日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト:富永商太

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

織田家 その日、歴史が動いた

伊勢の名門・北畠を謀略で乗っ取れ! 戦ばかりではない織田信長の版図拡大戦略

更新日:

 

「戦国大名」というと、いかにも常に戦をしていそうな気がしますよね。
しかし、常に力尽くの戦いばかりをしていたわけではない人のほうが多数派です。戦をすれば大なり小なり人的・物的な損耗は出ますから、合戦ばかりに没頭していると、いわば赤字になってしまうわけです。
それを防ぐために、いろいろな工夫が必要になってきます。
諜略をしかけたり、政略結婚を持ちかけてみたり、あるいは同盟を持ちかけたり……いずれも、「いかにコストを下げて、敵の脅威を減らすか」「どうやって自分の家を優位にするか」という視点で行われるものです。
あの乱暴なイメージがある戦国大名も、戦だけでなくいろいろな手段を使って勢力を拡大していました。
本日は一つについてのお話です。

天正四年(1576年)11月25日は、三瀬(みせ)の変で北畠具教(とものり)らが殺害された日です。
戦国時代ということを考えても物騒な話ですが、どのような経緯でこうなったのでしょうか。
まずは「北畠家ってどんな家?」というところからいきましょう。

武将

 

ピンチに陥った信長に巻き込まれるワケにはいかない

北畠家とは、伊勢(現・三重県)の大名です。
村上源氏の流れをくみ、南北朝時代には南朝方で後醍醐天皇を助けたという勤王の家でもありました。
「神皇正統記」を書いたのも、北畠親房というこの家の人です。この頃から伊勢の国司(県知事みたいなもの)に任じられ、地元では尊ばれる家となりました。

そんなわけで、室町幕府とは一悶着あったのですが、応仁の乱では京から逃げてきた足利義視(義政の弟)を保護したことがあります。京都に行って戦うことこそありませんでしたが、義理堅いというか、尾を引きずらないというか。

戦国時代には、領土拡大を狙う織田信長とたびたび戦をし、信長の次男・信雄を婿養子に迎えるという条件で講和していました。当主の具房(ともふさ)には男子がいなかったので、家を残すためであれば、悪くはありません。

しかし、この時期の織田家は後世でいうところの“第三次信長包囲網”が敷かれていました。
つまり、北畠家から見れば「もうすぐ滅びるかもしれない家と縁ができたところで、こっちもまとめてやられかねない」わけです。そうでなくても、婿養子を迎えるというのは、よほど妻側が力を持っていない限り、婿側の家に家を乗っ取られる危険があります。

そんなわけで、具房の父である具教は、いつまで経っても信雄に実権を渡さずゴネていました。

 

スポンサーリンク

緊張状態の中で軍事拠点を作るということは

いざ婿に迎えて何もさせなければ、当然、信長の印象が悪くなります。
そうした中で、具教が「よーし、パパ隠居するために新しく城造っちゃうぞ☆」(超訳)と言い出し、工事も始めてしまったので、信長としても放置できなくなりました。
この状況下で城を建てる=軍事拠点を作る=ケンカを売るも同然です。ただの隠居所であれば、適当な土地を選んで、ちょっと良い屋敷を作ればいいのですから。

これにより「あの野郎、まだワシとやりあう気か? そっちがその気なら先に殺ってやんよ!」(超訳)と判断した信長は、具教一派を始末することに決めます。
とはいえ、この頃の信長は長島一向一揆(1574年)で親族を含む多くの将兵を失っており、また長篠の戦い(1575年)で鉄砲を大量に用意していたため、いろいろな意味で良い状態とはいえませんでした。
つまり、戦で北畠家を叩き潰すのは下策ということになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そこで信長は、もっとコストの少ない方法を選びます。具教の元家臣たちに「ちょっと前の主君ブッコロしてこい」(超訳)と命じたのです。
彼らは饗応と偽って具教を誘き出し、織田家に好意的でない親族らもまとめて討ち果たしています。手際の良さがこわい。
続きは次ページへ

 

次のページへ >

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-織田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.