日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

その日、歴史が動いた 江戸

大老・老中・若年寄の違い、ご存知ですか? 細分化された江戸幕府の役職

投稿日:

 

大老・老中・若年寄のオシゴトとは?

最初は盤石に見えたものでも、時の流れとともに実情とそぐわなくなることがあります。
源頼朝が鎌倉幕府を開いた直後は「公家より武家が政治をやったほうがいい」という機運が最高潮だったかもしれませんが、やがて潰れて次に迎えた室町幕府はすぐに崩壊しますし、盤石を誇った江戸幕府だって、結局は外圧を機に終焉してしまいますよね。
ただそれでも、江戸幕府の安定感は、鎌倉&室町と比べて圧倒的だったでしょう。同じ武家政権なのに、なぜこうも違いが出たのか? それは幕府内の「変革」度合いに依る――と個人的には考えています。
本日は、こうした一連の動きを示す、江戸幕府が行った改革……というか新しく導入した役職のお話です。

寛永十年(1633年)3月23日は、三代将軍・徳川家光が松平信綱らの側近六名に「小さなことはお前たちで相談して決めろ」と命じた日です。

これだけだと「何のこっちゃ」という感じですが、この六人が後に「若年寄(わかどしより)と」という役職の元になりました。

 

スポンサーリンク

若年寄は「旗本&御家人」の管理を行う

若年寄とは一体なんなのか?
現代では老中や大老ほどの知名度はありませんが、幕府にとっては欠かせない存在でした。
というのも若年寄は、旗本や御家人など、幕府に直接仕える武士を統括する役目だったからです。
学校に例えるとすれば、将軍が校長先生、老中が教職数十年のベテラン、若年寄が学年主任の先生、そして旗本や御家人が生徒というワケです。

具体的に若年寄は、以下のような統括役を果たしていました。

・書院番(しょいんばん)

将軍の親衛隊です。
三交代制で警備を務め、将軍外出の際には警備も行いました。
江戸時代中頃までは、書院番の中から駿府城代役が出ています。

・小姓組(こしょうくみ)

仕事内容はおおむね書院番と同じですが、駿府城代はやりません。
……ぶっちゃけ、後世から見ると何でこの二つを分けたのかがよくわかりません(´・ω・`)

・目付(めつけ)

幕閣・大名から旗本・御家人まで、ほぼ全ての武士の職務態度を監視する役職です。
老中であっても、施策を実行するときには目付の同意が必要でした。立場の上下と権限が一致しない、って結構ややこしいですよね。

・使番(つかいばん)

戦国時代の伝令や使者から派生した役職です。
島原の乱以降は戦での仕事がなくなってしまったため、遠国奉行(天領=幕府直轄地の代官)などの監視役となりました。

こんな感じで、若年寄は「将軍のお膝元から遠国までの連絡・監視役を取り仕切る役職」だったといえます。
若年寄からさらに出世して老中になることもありましたが、地方の情勢を知ることができた若年寄としての経験が生きる場面も多かったでしょうね。
ついでに、老中や大老のこともざっくりと確認しておきましょう。

 

老中……大目付や駿府城代、朝廷・公家の監視など

「宿老」「年寄」ともいいます。もちろん、おじいちゃんばかりがやっていたわけではありません。
江戸城下の市政や治安維持を行う大目付・町奉行から、遠国奉行・駿府城代といった遠方の役人、そして朝廷・公家・寺社・大名を統括するのが仕事でした。
家光の治世後半からは、ひと月ごとに実務担当者を交代するようになっており、これを「月番の老中」といいました。
幕末も押し迫った慶応三年(1867年)に月番を廃止し、現在の総理大臣と各大臣のような体制が作られたのですが……遅すぎ。

「老中首座」と呼ばれる代表格が置かれています。幕末でよく出てくるアレです。
他に「取次の老中」といって、各大名家と幕府とのお付き合いをスムーズにするためのアドバイスを行う人もいました。
創作物ではそこまで立場を明らかにしていないことが多いので、「老中=幕府でなんでもできるくらいエライ人」というイメージがついている気がします。

老中は基本的に午前10時から午後2時くらいまで江戸城で仕事をし、帰宅という生活をしていました。この時間であれば季節を通して明るいですから、そういった面でも支障がないと思われたのかもしれませんね。
しかし、トラブルなどがあると、朝の四時や五時あたりから自宅に外様大名の使者や留守居役がやってくるので、決して楽な仕事ではありませんでした。むしろ、家に帰った後いきなり仕事が舞い込んでくることも珍しくない……と考えると、現代の管理職と同じかそれ以上の可能性も……。

駿府城東御門

 

大老……酒井・井伊・堀田の三家しかなれない最高職

教科書でもほんの数人しか出てきませんが、そもそも常に置かれていた役職ではありません。
江戸幕府初期のころ、徳川家の血縁者で信頼の厚い者が政務へのアドバイザーを行っていたのを、役職化したものです。名誉職ともいえますね。

家光が「我が右手」と呼んだ酒井忠勝と、(多分)叔父にあたる土井利勝を大老に任じたのが始まりです。
そのため、忠勝の家である酒井雅楽頭家・土井家と、譜代の中心格である井伊家・堀田家しか大老にはなれませんでした。

また、正式に大老に任じられたわけではないのですが、四代・家綱時代の保科正之などは大老に近い立ち位置だったといわれています。
その他、五代・綱吉の側用人から出世した柳沢吉保は、「大老格」として同等の扱いを受けたことがあります。

いわゆる「鶴の一声」が可能な立場であったからか、恨みを買うことも少なくなかったようで、大老在職中に殺害された人が二人います。
一人は綱吉時代の堀田正俊です。施政上の見解の相違で、親戚の稲葉正休に城内で殺されています。

もう一人はいわずもがな、幕末の井伊直弼ですね。
いつの時代も、お偉いさんにはお偉いさんなりの苦労があるものです。

時代劇の悪代官たちも、日頃は政務で胃や頭を痛めた末に悪行に走った……と考えれば、少しは許せ……ませんな、やっぱり。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:若年寄/wikipedia 老中/wikipedia 老中格/wikipedia 大老/wikipedia

 

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 江戸

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.