日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

佐野常民が設立した日本赤十字社 深窓のお嬢様たちが活躍するようになった理由とは?

更新日:

 

人間、何か目標を持って行動することは大切です。もし達成できなかったとしても、何かしらの面で学ぶことはできますし、途中で別の目標や生きがいが見つかることもあります。
また、自分では思っても見なかった方向でメリットが出てきたりして、「天の配剤」なり「縁は異なもの味なもの」なりを感じたりもしますよね。
本日はその一例……かもしれない、とある組織のお話です。

明治三十五年(1902年)12月7日は、日本赤十字を創設した佐野常民(つねたみ)が亡くなった日です。

やはり日本赤十字関連の話が有名な人ですが、明治初期のお偉いさんとして、実は他にもいろいろやっていたりします。例によって他のことも絡めつつ、生涯を追いかけていきましょう。

佐野常民/wikipediaより引用

佐野常民/wikipediaより引用

 

藩主に気に入られてお勉強 大村益次郎にも出会う

常民が生まれたのは、文政六年(1823年)。幕末前ながら、まだ江戸幕府が割と平穏だった頃です。
父親が佐賀藩士だったので、前半生は佐賀藩に何かと影響を受けていました。藩医の養子となったことがきっかけで、前藩主・鍋島斉直に気に入られて名付けてもらったりもしています。
いわゆる「殿様の覚えめでたく」というやつですね。

そのおかげで、藩校での学問と同時に、医術を学ぶことができました。本人としても武術や政治よりは学問が性に合っていたようで、結婚した後も京都・大坂・紀伊などで私塾に入って学んでいました。
「奥さんほったらかしはマズくね?」
という気もしますが、その時期には大村益次郎(過去記事:靖国神社に銅像となっている大村益次郎って何者なのさ【その日、歴史が動いた】 )など、明治維新に一役買うようになる人々とも出会っていたりして、全くの無駄でもありませんでした。

しかし、江戸で学んでいた頃に勤王思想に傾きかけ、佐賀藩から「そんな子に育てた覚えはありません! 戻ってらっしゃい!」(超訳)といわれて国元に戻ることになります。
佐賀藩は倒幕派にも佐幕派にも傾かないような態度を取っていたので、将来有望な常民が勤王家になってしまうのはマズかったのです。そりゃそうだ。

大村益次郎像(靖国神社)

靖国神社の大村益次郎像

スポンサーリンク

長崎海軍伝習所の一期生となり、後にパリへ

かくして九州に戻った常民は、幕府が作った長崎海軍伝習所の一期生になった後、西洋式ボイラーの作成に携わったり、海軍関連のことをやるようになりました。

学者さんなのか軍人なのかよくわからん感じですね。これは佐賀藩主・鍋島直正の意向もあったと思われます。
直正は割と思い切った性格の人で、(テンプレのように)隠居してもなお実権を握る父・斉直(なりなお)に堂々と逆らったり、役人を1/5にまで削減&産業奨励で藩の財政を回復させたりしました。
そういう人が上司だったからこそ、常民は多方面の知識をみにつけることができたわけです。元々頭のいい人って、何を勉強しても一通りは身につけてしまうものですし。うらやましい。

次に常民が命じられたのは、パリ万博に参加して西洋の技術を見聞してくることでした。
もちろんその役目もきちんとこなしていますが、最も衝撃を受けたのは、当時発足したばかりの赤十字だったといわれています。

ここから人道的活動にも関わっていくのですが、しばらくは別の仕事をしていました。当時はヨーロッパへ行くにも数カ月かかる時代ですから、直に西洋を見てきた人は貴重な人材。行ってきたからには、個人の意向よりも国のためにその知識を役立てねばなりません。

 

「今こそ、赤十字のような組織が日本にも必要だ」

常民はまず、「ヨーロッパの万博にならって、日本でも国内の技術や製品を展示する会を開こう」と、国内博覧会を開きました。
これが認められてウィーン万博の際も渡航。何かと博覧会の話題で登場するため、常民に「博覧会男」というあだ名がついたといいます。まんますぎw

同時期から政治的な役目にも就くようになり、その中で西南戦争が起こります。戦場の状況を伝え聞いた常民は、「今こそ、赤十字のような組織が日本にも必要だ」と考え、政府に許可を求めます。
が、明治政府からすれば「政府に逆らう奴を助けるとか、頭大丈夫か?」ってなもんで。常民の思い描く組織は実現不可能かに見えました。

しかし、ここで当時政府軍のトップだった有栖川宮熾仁親王(元・和宮の婚約者)が「敵も味方も助けようというその志は素晴らしい」と同意してくれて、常民の申し出を許可してくれました。
熾仁親王は戊辰戦争時も新政府軍のトップを務めていましたので、かつて幕下にいた西郷隆盛や薩摩の兵と戦うことに対し、多少なりとも思うところがあったのでしょう。

有栖川宮熾仁親王から博愛社の設立許可を受ける常民/wikipediaより引用

熾仁親王から博愛社の設立許可を受ける常民/wikipediaより引用

こうして、日本赤十字社の前身である博愛社が熊本で発足。
「日本赤十字」と改称したのは明治二十年(1887年)で、同年に国際赤十字に加盟しました。

発足したきっかけである西南戦争はもちろん、常民の存命中だけでも明治二十一年(1888年)の磐梯山噴火、日清戦争、義和団の乱など、国内外問わず救護活動を行っています。
磐梯山噴火のときは、それまで国際赤十字でもやっていなかった「天災時の出動」を初めて行った例となりました。これにより、赤十字の活動は「戦時及び天災時の人命救護」となったわけです。

 

昭憲皇太后の後押しをキッカケに華族や名家の娘たちが参加

ヨーロッパの王侯貴族が赤十字活動に熱心だったことを受け、日本では昭憲皇太后が率先して赤十字を後押ししています。昭憲皇太后は政治には口を出しませんでしたが、こういった慈善事業や女性の教育については非常に強く関心を持ち、最大の後援者となりました。
これをきっかけに他の華族や地方の名士も赤十字に参加するようになり、イメージが向上していきます。

当初女性の社員が不在だった中、明治二十二年(1889年)には小松宮妃頼子(最後の久留米藩主・有馬頼咸の娘)が参加しました。常民死後の日露戦争では、華族の女性たちが率先して看護婦(当時の表現ママ)として働くようになっています。
それまではいいところのお嬢さんというと、「女学校で教養と品格を身に着けて、できるだけ若いうちに良い家へ嫁ぐこと」が最重視されていましたので、仰天したご両親も多かったようです。

しかし当人であるお嬢さんたちは「女性である自分は戦えないけれど、父や夫、兄弟たちが戦地に行くのだから、私も何か役に立ちたい」と考えた人が多数派だったとか。
日露戦争を舞台とした小説に、看護婦がよく出てくるのもそうした背景があります。別に「明治時代からナース萌えがあった」わけではない……ハズ。

頼子妃も、夫である小松宮彰仁親王が「ヨーロッパのように、我が国の皇族も率先して軍務に就くべきだ」として自ら実行していたため、その姿にならったものと思われます。

1902年の会員認定書/wikipediaより引用

1902年の会員認定書/wikipediaより引用

しかし軍の中には「女日照りの軍隊に、看護のためとはいえ女性が来たらいろいろとマズイ」と考えた人も多かった様子。

赤十字でも「エライ人んちのお嬢さんになにかあったらマズイ」というわけで、当時の看護婦の採用条件に「なるべく年増で不細工な者」(意訳)と書いたくらい、慎重に採用していました。事が起きてから慌てて取り締まるよりはマシなんですかね。

ヨーロッパではナイチンゲール以前、「看護婦は傷の手当と一緒にアレコレしてくれる女性」(※マイルドな表現にしております)とされていたので、それが日本にも伝わって、家族や軍も過剰なまでに心配したのでしょう。
実際にはそうした不祥事は(少なくとも記録上は)なく、日本赤十字の看護婦には、日清戦争後に初めて皇族・外国の要人以外の女性で勲章が与えられるほどの働きをしています。

こうしてみると、日本赤十字は「近代日本で最も早く女性が活躍し、公に認められた組織」といえるかもしれませんね。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:佐野常民/wikipedia

 

お好きな大河ドラマ作品を選べる!





意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.