世界最古の目撃記録は日本の直方隕石だった! 地球上に年間1000個も降り注ぐ隕石のアレコレ

 

「空から何かが降ってくる」という比喩表現は多々ありますよね。
槍とか雷とか。雷のほうは物理的な場合もありますが、ぶち当たることはそうそうありません。ごくまれに、生涯で何度も雷にぶち当たる方もいらっしゃいますけれども……。
本日はそういった「空か降ってくるもの」の中でも、最大級のアレのお話です。

1492年(日本では戦国時代・延徳四年)11月16日は、フランス・アルザス地方のエンシスハイムという町に隕石が落下した日です。

【TOPイラスト by State Farm

 

メバチマグロが燃えながら落っこちてくるようなもの

この件とは直接関係ありませんが、世界史上ではレコンキスタ(過去記事:レコンキスタの分岐点となった「リスボン攻防戦」 そして大航海時代は始まった(ただし250年後))が完了した年でもあります。フランス史としては、百年戦争が終わって40年ほど経ったころです。戦争中にこんなモノが落ちてこなくてよかったですね。

なにせこの隕石、元の大きさは127kgほどあったといわれています。ちょっと小さめのメバチマグロが燃えながら落っこちてくるようなものです。怖すぎ。

幸い、エンシスハイム隕石は農園のど真ん中に落ちたため、負傷者や死者はいなかったようです。もちろん目撃者は多く、ちょっと変わった名物として、観光の目玉になりました。
その際お土産として多くの人が切り取っていったため、現在は56kg弱にまで小さくなってしまったとか。半分以下ってスゴイですね。
まあ、日本でも「ご利益がある」とされる人の墓石を削ったりしますから、あまり他所様のことはいえませんけども。

本体の方は現地で、切り取られた破片のほうもヨーロッパ各所で展示されているそうです。旅行先で偶然見かけることもあるかもしれませんね。

エンシスハイム隕石/wikipediaより引用

エンシスハイム隕石/wikipediaより引用

 

須賀神社の境内に落ち「貞観三年四月七日ニ納ム」

さて、15世紀となると相当大昔のことですよね。上記の通り、日本では戦国時代の始め頃ですから。
しかし、もっと古い時代の隕石も見つかっています。現在、世界最古の目撃記録がある隕石は、日本の福岡県直方(のおがた)市に落ちた直方隕石とされています。
861年(貞観三年)4月、現在の須賀神社境内に落下したと伝わっており、こちらも幸い人的被害は出なかったのか、次の日には土の中から「黒く焦げた石」が見つかり、これを桐の箱に納めて保存したと伝わっています。
その箱に「貞観三年四月七日ニ納ム」と書かれていたため、世界最古の目撃記録とされました。

世界最古かどうかには異説を唱える人もいるようですが、神社の許可を得て隕石の調査をした結果、世界最古で間違いなさそうだということになったようです。
もちろん、今後別の隕石が見つかる可能性もありますけれどね。

現在もこの隕石は須賀神社で保管されており、五年に一度、お祭りで一般公開されます。実は今年(2016年)がちょうど公開の年だったんですよね。タイミング悪くてサーセン(´・ω・`)
普段は境内の記念碑に設置されたレプリカを見ることができます。

 

ツングースカ大爆発も隕石の空中爆発と目されている

実は、地球には年間1000個近くの隕石が落ちてきているんだそうです。しかし、皆さんご存じの通り、地球の表面の7割は海ですから、見つからないもののほうが圧倒的に多くなります。
だからこそ、地表に落ちた隕石の記録は珍しいんですね。それは今も同じで、後から「実は隕石によるものでした」と発覚する事件(?)もあります。
この手のもので有名なのは、2013年にやっと原因がわかった「ツングースカ大爆発」がありますね。

ツングースカ大爆発は1908年にロシア中部で起きた「謎の大爆発」とされていました。この地域はほとんど人が住んでおらず、しかも日露戦争の三年後・第一次世界大戦&ロシア革命直前ということで、世情的にも緊張していた頃です。
そのため調査がされず、数十年してからやっと研究が始まりました。

「彗星・小惑星爆発説」「ガス噴出説」などさまざまな仮説が立てられましたが、地球にはほとんど存在しない元素や鉱物が検出されたことから、隕石の空中爆発によるものという結論が出ています。

【関連記事:100年以上謎だったロシアのツングースカ大爆発! やっぱり原因は隕石でした

ツングースカ大爆発でなぎ倒された樹木/wikipediaより引用

ツングースカ大爆発でなぎ倒された樹木/wikipediaより引用

 

ロシアだけじゃなく地球全体が隕石に対して無防備だ

こちらは皆さんも覚えておられると思いますが、2013年には、同じくロシアのチェリャビンスク州というところの市街地付近へ、別の隕石が落ちてきています。国土が広いと、こういうことで割りを食うんですね(´・ω・`)
こちらはインフラや建造物、そして負傷者などの被害が出ました。

チェリャビンスク隕石photo by alexeya

チェリャビンスク隕石photo by alexeya

メドヴェージェフ首相はこれに対し「ロシアだけでなく、地球全体がこういった事態に対して脆弱である」として、世界共通の脅威の一つだという認識を示しています。確かに、宇宙人が攻めてくるよりは現実的な話ですよね。
恐竜や大型爬虫類が絶滅したのも、中米のユカタン半島沖に落下した巨大隕石が原因だとされていますから、もし同等の隕石が現代に落ちてきたら、人類どころか地球の生物のうち何割が生き残れるか……という話になってしまいます。こわい。

現実的に考えれば、対ミサイル兵器で撃ち落とすくらいしかできなさそうですけどね。物騒な軍事技術もそういうことだけに使われたらいいのですが。
宇宙人や怪獣と違って降ってくる速度が(おそらく)ケタ違いですから、いざというときは惜しみなくぶっ放していただきたいところです。ただし人がいない方向だけでお願いします。
長月 七紀・記
参考:エンシスハイム隕石/wikipedia 直方隕石/wikipedia ツングースカ大爆発/wikipedia 2013年チェリャビンスク州の隕石落下/wikipedia

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る