日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町

山名宗全(山名持豊) 応仁の乱で西軍大将となった武人の器量とは?

更新日:

 

西軍大将・山名宗全(山名持豊)

組織にとって、構成員の一人一人の才覚と同じくらい、いや、それ以上にリーダーの器は重要な事でしょう。
いざという時に頼りになるリーダーなら、普段ダメなところがあっても許せてしまいますよね。歴史的には残念ながら、いざというときダメの方が目立ってしまいますが……。
本日はどっちと言い切るのが難しそうな、とある大名のお話です。

文明五年(1473年)3月18日は、応仁の乱開始当初の西軍大将・山名宗全(山名持豊)が亡くなった日です。

「宗全」は後々出家してからの名前なんですが、こちらのほうが有名なので統一しますね。

『本朝百将伝』の山名宗全/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

嘉吉の乱ではキレッキレ! すぐさま討伐軍を起こす

山名家は源氏の一門で、新田家の支流にあたる家です。新田氏の祖である源義重の異母弟・山名義範が始まりとされています。
新田家が足利家の支流なので、山名家もまた足利家の親戚ということになります。

その山名家で三男だった宗全は、長兄が夭折し、次兄が六代将軍・義持の怒りを買って廃嫡されたため、29歳で家督を継ぐことになりました。
最盛期に比べれば山名家の権勢は落ちていたものの、幕府の中でも順調に出世していきます。

そして、宗全にとってある意味大チャンスだったのが、嘉吉元年(1441年)に始まる「嘉吉の乱」という一連の出来事です。
同乱のキッカケとなった、赤松満祐による七代将軍・義教暗殺。その時に同席していたのです。宗全は抵抗せずに一旦屋敷を出て、満祐を討伐する軍を起こすという手際の良さを見せました。
冷静すぎて怖いんですが……もしかして……グル?

いずれにせよ、観応の擾乱で室町幕府における将軍の立場が危うくなりかけ、三代・義満が権威を取り戻したのが、再び地に落ちた感じですね。尊氏涙目(でも半分はアンタのせい)です。

この間に出家し、持豊から宗峯、後に宗全と改名。しかし、頭を丸めたくらいでおとなしくなるわけがないのは「守護大名・戦国大名あるある」です。宗全も力ずくで赤松家の領地をぶんどったりして、山名家の領地を「六分の一殿」(全国の1/6を領地にしているくらいの家)だった最盛期に匹敵するほどまで拡大させました。仏様そろそろ仕事して。

 

武人肌だったので政争は得意にあらず

一方、宗全は典型的な武人肌タイプで、政争はあまり得意としていませんでした。そのため、政略結婚を用いることによって、家の立場を確固たるものにすべく動いています。
嘉吉の乱で殺された同族・山名熙貴(ひろたか)の娘二人を養女とし、一人は中国地方の雄・大内教弘に、もう一人は(後に応仁の乱で敵対する)管領の細川勝元に嫁がせました。

その後、これまた室町幕府のお偉いさんの一角・畠山家でお家騒動が起き、宗全と勝元が幕府の実質的なトップに浮上。しかし数年のうちに、今度は宗全自身が八代将軍・義政と対立し、一時は討伐軍を起こされるほどになりました。
このときは勝元の取りなしで、宗全の隠居と引き換えにお咎めなしとなった……のですが……。

ここで赤松満祐の甥・則尚が「ウチの領地返せよ!」と宗全の孫・政豊を攻めたことで、また話がこじれてきます。まあ、先に土地をぶんどったのは宗全だから仕方ない。
宗全はこのころ但馬(現・兵庫県北部)にいたため、多少のタイムラグはあったものの、援軍に赴いて則尚を破りました。
この件もあり、宗全は隠居から四年で京に戻ることを許され、幕政に再び参加しています。

しかし、畠山家への対応について、今度は嫡子の教豊と対立することになってしまいました。「よその騒ぎが原因で自分の家が仲間割れする」とか、もうこれワケわかんねえな。

話はもちろん、これで終わりません。別のお偉いさんである斯波家の家督争いでは、娘婿である細川勝元と対立。それでいて、応仁の乱の一因である文正の政変では勝元と協力して、別のお偉いさん二人を失脚させています。
「お前ら仲がいいのか悪いのかどっちなんだよ」と、当時の人々もさぞツッコミたかったことでしょう。

結果として仲良くなるわけもなく、あっちこっちで武力衝突が始まって応仁の乱になだれ込んでいきます。

 

66歳になっても具足を付けて戦うが病には勝てず……

義政の弟・義視を担ぎ上げ、宗全は実質的に西軍の旗頭となりました。
最初は劣勢でしたが、大内政弘と合流してからは一進一退の状況が続きます。

が、齢(よわい)すでに60代になっていたこともあり、一時は自害も考えたほど手詰まったようです。
この頃「宗全が東軍に降伏しようとしている」「山名家の人間が東軍に寝返った」などの噂が立ったほどで、おそらくは周囲がそう思ってしまうくらい、宗全が気弱になっていたことがあるのでしょうね。

宗全は「赤入道」というあだ名を持ち、気性の荒さがうかがえる逸話が多い一方で、部下に対して思いやりを見せた話もあります。良くも悪くも情が濃いタイプだったのでしょう。
となると、気弱になったときの落ち込みようも何となく想像がつきますね。
同じ頃、嫡子の教豊に先立たれ、親族(息子説もあり)の政豊に家督を譲っていますので、その辺も関係したかもしれません。

応仁の乱/wikipediaより引用

応仁三年(1469年)=66歳のときには自ら具足を付けて敵兵を追い払ったことがあるのですが、その後さほど時を置かずに重度の中風になり、花押(大名のサイン)を書けないほどになっていました。中風は脳血管障害の後遺症とされていますので、手が不自由になるのもうなずけます。
後年の話ですが、島津歳久も中風のためにうまく腹を切れず、苦しんだ……とされていますね。

おそらく、宗全も日頃のあれこれが思うようにならず、悶々とした気持ちを抱えていたことでしょう。それを反映してか、この頃も「宗全は和平を望んでいる」という噂が立っています。
これ、戦がイヤになった西軍の誰かが、大将の病気にかこつけて故意に噂を流してたんじゃないですかね……。だとしたら高度な情報戦がこんなところにも。

いずれにせよ、宗全の命は、応仁の乱が始まって6年後の文明五年(1473年)まで持ちこたえました。
それ以前に切腹未遂した時の古傷が原因とも、このときに改めて腹を切ったともいわれていますが、寿命や病気であってもおかしくはありません。

その後、間もなく細川勝元も亡くなり、応仁の乱をおっ始めたメンバーが揃って世を去っても戦乱は終わらず、むしろ戦国時代となって激しさを増すのは皆さんご存じの通り。
後始末や落とし所まで考えてから戦を始めないと、拡大するばかりだ……ということですかね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:山名宗全/wikipedia

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.