日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

足利学校の門

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代

足利学校はザビエルも認めた中世日本の最高学府 上杉憲実の苦労と共に振り返る

投稿日:

皆様は「学校」にどのような思い出をお持ちですか?
充実していたという方もいれば、そうではなかった人、あるいは遠い昔のこと過ぎてよく覚えていないという人、はたまた今まさに学生だという方もいらっしゃるでしょうか。
良い・悪いは別として、若い内の大部分を過ごす場所ですから、何らかの思い出はありますよね。
本日は日本屈指の歴史を持っていた、あの学校のお話です。

文安三年(1446年)6月30日は、上杉憲実が足利学校に「学規三条」を制定した日です。

日本最古の学校とされる同校の校則を作った、というイメージで良いかと思います。
本日は同校の歴史的背景やその他諸々を見て参りましょう。

足利学校

 

創立者は諸説あり 足利義兼が有力か

足利学校の明確な創立時期はわかっていません。
諸説ありますが、平安時代から室町時代という幅広さです。入り乱れるにも程があるやろ。

といっても、平安時代説は「天才・小野篁が承和六年か承和九年(それぞれ839年・842年)に作った」という、いかにも信憑性が薄いものです。篁が東国へ来たことはありませんし、承和六年には流刑で隠岐に行っているはずですからね。
篁は「毎日地獄へ通って閻魔様の補佐役をしていた」なんて伝説があるような人ですから、「地獄へ通えるくらいなら、上野へ通うなんて朝飯前だろう」とか思われてたんでしょうか。そんな無茶な。
頭のいい人だったからこそ、無理やり結び付けられたのかもしれません。

平安時代の出来杉くん小野篁(たかむら) 天才すぎて島流しの刑

それよりは、12世紀末に足利義兼によって設立されたという説のほうが現実味がありますね。
義兼は足利氏の二代目で、後の室町幕府初代将軍・足利尊氏の遠いご先祖様です。

この日に校則を作った上杉憲実が、足利学校そのものを作ったという説もありますが、彼以前の時代に「足利には学校がある」という記録が存在しています。つまり、名前や組織はどうあれ、それ以前からこの地に学校があった可能性は高いということです。

また、憲実の主君にあたる関東公方・足利持氏が関わっていた説もあります。この人がいろいろアレなので、教育という長期的な視野を持っていたかどうかはアヤシイですが。

尊氏までの足利七代を一挙解説! 源氏の名門ながらメンタル的には不安定な一族だった!?

 

スポンサーリンク

足利持氏に苦労させられまくりの上杉憲実

少々本筋からずれますが、バックグラウンドとして上杉憲実や足利持氏の話を少々挟みましょう。
憲実は、関東管領を務めてきた山内上杉家の人です。生まれは越後上杉家ですが、従兄であり山内上杉家の当主だった上杉憲基(のりもと)に跡継ぎがいなかったので、養子入りして関東管領にも就きました。

室町幕府は京都・室町に御所を置いたことからそう呼ばれていますが、鎌倉幕府のシマだった関東を放置するわけにはいきません。そこで「鎌倉公方」という部署を鎌倉に設置し、睨みを利かせることにしていました。

しかし、尊氏の四男・基氏(もとうじ)の家系が代々鎌倉公方に就いたことで、かえって本家である将軍と対立が生まれます。
要するに「もしかしたらウチが将軍になれてたかもしれないのに!」というわけです。そんなこと言ったってしょーがないやろ……と後世の我々はツッコミたくなりますが、この問題はかなり長く尾を引きました。
それにより、鎌倉公方の補佐役である関東管領は、何かと上方の事情に首を突っ込もうとする鎌倉公方をなだめすかすのが仕事の半分を占めていたといっても過言ではありません。

憲実もその一人で、直接の主である足利持氏が面倒を起こすたびに、幕府へ詫びを入れたり、上方のお坊さんに頼んで仲裁を頼んだりしています。

が、これによって持氏は憲実をやっかむようになりました。反抗期の高校生かお前は。

 

スポンサーリンク

永享の乱で持氏は自害 教実は親族もろとも隠遁生活へ

持氏が応永五年(1398年)、憲実が応永十七年(1410年)生まれといわれているので、持氏はちょうど一回り歳下の若者にあれこれ世話を焼かれていたことになります。
立場や世代の差による価値観の相違があるにせよ、情けなさすぎるやろ。

しかも幕府からは「憲実をこっちに引き入れれば、いろいろアヤシイ鎌倉公方を大人しくさせられるかも」と妙な方向に期待されてしまいます。
そして、”永享の乱”という室町幕府vs鎌倉公方の争いに巻き込まれました。憲実は幕府方とみなされて戦うことになりましたが、そもそも憲実には鎌倉や持氏と敵対する意志はなかったため、家臣が兵を指揮しています。

憲実は幕府に持氏の助命嘆願をし、これが叶えられず、逆に「お前、そんなに言うなら持氏と一緒にブッコロしてもいいんだよ?^^」(超訳)と脅されました。
かくして覚悟を決めた憲実。儒教の本や絵画を足利学校に寄付して身辺整理を進めます。しかし、幕府と鎌倉公方の連絡役を勤めていた柏心周操という僧侶に説得され、立場を一転、持氏を攻めることに決めます。
結果、持氏は自害し、永享の乱の乱は終わりました。

その後、憲実は持氏の墓前で自害しようとしたほど後悔していました。
山内上杉家の当主を弟の清方に譲り、隠遁しておりますので、覚悟の程は伝わってくるでしょう。

その後、上方で嘉吉の乱(第六代将軍・足利義教暗殺事件)などが起き、幕府からは「お前がシッカリして関東を抑えといてくれないと困るんだよ!」(意訳)とプレッシャをかけられます。

が、公的には復帰しませんでした。憲実の態度は徹底したもので、自分の子供達も(甥に預けていた次男を除いて)出家させ、決して還俗しないように!と命じているほどです。
自分だけでなく、子供にも権力と関わるな……というのは相当ですよね。

これにより、幕府は上杉清方を正式に関東管領と認めざるを得なくなりました。
しかし、文安元年(1444年)に清方が先に亡くなってさらにゴタゴタしていくことになります……が、そろそろ話を足利学校のほうに戻しましょう。

 

儒教や学問を学んで良き人間になろう

憲実が足利学校の校則を定めたのは、こうした権力と忠孝の揉め事で、世の中がほとほと嫌になっていたと思われる頃合いです。

それを踏まえて、彼がこの時定めた「学規三条」を見てみましょう。例によって、意訳でご勘弁ください。

「ここで学んだことや学校内の規則を守ること」
「勉強をサボるなら出て行け」
「生徒は入学以降、僧侶扱いとする」

最後の一つはともかく、他の二つはごくごく当たり前のことですね。
しかし、上記の経緯からすると、憲実は「儒教や学問を正しく学び、身につけ、良い人間になれよ」と学生たちに言いたかったのでは……という気もします。

儒教的に考えれば、持氏の態度や、しでかしたコトはありえないどころの話ではないし、それを止められなかった自分への不甲斐なさもあったでしょう。
学生たちが自分たちの二の轍を踏まないように、改めて諭すつもりだったのでしょうか。

憲実は校長にあたる「能化(のうげ)」(江戸時代は「庠主(しょうしゅ)」)に鎌倉円覚寺の僧・快元を招くなど、良い教育者の招請にも力を注ぎました。
その結果良い教師が集まり、さらに評判を聞きつけて全国から生徒が集まるようになり、それに伴って能化・庠主にも足利や関東だけでなく、さまざまな地方の出身者が就くようになっていきます。

 

ザビエルいわく「日本最大の大学デース」

足利学校の学費は無料ながら寮はなく、学生たちは近隣の民家に下宿していたそうです。また、学校の敷地内に畑や薬草園があり、自分たちで野菜や薬草を育てていたとか。
畑仕事をすることで、いくらか体も鍛えられたでしょう。

教育内容としては儒教をベースとし、兵学や医学なども含まれていました。といっても現代の学校のように先生が授業をするスタイルではなく、自学自習が基本というところが大きく違います。
つまり、足利学校で認められるということは「知識を自ら求めて身につけ、先生が太鼓判を押した」ことを意味したわけです。
そのため、「足利学校出身」は大名家への出仕を目指す者にとって、最高のアピールポイントになりました。

足利学校はフランシスコ・ザビエルに「日本で最も大きく、最も有名な坂東(関東)の大学」と記録されています。
ザビエル自身が足利学校を訪れたわけではないので、彼が行った西日本でも少なからず足利学校のことが話題になっていたということでしょうね。

戦国時代の終盤・小田原征伐の後、庇護者だった長尾氏が滅んだことで、足利学校は一時危機を迎えます。
しかし、第九代庠主・三要が徳川家康に仕え、信頼を得たことで、徳川家が足利学校の新しい庇護者になってくれました。
江戸時代中、足利の地は度々領主が変わりましたが、足利学校自体に100石の領地を与えられ、何とかやっていくことができています。近郊の人々が学ぶ学校として、江戸時代中期までは広く親しまれていたそうです。

しかし、それ以降足利学校で教えられていた易学よりも、新しく伝わってきた朱子学が重んじられたため、時代遅れになってしまいました。平和が続いたため、兵学が必要なくなったというのも大きかったようです。

その後は学者たちによって、貴重な古書を所蔵した図書館とみなされていました。役割が変わったとはいえ、残らないよりはマシですね。

 

廃校になるも旧・足利藩士らが蔵書や敷地を守る

江戸から明治への激動の中で、足利学校は廃校となりました。

敷地の東半分が小学校に転用され、蔵書も散逸の危機にさらされます。
しかし、旧足利藩士らの努力によって、蔵書や敷地の西半分は地元に返還されました。足利藩は多少優柔不断なところがあったものの、新政府方についたからかもしれません。

明治三十六年(1903年)には栃木県初の公共図書館・足利学校遺蹟図書館として再出発し、旧来の蔵書と一般図書を併せ持つ施設となりました。
また、その時点で残っていた建物も国の史跡として保護されることになります。

1980年代には小学校の移転や一般図書の移管が行われ、元の姿に近い形の足利学校が復元されています。
今訪れることができるのは、江戸時代中期の姿を再現したものです。

さらに、2015年には「近世日本の教育遺産群 ―学ぶ心・礼節の本源―」の一つとして日本遺産になりました。
今のところ、足利学校に限らず日本遺産の知名度は高くありませんが、増やしたり宣伝したりすれば、クールジャパンに繋がるんじゃないですかね。
東京オリンピックへの準備のついでに、ぜひ取り組んでいただきたいものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:足利市HP 足利学校/wikipedia 上杉憲実/wikipedia

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.