堺事件は、生麦事件より生々しい? フランス人にハラワタ見せつけた土佐藩士の意地

 

ケンカは、始めることより収めるほうが遥かに難しいものです。
ちょっとした言い合いから始まって、殴り合いや言い合いになったり、謝れずに疎遠になってしまった……なんてこと、誰しも一度や二度はありますよね。
これが国家間となると、最悪、断交や戦争になってしまいますが、当事者あるいは周囲の人々が和解に動けばどうにかなることもままあります。本日は、ほんの150年ほど前にあった、そんなお話です。

慶応四年(1868年)2月15日は、堺事件があった日です。

堺で起きたから堺事件……とはあまりにシンプルすぎて概要が全く伝わりませんが、平たくいえば「生麦事件の堺版」みたいな感じです。つまり、まだまだ西洋諸国との外交慣れしていない状態の日本で起きた、国家間のトラブルということになりますね。
何となくイメージできたところで、詳しいことを見ていきましょう。

 

堺の港に停泊していたフランス海軍デュプレクス

この日、堺港にはフランス海軍の「デュプレクス」という船がやってきていました。
日本に駐在していたフランス副領事と、中国・日本方面担当の司令官を迎えるためです。

遡ることこれより2ヶ月ほど前、大坂ではとある事故が起きていました。
天保山沖にやってきていたアメリカ海軍のボートが転覆し、乗っていた提督(海軍のお偉いさん)を含む数名が溺死してしまったのです。
そのため、フランス海軍は「アメリカの二の舞いにならないよう、どこが深くてどこが浅いのか、波の様子はどうか、調べておこう」としました。平たくいえば、港の測量です。

測量をするのに、一般の水兵の力はあまり要りません。
暇になってしまった彼らは、大坂の町に繰り出して遊ぶことにしました。言葉も通じないのに、恐るべき行動力です。

しかも、かなりテンションが上ってしまっていたらしく、フランス水兵たちは日が暮れても船に帰ろうとしませんでした。
ただでさえ外国人慣れしていない日本人が、警戒し始めるのも仕方のないことです。現代だって、外国人であろうと日本人であろうと、見慣れぬ一団が家の周りでうろついていたら怖いですよね。

住民たちは当時堺の警備を担当していた土佐藩士の警備隊に、「偉人たちがうろついていて怖いので、何とかしてください」と訴えました。

 

仏国公使「何もしていないのにいきなり発砲された」

通報を受けた警備隊は、フランス水兵たちに接触し、船に帰るよう促します。
が、当然のことながら言葉が通じません。仕方がないので捕縛して連れて行こうとしました。

事の経緯が飲み込めないフランス水兵は、これまた当然のごとく抵抗します。そこで土佐藩の隊旗を奪うという無礼に出てしまいました。(ノ∀`)アチャー

言葉が通じないとはいえ、軍や国の旗を奪うというのは、相当失礼な行為です。しかもそれだけではなく、フランス水兵たちが逃げようとしたため、警備隊はやむなく発砲しました。
銃撃戦の末、フランス水兵に多数の死傷者が出てしまいます。海に突き落とされて、溺死した者もいたようです。

非はもちろんフランス水兵にもありまたが、仏国公使レオン・ロッシュたちは「何もしていないのにいきなり発砲された」と受け取り、日本側へ下手人の処罰その他の処分を求めます。
フランス水兵の葬儀を神戸居留地で執り行った際、ロッシュは弔辞として「私は諸君の死の報復をフランスと皇帝の名において誓う」と言っていましたので、静かに怒りを燃やしていたようです。

一方、日本側の当事者の上司である土佐藩主・山内容堂は、京でこの事件の知らせを受けました。
たまたま京の土佐藩邸には、イギリス公使館職員アルジャーノン・ミットフォードが滞在しており、「この件に関わった藩士はきちんと処罰する、とフランス公使に伝えてほしい」と頼んでいます。ミットフォードはただちにロッシュに連絡を取り、日仏間で解決のために動き始めます。
ロッシュは在坂中の各国大使と話し合った上で、下手人斬刑・陳謝・賠償などを求める抗議書を提出しました。

事件を描いた「ルモンド・イリュストレ紙」の挿絵/wikipediaより引用

 

戊辰戦争真っ只中の日本側は強気に出ることができず……

時折しも戊辰戦争の真っ最中。
明治新政府の軍はほとんど関東へ行っており、話をこじらせるわけにはいきません。もし砲撃でもされたら、堺や大坂の町が焼け野原になってしまいます。そうなれば、佐幕派が「何だ、官軍なんて大したことないじゃないかwww」と勢いづくおそれがあります。
そのため、仕方なくフランスの要求を呑むことになりました。

しかし、三条実美や岩倉具視が「フランスの言い分をそっくりそのまま呑めば、世論が攘夷に傾いて今後に支障を来す」として、落とし所を探るべきだと主張。
こうして政府代表の外国事務局輔・東久世通禧、外国事務局掛・小松帯刀、外国事務局判事・五代友厚らがフランス側と交渉を重ねました。
朝ドラ『あさが来た』で一躍話題になった五代友厚もこの場にいたんですね。だから歴史は面白い!

最終的に隊士全員ではなく、隊長以下二十人を処刑することで、話はまとまりました。
隊長を含めた4人がまず死刑と決まり、他の16名は隊員の中からくじ引きで選んでいます。
くじ引きは土佐稲荷神社(現・大阪府大阪市西区)で行われました。室町幕府の六代将軍・足利義敎のときもそうですが、昔はくじ引きそのものが神様の意志を尋ねるものとされていたので、必ずしもテキトーな方法ではないのです。
結果、隊長の箕浦を含め、20~30代の壮年20名が決まりました。

処刑は、事件から8日経った2月23日、堺・妙国寺で執行されました。
フランス側からの立会は、艦長アベル・デュプティ=トゥアール以下水兵たち。ここで土佐藩士たちは、最後の最後でフランス相手に意地を見せつけています。

なんと腹を切った後、自らの腸を掴みだして恫喝したというのです。
元々、土佐藩士たちは職務に忠実な人々でした。
彼らの横行を糺しただけ、という無念さが拭えなかったのでしょう。

 

堺事件ではフランス側の記録にあった切腹の描写

そもそも切腹で腹を切り裂き、中から臓物を引きずりだすことなど、医学的に可能なのか?
これに対し、当サイトの歴女医・馬渕まり先生は「出血によるショックで途中で気を失う可能性は否めないが、相当な気合とテンションで乗り越えることもできる」という趣旨の見解を切腹の記事で書かれております。

実はこれと同様のケースが、織田信長の息子・信孝でもありました。
信孝は腹を切った後に壁に向かって臓物を投げつけ、切腹を命じた豊臣秀吉相手に怒りの辞世の句を詠んだというものです(同じくまり先生の切腹記事に記されておりますので興味がありましたらそちらへ)。同エピソードは否定される方も多いですが、堺事件のときはフランス側の記録があるため、おそらく事実でしょうね。

トゥアール艦長もさすがにショックが大きかったようで、フランス側の死者と同じ11名の土佐藩士が切腹したところで、処刑中止を要請しました。
日本側もこれを受け入れ、残りの9名が助命されています。

艦長は「帰路で他の藩士に襲われることを懸念した」ともいわれていますが、本人の日記では「このような処刑では、戒めではなく侍の英雄視につながってしまうから中止させた」としているそうです。
おそらくフランス側としては、フランス革命でのギロチンのような大量処刑をイメージしていたのでしょう。あれは罪の有無や大きさよりも、見せしめや復讐の意味が大でしたから、同事件の処理でも似たような効果を期待していたところ、実際に切腹を目にしてみて、これはそうではないことに気付いた……というところでしょうか。

その後、明治天皇からもロッシュへ謝罪と朝廷への招待を兼ねた使者が立ちました。
ロッシュは「犠牲者と死刑執行済みの人数が同じになったので、他の9名は助命してかまわない」と伝え、招待にも応じています。
ロッシュの参内時には明治天皇が直接謝意を伝え、無事に国家間の問題としては解決しました。
もしかしたら、この経験が大津事件のときにも生かされたかもしれませんね。堺事件のとき、明治天皇は16歳という多感な年齢でしたから、強く印象に残ったことでしょう。

 

大坂では切腹した11人を「ご残念様」と呼び、参詣する者絶えず

この間、処刑を免れた9名は熊本藩や広島藩に預けられていました。
彼らにはロッシュの参内が済んだ後、土佐の入田(現・高知県四万十市入田付近)への流罪が決まります。

「国のために異人と戦ったのに」ということで当初は納得できなかったようですが、「朝廷からのお達しだし、そんなに長くならないようにするから」ということで、何とか流罪を了承させたのだとか。
流罪なのに自国内、しかも袴・帯刀・駕籠つき、かつ庄屋の宇賀佑之進預かりという扱いだったので、江戸時代の刑罰でいえば「所払い(元々住んでいたところから追放する)」くらいの感じでしょうか。

流罪というと「死刑よりちょっとマシ」「島流し」というイメージがありますが、実際にはそうとも限らず、いくつかの段階に分かれていました。江島生島事件の絵島も流刑になっていますが、離島ではなく、高遠藩(現・長野県伊那市)での幽閉になっています。

とはいえ、絵島は生活の大部分に厳しく制限を加えられていました。堺事件の生き残りたちはおそらくそこまでの扱いにはなっていないと思われます。
「異性絡みのスキャンダルより、外国人をブッコロしてしまった罪のほうが軽いの?」と考えると、なんともスッキリしませんが、その辺は当時の社会通念・事の経緯・感情といった面が主な理由です。

それを示す逸話として、こんなものもあります。
事件の舞台となった堺、そして大坂では、「土佐の攘夷が大当たり」などとはやす歌がはやり、切腹した11人を「ご残念様」と呼んで、お墓に参詣する者が絶えなかったそうです。
また、助命された9人は「ご命運様」と呼ばれ、彼らの処刑後に遺体を入れられるはずだった大がめに入って、幸運にあやかろうとする者もいたとか。それもどうよ。

流罪になった9人は、明治時代に入ってから正式に恩赦が出て、自由の身になりました。
それまでに病死してしまった人もいたそうなので、全員とはいきませんでしたが。
日本が欧米と対等に付き合えるようになるまでには、堺事件のように日仏双方でも多大なる犠牲があったんですね。

長月 七紀・記

参考:堺事件/wikipedia

 


【当サイトの人気記事】
桶狭間の戦いの最新研究も含めた織田信長の生涯!




関連記事

コメント

    • アニィたかはし
    • 2017年 2月 18日

    いつも楽しみに読ませていただいております
    妙国寺は我が家から自転車圏内で何度か訪れたことがあります
    大きな碑と由来を示す看板が立っていて、足を止めてみてる人も
    多数見かけます、それと記事とは関係ありませんが
    この妙国寺には、信長さんをビビらせたソテツが現存しています

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る