶然というにはデキ過ぎていて、なんとなく神の実在を信じたくなったりもして。本日はそんな感じの、あの戦の後日談にあたるお話です。

寛治元年(1087年)11月14日は、後三年の役が終結したとされる日です。

前九年の役(過去記事:源頼義が源氏の足場を固めた「前九年の役 」 スッキリ解説!【受験生必見】 )の後日談といいますか、”前九年の役の当事者の息子たち同士の戦い”というのが一番わかりやすいかと思います。
というわけで、舞台は東北~関東です。平安時代って、意外と朝廷から離れたところの事件や戦も記録されているんですよね。
早速、本題に移りましょう。

【TOP画像】後三年の役/wikipediaより引用

 

前九年の役で清原氏にチカラを借りた源氏

前九年の役の最終局面で、大きな役割を果たしたのは、出羽(現・山形県)の清原氏でした。
中央からやってきた源氏軍だけでは、謀反を起こした安倍氏(陸奥=宮城・岩手県あたり)に対抗しきれなかったからです。そこで、当時の源氏軍のトップである源頼義が、近場で勢力を持っていた清原氏に協力を頼み、源氏軍の倍以上の兵を調達してもらうことができたのです。
そんなわけで、この辺で一・二を争う有力者だったのが清原氏ということになります。

さて、前九年の役から二十年ほど経ち、どこの家でも世代交代が起きていました。
後三年の役の頃、清原史の当主は武貞(たけさだ)という人です。彼は安倍氏に属していた藤原経清の未亡人を妻にしており、この未亡人が経清の息子を引き連れてきます。武貞はこの義理の息子を正式に養子として認め、「清原清衡(きよひら)」という新しい名前を与えます。
そして数年後、清衡にとっては異父弟にあたる家衡が生まれました。
つまり清原氏の中に「安倍氏の血を引く清衡」と「清原氏の嫡流である家衡」という複雑な兄弟関係ができたのです。もうイヤな予感がしますね。

 

スポンサーリンク

清衡か家衡のどちらかを跡継ぎにしていれば問題なかったのに…

武貞が亡くなると、長男の真衡(さねひら)が清原氏の当主となりました。
しかし、彼は男の子に恵まれず、平氏の血を引く家から養子をもらってきます。この養子は成衡と名乗りました。この人の名前は「なりひら」か「しげひら」かわかっていないようです。お好きなほうでどうぞ。
ここで真衡が清衡か家衡のどちらかを養子=跡継ぎにしていれば、話はこじれなかったのですが……。

どうやら、真衡はどうしても皇室の流れをくむ人々と縁を強めたかったようです。平氏の流れをくむ成衡を、源氏の血を引く女性(源頼義の落胤とされる女性)と結婚させ、清原氏の次世代を平氏・源氏のハイブリッドにしようと考えました。
しかし、それでは清原氏本来の血筋は絶えてしまいます。

それでも、高貴な血筋が入るのは好ましいと思われたのか、当初は清原氏の間で問題になることはありませんでした。
話がこじれるのは、成衡の結婚式の席で、ちょっとしたトラブルが起きてからです。

現代同様、結婚式となればあっちこっちから親戚がやってきます。
この時も、真衡の叔父に当たる吉彦秀武(きみこ の ひでたけ)がやってきていました。秀武は清原氏の三代に仕えた重鎮で、所領や配下の兵も多い実力者。このときは大奮発して、大量の砂金で新郎新婦の門出を祝いに来たのです。

 

スポンサーリンク

結婚式のお祝いにやってきた秀武を無視した真衡が逆ギレ!

まずは新郎の父にあいさつを、ということで、秀武は真衡の元を訪れました。
が、真衡はそのとき碁に夢中になっていて、せっかくお祝いしに来てくれた秀武を無視し続けます。当然秀武はブチ切れました。秀武にも配下がいますし、清原氏の本家の人々も見ているわけですから、これでは「真衡は秀武を冷遇している」と言っているも同然になるからです。

顔に泥を塗られた形になった秀武は、砂金を庭にぶちまけて帰ってしまいました。「大盤振る舞い(物理)」とか言ってる場合ではありません。
なぜかこれで、無礼を働いたほうの真衡がブチ切れ、秀武討伐のため兵を挙げます。いや、悪いのアンタでしょ(´・ω・`)
秀武はこれを知ると、真衡にとっては異母弟の二人である家衡と清衡に使いを送り、「一緒に真衡のアホを滅ぼそうぜ!」(意訳)と話を持ちかけました。真衡と、家衡&清衡の間が決してうまくいっていないことを、秀武は知っていたのです。

家衡と清衡はさっそく秀武に協力することを決め、村を一つ焼き払い、真衡の本拠に迫りました。真衡は弟たちとすぐ戦おうとしましたが、家衡と清衡のほうが上手で、秀武との合流のため一時兵を退きます。

スポンサーリンク

ここで、前九年の役でもこの地にやってきていた、源義家が新しく陸奥守になり、東北へやってきました。
真衡は義家のおもてなしのため、国府(県庁所在地みたいなもの)だった多賀城(現・宮城県)を訪れ、出羽を留守にします。
これを好機と見た家衡・清衡は真衡の本拠を攻めましたが、さすがに真衡も家臣たちに留守中のことを言いつけていたため、ものの見事に負けてしまいました。国府の軍も真衡についたため、家衡・清衡は謀反人扱いになるのを恐れ、降伏を選びます。
が、ここでまたしても話がややこしくなります。多賀城から出羽へ戻る途中で、真衡が亡くなってしまったのです。
続きは次ページへ

 

次のページへ >




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 源平, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.