日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

日本の狩猟文化を振り返る「肉食」が育たなかったのは奈良時代の規制がキッカケ?

更新日:

目的を達するためには、ときに遠回りをしなければならないこともあります。「急がば回れ」「急いては事を仕損じる」というやつです。
スピードが求められる現代では、あまり歓迎されない考えでしょうか。
時間の流れに余裕があった時代ほど、遠い先のことを考えていたのかもしれません。
本日はその一端が垣間見えるような、とある規制のお話です。

天武四年(675年)4月17日は、日本で初めて狩猟&漁獲制限・鳥獣保護が法律によって定められた日です。

受験でよくある「○○法」といったものがないので、ちょっと話をしづらいのですが……こまけえこたあいいんだよということで。

 

稲を育て、もっと多くのコメを納めて欲しいから

年号の通り、このときの天皇は天武天皇です。
信仰心の篤い人ではありましたが、このとき狩猟制限が設けられたのは、宗教的というよりも実利的な理由によるものです。もちろん、現代のような動物愛護という観念でもありません。

では何かというと
「稲を育てて米をたくさん納めてほしい」

「春から秋は畑仕事に専念してほしい」

「(ピコーン!)そうだ、狩猟を制限すれば、みんな畑仕事に集中するよね!」
という発想によるものでした。なんつーか、単純……。

このとき狩猟が制限されたのが4~9月で、10月~翌年3月までは禁じられていないことからも、この方針はよくわかります。
上流階級の文化水準はどんどん上がっていきましたが、一般民衆の生活レベルは長い間変わっていなかったということも伝わってきますね。法で禁じなければ、農耕・狩猟・漁獲・採集を全部やって食べている人が多かったということになりますから。

 

スポンサーリンク

田畑を荒らす猪と鹿は食べてもOK

このとき狩猟を禁じられた動物の種類からも、当時の価値観がうかがえます。
「牛・馬・犬・猿・鶏は食べてはならない」ということになっていたのですが、この理由が実にリアルというか実利的というか、わかりやすいのです。

いわく「牛や馬は農業や物の運搬に役立つし、犬は番犬に使える。猿は人に似ているから食べちゃダメ。それから、鶏は朝鳴いて人間を起こしてくれるからダメ」というように、「これこれの理由で役に立つ動物は食べちゃダメ」と決められていたのです。
当時の生活を思えば、どれも納得できてしまう理由ですよね。
逆にいえば、当時の日本でこういった動物の肉食が珍しくなかったということにもなりますが。

この後、仏教が広まるにしたがって、肉食はタブー視されていくわけですが、食べてもいいとされる動物も何種類かいました。
特によく食べられていたのは、猪と鹿です。

現代でもたまにニュースになりますが、この二種は畑や田んぼを荒らしてしまうので、「獲って食べておk」ということになっていました。狩りのやり方については規制がかけられていますが、食べること自体は禁じられていません。

また、この規制は動物の生息数を適当なレベルで保つことにもなりました。山菜だって、根こそぎ採ったら翌年以降採れなくなってしまいますものね。
明治時代あたりまで、日本で動物の絶滅があまりみられなかったのも、こういった考え方があったからなのかもしれません。

ただ、江戸時代でも、場合によっては牛を食べていたことがわかっています。
「彦根藩では、牛肉の味噌漬けを薬として将軍家に献上していた」
「徳川斉昭も好物だった」
「しかし藩主が直弼になってから『牛を殺すな』というお触れが出て、作れなくなったため斉昭は直弼を恨んだ」
(そして斉昭vs直弼の対立へ)
……なんて話があるくらいです。食べ物の恨みコワイ。

他に、明治時代になって牛鍋がブームになってからも嫌がる人に、「体にいいから」と言って食べさせたらハマってよく食べるようになった……なんて話があります。
「肉食は滋養強壮に良い」という概念は、広い範囲にあったのかもしれませんね。

 

家康だけでなく織田信長にも愛された鷹狩

日本史の「狩り」といえば、ちょいちょい出てくるのが鷹狩り。
武家のやるものというイメージがありますが、実は古代の皇室でも行われていました。
やはり仏教の浸透によって「遊びで殺生をするのはいかん」ということになり、皇室では廃れたようです。

公家の間では続けられていましたが、やがて武家が政権を持つ時代になると、「鷹狩りを定期的にやることは、武術の訓練にもなる」とみなされました。
最も有名なのが徳川家康でしょうか。
詳細は
【関連記事】竹千代から徳川家康へ 不遇の時代を耐えた幼き頃の懊悩と鷹狩の話
にお譲りますが、ほかにも織田信長の生涯を記録した『信長公記』でも鷹狩の記述はたびたび登場します(同じぐらい相撲大会も登場)。

鷹を持つ徳川家康像/photo by 戦国未来

蛇足ながら、幕末~明治維新期で有名なのが西郷隆盛でしょうか。
鷹狩ではありませんが、太り過ぎた隆盛に対し、運動不足の解消として医師が狩猟を進めた――という話もあります。
当時は東京都内でも十分に狩りができたんですね。

さらに明治時代になって武家が表舞台から去った後は、明治天皇の以降で一時鷹匠の育成が試みられたものの、残念ながら根付きませんでした。
しかし、その技術は民間の鷹匠に伝えられ、今に至っています。

また、同じ頃に東北のマタギに鷹狩の技術が伝えられたともいわれています。
おそらく東北の大名たちのお抱え鷹匠の技術と、皇室を通して伝わった技術と、両方の系統があるのでしょうね。

最後にもう一つ、特徴的な狩りとしてアイヌの儀式をご紹介しましょう。

 

アイヌに伝わる「イオマンテ」

アイヌには、「イオマンテ」という、熊を特殊なやり方で狩る方法がございます。
「イヨマンテ」あるいは「熊祭り」と表記されることも。

通常の狩りであれば、獲物を仕留めてすぐさばいてしまいますが、イオマンテの場合は違います。
まだ春になりきらないうちに、冬眠中のヒグマを探し、冬ごもりの間に生まれた子熊を連れて帰って、人間と同じように育てるのです。
最初は人間の子供と同様に、同じ家で過ごすのだとか。ヒグマに関する諸々の事件を知っていると、とても信じがたい話ですよね。
大きくなってからは、流石に専用の小屋に移すそうですけれども。

そうして一年から数年育てた後、村を上げて盛大な儀式を行い、ヒグマを〆てその肉や毛皮をいただくのだそうです。
これは「カムイ(精霊)がヒグマの姿を借りてやってきてくれたので、しばらくもてなした後、見送りの宴をする」とみなされているのだとか。
そして、ヒグマの肉や毛皮はもてなしの礼に「置いていってくれる」ものなのだそうです。

「一度地上でもてなされたカムイは、再びヒグマの姿で地上にやってきてくれる」
「天に帰ったカムイは他のカムイにも地上の良さを伝え、多くのカムイが肉と毛皮をまとってやってくる」

アイヌの人々はこうした認識でカムイをもてなし、毛皮や肉をありがたくいただくことで、村はどんどん豊かになれる……と信じられていました。

イオマンテで供物を捧げるアイヌの男性たち/wikipediaより引用

こういうのも何ですが、「飼い慣らした動物を数年経ってから〆る」というあたりは、狩りというより畜産に近いかもしれませんね。
縄文時代には、本州でも猪を使って似たような祭祀が行われていたそうですよ。アイヌの人々も当初は本州から猪を連れて行って、イオマンテの元になるものをやっていたのだとか。

北海道の大型動物といえばエゾシカもいますが、エゾシカはアイヌにとって日常食だったため、こうした儀式の対象とされなかったようです。

北海道から南の狩りとアイヌの狩りではだいぶ異なる性格を持ちますが、「そのときだけでなく、ずっと食料を得られますように」という願いは同じように思えます。
現代でも、食事をするときはそれぞれの命に感謝していただきたいものですね。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:天武天皇/wikipedia 鷹狩/wikipedia イオマンテ/wikipedia

 

お好きな大河ドラマ作品を選べる!





意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.