日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

その日、歴史が動いた 徳川家

水野勝俊は優等生!? 戦国一の暴れん坊の息子はどんな人生を送ったか

更新日:

 

親子って、どこかしら似るものですよね。
顔がそっくりということもあれば、ちょっとした習慣が似てきて「そういえば、親もそうだったな」と自覚したり、他の人に言われたり……年を取れば取るほど、そういうことが増えるように思います。
歴史上の人物の場合、顔のほうは確かめようがない時代のほうが多いですが、性格については「ホントにあんたら親子?」と思ってしまうこともありますね。
本日はその一例かもしれない、とある大名のお話です。

承応四年(1655年)2月21日は、福山藩二代藩主・水野勝俊(かつとし)が亡くなった日です。

藩主としてよりも、あの水野勝成の息子、といったほうがイメージしやすいでしょうか。
トーチャンのほうは徳川家康のイトコながら、エクストリームな出戻りかつ長命などなど、エピソードに事欠かない人物ですけれども、水野勝俊とはどういう人だったのでしょう。

水野勝俊/wikipediaより引用

 

後藤又兵衛と戦ったり真田幸村の攻撃を守ったり

勝俊が生まれたのは、慶長三年(1598年)。父がまだ放浪中のときでした。
なんせトーチャンと来たら、大喧嘩の末に実家の水野家を追い出され、豊臣秀吉やら黒田官兵衛やら佐々成政やら、名だたる大名のもとをいくつも転々とし、暴れん坊の名を欲しいままにしていた御方です。よくその立場で子供を作ろうと思ったものですが、勝俊の母の身分からすると「なるようになった」という経緯だったのでしょうか。
父が徳川秀忠に仕えはじめた頃、母とともに江戸に呼び寄せられ、武士として公式デビューを果たしています。

大坂の役では冬・夏ともに参陣し、特に夏の陣では手柄を挙げました。父の隊が後藤又兵衛隊と戦ったり、真田幸村が家康を急襲したときに背後を塞いだりしているので、おそらく勝俊もこのどちらか(あるいは両方)で御首の一つや二つ取ったのでしょう(ちなみに勝成は、家康に「前へ出るな!」と厳命されているにも関わらず後藤又兵衛との戦いでは一番槍の功を挙げたりしてますw)。

幕藩体制が確立し、福山藩に封じられたときや、島原の乱に出陣したときなども、父に従って動いています。親子間で目立ったエピソードはありませんが、一言でいえば「よくできた息子」という感じですね。

福山藩は、元は福島正則の領地だったところです。正則が広島城の無断で修築したことによって改易されたとき、領地がいくつかに分割され、そのうち福山藩が水野家の領地となりました。
父は放浪していた頃、福山周辺にいたため土地柄に詳しかったため、ぜひにと幕府にかけあって封じられたのだとか。それだけにやる気も大きく、入封直後からさっそく城や町、灌漑設備などの整備に力を注いでいます。

父の建てた福山城

 

スポンサーリンク

領民への気遣いはハンパなし

勝成は74歳で島原の乱に出陣するほど身体頑健だったため、勝俊への家督相続はかなり遅くなりました。
寛永十六年(1639年)にやっと代替わりしましたが、それでも父はまだまだ元気だったため、息子に対し藩政にアレコレ口出しすることもあったようです。
親父としては息子を助けてやろうという気持ちもあったのでしょう。しかし、こういう状態が続くと、家臣たちも「ご隠居派」と「当代派」みたいな感じに分かれて争いの元になったりするので、あまり好ましくありません。
トーチャンにとっては40過ぎても息子は”子供”だから心配だったのでしょうが、まさにありがた迷惑。

とはいえ、文字通り父の背中を見て行動してきた勝俊です。父の気持ちや方針をよく理解しており、内政や文化の振興に力を注ぎました。
元々母の身分が低い上、小さい頃から苦労して育ったためか、領民への気遣いは異常なレベル(褒め言葉)です。
福山で大きな火事があったときは、「再建を急がせると町民が迷惑するから、急かさないように」と命じているほどでした。これだけで苦労ぶりがうかがえますね。

不作続きのときには年貢の減免などもしていますし、家中でも倹約をいいつけ、福山藩士は木綿の着物を常用していたとか。
あまり倹約を強いると下からの評判は悪くなるものですが、勝俊が亡くなった際の殉死者が7人もいることからして、かなり慕われていたようです。
勝俊が亡くなった頃は法的に殉死が禁止されてはいなかったのですが、大名の中には「わしの後を追うより、息子に仕えてやってくれ」と言い遺す者も増えていた時期ですので、やはり人徳でしょうね。
息子・勝貞や孫・勝種も寺社へは手厚く保護をしているので、信心深い家系というか、そういう家訓があったのかもしれません。

風来坊の勝成が戦国時代を常に最前線で生き抜き、そして福山藩を治め始めてからはそのナリを潜めて名君と称されるようになっていたことを考えると、息子の勝俊もまた名君と呼ぶに相応しい人物だったのでしょう。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【関連記事・参考】
勝俊さんの父→水野勝成こそ最強武将! 徳川家康のイトコながら各地を流浪したリアル傾奇者の生き様とは
勝俊さんの甥っ子→旗本奴・水野成之の懲りない最期! 誰かと思えば、祖父はリアル傾奇者・水野勝成さんでした
水野勝俊/wikipedia 水野勝成/wikipedia

 



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.