日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた 藤原家

藤原安子は嫉妬に狂った鬼嫁ではない なんだかんだで愛情深い美人では?

更新日:

昔の人やできごとの話を聞いたとき、記憶に残るのは「一番強烈なエピソード」ですよね。
しかし、それは割合にしてほんのわずかであることが珍しくありません。一般的に知名度が低い部分を繋ぎ合わせると、全く違うことが見えてくるケースもあります。
本日はその一例に含まれそうな、とある女性のお話。

応和四年(964年)4月29日は、村上天皇の中宮だった藤原安子が亡くなった日です。

中宮というと、朝廷での「女の戦い」における中心人物……という気がしますが、彼女もご多分に漏れず、強烈なエピソードを持っています。
とはいえそれだけだと何なので、いつも通り一生を追いかけていきましょう。

 

藤原芳子の美貌と長い髪 嫉妬に震える安子が爆発

安子は、延長五年(927年)に生まれました。父親は藤原師輔(もろすけ)といい、頭脳明晰で知られた人でした。

その一方で(生涯独身が原則の)内親王に通いつめ、臣下で初めて降嫁を許されたという人物でもあります。安子の母親は内親王ではありませんが、師輔の出世が早かったため、13歳で成明親王(後の村上天皇)に入内しました。

そして安子19歳のときに村上天皇が即位し、安子も皇太子妃に。
さらに23歳で後の冷泉天皇を生み、31歳で中宮となり……と、絵に描いたような順調な出世ぶりでした。

そんな安子にも、「強烈なエピソード」という名の波乱が一つだけありました。

歴代の天皇の例に漏れず、村上天皇も多くの妃を抱えています。その中に、安子のいとこである藤原芳子(宣耀殿女御)という人がいました。
彼女は顔立ちの美しさもさることながら、当時の美人の第一条件である「非常に長い髪」を持っていたといいます。一説には、「車に乗って出かけようとすると、本人が既に車内にいるにもかかわらず、まだ髪が寝殿にあった」とか。
さすがに誇張でしょうが、「身の丈」どころではない長さの髪だったのでしょうね。それを支えられる頭皮がスゴイなぁ。

通常であれば后妃同士はあまり顔を合わせることはありません。
しかし、ある日、安子がたまたま芳子の顔を見てしまうと、あまりの美しさにジェラシーを爆発させ、食器のかけらを投げつけてしまうほど怒ったそうです。
……個人的には「なぜそんなものが中宮ともあろう人の身近にあったのか」ということのほうが気になりますが、当時の人はそうではなかったようです。

これを聞きつけた村上天皇は、いくら寵妃とはいえさすがにご立腹。安子の兄弟たちに謹慎を命じます。
しかし、安子が直談判して、すぐさま撤回させてしまったのだとか。

村上天皇/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

本当に鬼嫁なの? むしろ愛情深い美人では?

この話からすると、安子はとんだ「鬼嫁」ですよね。
ですが、安子は村上天皇の后妃で一番子供を産んでいます(三男四女)。芳子との逸話がいつ頃のことなのか、そもそも事実なのかは分かりませんが、村上天皇の寵愛が消えることはなかった……という可能性が高いですよね。

それを裏付けそうな点があと2つあります。

1つは、安子が亡くなったその年の秋に、村上天皇が詠んだこの歌です。

「秋風に なびく草葉の 露よりも きえにし人を なににたとへん」
そのまんまな歌なので意訳はしませんが、亡くなってから半年程度経ってからも、露のように儚いものを見て思い出したということは、安子にもそういった嫋やか・なよやかな一面があったのでしょう。
もしくは、秋に関する夫婦間の思い出があったのかもしれませんね。

もう1つは、子供たちに関するエピソードです。
上記の逸話では「芳子の美貌に嫉妬して安子が暴挙に出た」とされていますが、彼女の長子である冷泉天皇が美貌だったといわれることからして、安子も“それなり”以上の顔立ちだったと思われます。
それでも芳子に嫉妬したということは、人の長所を認識できたということにもなるのではないでしょうか。
また、次子の円融天皇も長い間、安子を慕っていたといわれています。

これらを考え合わせてみると、安子は「ときに気が高ぶって乱暴になることもあるが、愛情も深い美人」といった感じの女性だったのではないか……という気がしてきません?

 

スポンサーリンク

あの藤原道長は安子の甥っ子

ちなみに、安子と引き換えにこの世に生まれ出た末子の選子内親王は、五代57年にわたり賀茂斎院を務め、その周辺は清少納言が「この世でベスト3に入る女性の職場」と称するほどのサロンとなりました。

また、子供ではありませんが、安子の甥っ子があの道長です。

紫式部日記絵巻の藤原道長/Wikipediaより引用

つまり、「安子の一門は末永く栄えた」といえなくもないわけです。

一方、芳子の産んだ子供たちは夭折したり、病弱のため東宮にふさわしくないと判断されたりして、栄えたとはいえませんでした。
また、安子が亡くなった後は、芳子への寵愛も薄れていったといいます。

「いったい幸せとは何だろうか」

藤原定子と彰子にも言えますが、安子と芳子も子孫・縁者を含めると、思わずそんなベタなことを考えたくなるような歴史の流れであります。
当人たちは、天国からどう見ているのでしょうか……。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:藤原安子/wikipedia やまとうた

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた, 藤原家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.