日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

江戸城内の朝鮮通信使/wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

室町~江戸時代まで続いた朝鮮通信使 当時の両国関係ってどうだったん?

更新日:

徳川秀忠の就任祝いで朝鮮通信使がやってきた

他人との距離感はどれぐらいがちょうどよいのか?
って、こればかりは人によって違いますよね。「毎日会って話しても苦にならない」者同士もいれば、「ごくたまにしか会わないけれど、会うと話に花が咲く」という関係もあるでしょう。
では、人の集合体である国同士は?
本日はそんな感じで、日本ととある国の関係を見ていきましょう。

慶長十二年(1607年)5月6日は、朝鮮通信使が徳川秀忠の将軍就任祝いのため、初めて江戸を訪問した日です。

まだ豊臣家が存在していた時期ということを考えると、なかなか綱渡りというか危ない橋という感じもしますね。
しかし、日本と朝鮮とのお付き合いの歴史上では、どちらかというと秀吉時代のほうがイレギュラーです。
今回はそのお付き合いの一端である、朝鮮通信使についてざっくりみていきましょう。

徳川秀忠/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

倭寇(海賊)をどげんかせんといかん!

現在、朝鮮通信使の話をするときは、江戸時代のことがほとんどです。
しかしその始まりはもっと前、室町時代のことでした。

当時、朝鮮半島を含めた大陸沿岸部では、日本人の海賊である倭寇に頭を悩ませていました。中には大陸側の人間もいたそうですが、当時は現代ほど国籍の吟味はしていなかったでしょうからね。

そこで、「日本人の海賊がこっちの海で暴れてるんで何とかして(´・ω・`)」というお願いをするために、朝鮮から使者がやってくるようになったのが、通信使の始まりです。
14世紀から朝鮮と貿易する日本人が現れ始め、朝鮮政府に仕える者や定住する者も増えていたので、話は進みやすかったと思われます。

まず九州探題(幕府から派遣される九州方面の役人)または少弐氏が接待し、その後は大内氏が同じく接待と警護を請負ました。そのついでに、通信使と各大名との間で政治的交渉も行われていたようです。

西国大名は朝鮮との貿易をしている者も多く、倭寇への影響力も無視できないと考えられたからでした。
大内氏が大陸との貿易で莫大な利益を上げ、根拠地である山口を「小京都」と呼ばれるほど発展させたのは有名な話ですよね。残念ながら、最後の当主がアレだったせいで陶晴賢と、ひいては毛利元就に滅ぼされてしまいましたが。

この頃は室町幕府が京都にあったため、適当なタイミングで「京に入ってもいいか」という確認の使者が幕府に送られ、許可が出てから京へ向かっていたそうです。
なかなか面倒なことですが、何せ京には天皇もいるので、そう簡単に異国人を通すわけにはいかなかったのでした。

応仁の乱以降は通信使が中断したものの、西国大名のうちいくつかの家との交易は続いています。

 

スポンサーリンク

内紛長引く李氏朝鮮に対し、秀吉「道案内せーや」

次に朝鮮と使者が行き来するようになったのは、秀吉時代のことです。

当時、朝鮮半島にあった国である李氏朝鮮では、この時期、内紛が続いていました。しかもその続きようが数年とか十数年とかいうレベルではなく、世紀単位だったものですから、民衆はすっかり「ダメだこの国……はやく何とかしないと」(※イメージです)という気分になっていたといいます。
日本に滞在していたルイス・フロイスが知っていたくらいですから、秀吉やその周辺の大名も知っていたでしょうね。

秀吉が大陸へ攻め込んだ理由については、いくつかの説がありますが、おそらくは「よしよし、苦しんでいる朝鮮の民を(唐入りのついでに)ワシが救ってやるぞよ」というような気持ちもあったのかもしれません。

こうして大陸へ攻め入ることを計画した秀吉は、朝鮮とツテを持つ大名に「明を攻めるから道案内ヨロシク^^」(超訳)という意向を伝えるよう命じます。

しかし、そうした大名は朝鮮との交易で稼いでいますから、戦になれば一大事。何とか侵攻を取りやめてもらおうとアレコレ図りましたが、全て失敗してしまった上、秀吉の機嫌を損ねてしまいました。
そんなわけで、李氏朝鮮と戦をおっぱじめることになったわけです。

その結果は言わずもがな。小西行長らが板挟みにされ、秀吉は更に再出兵を計画していたようですが、その前に寿命が来たため、実現しませんでした。
代わって朝鮮との和平交渉に動いていたのは、徳川家康と対馬の大名・宗氏です。

イラスト/富永商太

 

将軍就任のたびに来てくれるのは嬉しいけど、費用がハンパねぇ

関が原の後、家康が実質的な最高権力者になったのは、これまた皆さんご存知の通り。
朝鮮から見れば「違う家がトップになったのだから、秀吉のようにまた攻め込んでくることはないだろう。何回も和平の意向だと言ってきているし」となります。

慶長十年(1605年)、朝鮮の使者が対馬にやってきた際、家康は「直接会って話したいから、京へ来るよう伝えてくれ」と連絡、伏見城で会見しました。
そして慶長十二年のこの日(5月6日)、正式に和平を結ぶ返礼の使者を兼ねて、秀忠の将軍就任祝いの一行が訪れた……というわけです。

その後、新しい将軍就任のたびに通信使が訪れるようになりました。
秀忠の代には、大坂の役に対する祝勝、家光の代には家綱の誕生・日光東照宮落成のお祝いの際にもやってきています。

しかし通信使は、送るほうも迎えるほうも、莫大な費用がかかります。国内の参勤交代ですら、大名の経済力を削ぐには充分だったのですから、海を渡ってくる通信使にお金がかからないわけがないですよね。

問題は、通信使の大所帯ぶりにもありました。
彼ら一行は、使者である正使・副使の他に医師・通訳・楽隊・料理人・画家などから構成され、500人にのぼったといわれています。
これに、日本からは対馬藩の案内・警護として1500人ほどが加わるため、大名行列とさほど変わりない規模になったのです。

国内で比較してみますと、外様大名のナンバー2・薩摩藩の参勤交代時と同じくらいというドデカな規模。。

もちろん、時間もかかります。
八代吉宗の代(享保四年=1719年)に来日した通信使は、「対馬~大坂の海路移動に45日、大坂滞在6日、大坂~江戸の陸路移動に18日」だったそうです。“国内に入ってから”江戸に行くだけで、69日=2ヶ月以上かかることになりますね。

江戸での滞在を含めると8~10ヶ月を要していたそうです。
これに朝鮮までの往復が含まれているかどうかまではわからなかったのですが、船の日和待ちによっては1年もザラだったでしょう。

参勤交代をスッキリ解説! 豊臣秀吉の時代に原型が始まり、江戸時代に制度化された

 

対馬や大坂でのおもてなしも提案してみたが……

この間の饗応については、対馬藩の他に外様大名や、進路上の農民などが充てられました。
何せ2000人の大所帯ですから、宿所を用意するだけでも大変です。幕末の西洋人同様、お寺が割り当てられることもありました。

しかし、朝鮮では家畜の肉食が行われていたため、宿所がお寺だと直接家畜を正門から入れることができず、別の門を作ったりなど、別の手間もかかりました。

また、19世紀に入ってからは、朝鮮側では「凶作でお金がないから、日本まで行くの無理じゃね」と言われており、日本も日本で、黒船来航などによるてんやわんや&財政難のために、従来のような接遇ができなくなっています。

そこで幕府が「そっちも江戸までくるの大変だし、対馬とか大坂でおもてなししたいんだけどどう?」と持ちかけたことがあったのですが、これは幕府内部からも朝鮮側からも反対され、実現には至りませんでした。

この案には「西国大名に饗応させて経済的疲弊を狙いつつ、幕府の経費を削減しよう」という狙いも隠れています。もし実現していたら、戊辰戦争での討幕側の軍費はだいぶ減っていたかもしれませんね。
何がどう関係してくるかわからないところが、歴史の醍醐味です。

とまぁ、付き合いが長い同士とはいえ、やはり文化が違いますから、通信使と日本側では度々トラブルが起きました。

宝暦十四年(1764年)には、通信使の一員に侮辱されてブチ切れた対馬藩士が、通信使の一人をブッコロしてしまったことがあります。
通信使一行の中には素行が悪い者もいて、接待役の対馬藩士を困らせることもあったので、腹に据えかねたのでしょうね。殺すのはやりすぎですが、まあ日本人同士でも(現代からすると)「え?」という理由で刃傷沙汰が起きていた時代の話ですから……。

 

日本の和菓子や名所が好評だった

文化や習慣に関する摩擦もありました。
特に、儒教への認識の差は大きなものだったようです。

日本でも朝鮮でも、基本的には朱子学が尊ばれていましたが、朝鮮では「中国から伝わったそのままの教えを守る」のが主流。一方、日本では「朱子学のここはどういう意味なのか」といった研究を重んじる傾向がありました。

そのため日本で研究された説は好まれず、一方、日本の学者が「朝鮮の学者が来たから楽しみにしていたのに、ろくに議論できない(´・ω・`)」と残念に思うことも珍しくなかったようです。
たまに、朝鮮では珍しい、日本の研究者のようなタイプの学者が同行してきたときは、日本の儒学者を評価してくれることもありました。

医学については、通信使に同行していた医師や鍼灸師と日本の医師の間で、積極的な情報交換や問答が行われていたようです。
八代・吉宗の代には、朝鮮人参の国産化に関する情報ももたらされたとか。これが国産できたことによって、朝鮮人参の貿易によって利益を得ていた対馬藩はかなりの打撃を受けたそうですが、まあ仕方ない。
また、通信使の宿を訪ねて、漢詩などの大陸の文学について学ぶ文人もたびたびいたといいます。

朝鮮通信使から評価されたものもありました。
ひとつは食に関するものです。
一定の時期から、日本側でも朝鮮料理を出せるようになりましたが、日本独自のものでは、魚の粕漬けや鰹節、和菓子が好評だったそうです。今の韓国の方はどうなんですかね。

もうひとつは、日本の名所の風景です。
当時は写真がないので、カメラマン代わりに画家が通信使に同行していました。彼らが日本の風景を描いたり、通信使が鞆の浦(とものうら)の眺めを絶賛したりした、ということが伝わっています。
また、日本の画家が朝鮮通信使の行列を絵に残しています。教科書や資料集などにもよく掲載されていますね。

朝鮮通信使との間には摩擦やトラブルもありましたが、ほとんどは大々的な外交問題にまではならずに終わったとみなしていいでしょう。

交通手段の発達によって、現代ではどこの国へもすぐに行けるようになっております。
国と国のお付き合いは動く人もお金も規模が大きく、数年に一回、心からのおもてなしをするのが双方にとっていいのかもしれませんね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:朝鮮通信使/wikipedia 文禄・慶長の役/wikipedia

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.