日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト:富永商太

スポンサーリンク



織田家 その日、歴史が動いた

本能寺の変、ナゾの一つ! 信長の遺体が消えたのは清玉上人が埋葬したから?

更新日:

歴史って、有名な物事とそうでないものの差が激しいですよね。歴史に興味がない方でも知っているような人名・事件もあれば、後世への影響が大きいにもかかわらずほとんど知られていないようなことも珍しくありません。
本日は前者に入るあの事件の、後日談を一つご紹介しましょう。

天正十年(1582年)6月2日は、皆さんご存知、本能寺の変があった日です。

織田信長が家臣の明智光秀に謀反を起こされた、日本史上最大クラスのミステリーであり、それだけに真偽の怪しい逸話が最も多い事件でもあります。
今回はその中でも、信憑性が高いとされる部分のお話です。

 

信長に庇護されていた京都・阿弥陀寺の清玉上人

信長は寺社とむやみやたらに敵対していたわけではなく、真面目な聖職者には庇護を与えていた……ということが近年語られるようになってきましたよね。
そのうちの一人に、阿弥陀寺の清玉上人というお坊さんがいました。

阿弥陀寺は近江国坂本(光秀が一時城主をやっていたあたり)で創建されたお寺です。その後、信長に帰依され、京都に移転していました。
ときの天皇である正親町天皇も帰依し、阿弥陀寺を勅願所と認めたり、清玉上人に東大寺の勧進職を任せたりしていました。
織田家からも、寄付なり何なりを受けていたことでしょう。

阿弥陀寺は当時、本能寺から4kmほど北西の位置にありました。現代では、京都御所を挟んではす向かいといった位置関係です。
高層建築が少なかった当時、そして本能寺で事が起きた早朝には、阿弥陀寺にも喧騒や炎の明るさが届いたことでしょう。

阿弥陀寺(京都)

信長はたびたび本能寺を在京時の宿所にしていましたから、清玉上人も「もしや信長様に何かあったのでは?」と連想したであろうことは想像に難くありません。前日である6月1日には、公家や僧侶を40名ほど集めて茶会も催していますから、清玉上人も呼ばれていたかもしれませんね。

もともとお寺の朝は早いもの。清玉上人はすぐ本能寺へ駆けつけました。
しかし、時既に遅し。
本能寺は既に燃えており、おそらく常日頃から蓄えられていた火薬にも引火して、無残な状況になっていました。

 

スポンサーリンク

「遺骸が敵の手に渡らぬよう火葬をしている」

信長の足取りを探るべく、清玉上人は周辺を歩いて回ります。刑事ドラマでよくある聞き込みみたいな感じでしょうか。
そして本能寺の近くの藪を通りかかったとき、火を焚いている武士数名に出会います。

話を聞いてみると、「信長の遺命で、遺骸が敵の手に渡らぬよう火葬をしている」とのこと。

これを聞いた清玉上人は、「では、葬儀と墓所は私どもで承ります」と請け合い、火葬が終わった後の骨を阿弥陀寺へ持ち帰りました。
この火葬を行っていた武士たちも信長の後を追ったとか、明智軍へ挑んでいったとか、少々話が枝分かれしているようです。

清玉上人は信長だけでなく、織田家全体に大きな恩を感じていたようで、本能寺の変で亡くなった他の武士たちも弔ったといわれています。
その中には、森蘭丸(成利)ら森家の三兄弟と、信長の長子である信忠も含まれていました。一度信長の遺骨を阿弥陀寺に運んで、その後もう一度本能寺や二条城に行ったのか、別の僧侶か武士に頼んで運んできてもらったのか……その辺は伝わっていないようです。

この説で行くと、「明智光秀が信長の遺体を探しても見つからなかったのは、清玉上人たちが素早く火葬を行ったからだ」……ということになります。

 

仕方なく大徳寺で葬儀を行った秀吉は阿弥陀寺の所領を減らす?

その後、光秀は信長の遺体を見つける前に山崎の戦いで敗れましたが、勝った秀吉が阿弥陀寺の話を聞きつけてやってきました。
名実ともに信長の後継者であることを示すため、自分が喪主となって信長の葬儀を大々的に執り行わなければ、と思っていたからです。

しかし、清玉上人はこれに真っ向から立ち向かいます。
「私共のほうでご葬儀は執り行いましたので、秀吉殿が改めてご葬儀をなさるには及びません」

秀吉は法要料などを献じて取り込もうとしましたが、清玉上人はこれも辞退。
さすがは信長や正親町天皇が帰依した僧侶ですね。

秀吉は激怒しながら諦め、大徳寺で葬儀を執り行います。そして天下人になった後は、阿弥陀寺の所領を減らしたともいいます。これが本当だったら小物すぎるやろ。

その後の阿弥陀寺は楽とはいえない状況になりました。江戸時代になってから、森家の末弟である忠政が津山藩に封じられた後、毎年6月2日に法要を営んでいたようですので、多少は持ち直したと思われます。信長のためというよりは、忠政の兄たちのためだったかもしれませんが。
忠政の義理の孫の代に百年忌も行っていますから、それなりに長く付き合っていた様子。

 

大正時代の宮内庁は阿弥陀寺を信長の正式な廟所と認定

しかし、二度火災に遭って信長の遺品類がほとんど焼けてしまい、森家もその後改易されたため、阿弥陀寺はまたしても困窮してしまいました。
大正時代に宮内庁の調査で「阿弥陀寺の信長公墓所は正式な廟所である」と認められて現在に至っているので、江戸中期~明治時代の間もどこかから庇護を受けていたと考えられるのですが……これまた詳細がわかりませんでしたスミマセン。

清玉上人が信長を弔ったことに始まるこの一連の話は、変の直後のものだとされていること、秀吉など近い時代の人々の認識などから、信憑性が高い逸話だといわれています。

しかし、これが本当だとすると、やはり弥助が作ったとされるデスマスクの話はリアリティに欠けますね。
弥助は本能寺が攻められたとき、二条城に向かって明智軍に捕まったといわれていますし、おそらくそれまでの間に信長は荼毘にされていたでしょう。

信長の顔をよく知る人が後々作ったとか、織田家の別の人のもの……という可能性はありそうですが。
信忠も清玉上人によって葬られていますから、信忠のデスマスクというのもなさそうです。

とはいえ、現在ではどちらが「明確な事実」とも言い難いところ。
この二つの逸話からわかるのは、信長が僧侶と黒人という立場も人種もかけ離れた存在の両方から、とても慕われていたということでしょうか。
やっぱりすごいぜ、我らが信長サン!

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:阿弥陀寺_(京都市上京区)/wikipedia 京都観光NAVI 弥助/wikipedia

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-織田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.