日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

清水徳川家(御三卿)の跡継ぎは養子ばかり……「腰掛け」同然だった理由とは

投稿日:

親子きょうだいが似ているのは当たり前のことですが、たまにおじさんやおばさん、はたまたいとこと似ている……というケースもありますよね。
かと思えば「他人の空似」なんて言葉もありますし、「世の中には同じ顔の人が三人いる」なんて言われたりもします。後者は科学的な検証によると「三人どころかもっといるかもしれない」らしいですね。
実に不思議なものですが、今回はもうちょっと長いスパンでそんな雰囲気を醸し出した、とある家の事情をお話したいと思います。

寛政七年(1795年)7月8日は、清水徳川家の初代当主・徳川重好が亡くなった日です。

清水徳川家は「御三卿」の一角となる家ですけれども、他の二家(田安家・一橋家)と比べて、ある特徴を持っています。
まずは重好の生涯からみていきましょうか。

 

田安家、一橋家に続くもう一つの分家

重好は、九代将軍・徳川家重の次男です。
十代将軍となった家治が特に問題なく育ったので、早くに行き先を決めなくてはなりませんでした。

といっても、徳川宗家の人間が特に問題もなく出家するのも、外聞や威厳に関わります。
そこで家重は
「そうだ、父上の真似をしよう」
と思い立ちます。

「真似」というのは他でもありません。
江戸城のすぐ側に住む親戚として、田安家・一橋家の他にもう一つ分家を作ることでした。

江戸時代の大名家では、いつどんな理由で跡継ぎがいなくなるかわかりません。
戦がなくても、天災や病気、あるいは「不慮の事故」で男子が亡くなることは珍しくありませんでした。

そのため、できるだけ近い血筋の親戚は不可欠だったのです。もっとも、その親戚がゴタゴタの元になったりもしますので、諸刃の剣でもありましたが。

徳川家重/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

家も近けりゃ、血筋も近い そして仲も良かった家治と重好

「善は急げ」とばかりに家重は、14歳で重好を元服させ、早々に清水家の当主として外に出してしまいます。
と言っても屋敷の位置が現在の日本武道館あたりですので、江戸城本丸(現在の皇居東御苑)から歩いて15分もかかりません。

家格は御三家の次とされ、石高も最初10万石。三年後、さらに10万石を加増されており、将軍の弟としては申し分ない立場といえるでしょう。

家も近けりゃ、血筋も近い。ということで兄・家治や家治正室・倫子女王もたびたび清水家の屋敷を訪れています。徳川家……というか武家には珍しい、仲の良い家族だったのでしょうね。

家治は祖父・吉宗から寵愛されて育ったので、正室を始め、他者に親愛を抱き、それを露わにすることが多かったように思えます。
やっぱり小さいときの環境って影響するんでしょうね。

一方の重好は、一族の中では年少だったため、政争では年長者に押し負けるようになっていきます。
特に、家治の長子・家基が亡くなったとき、一橋家の豊千代(後の十一代将軍・家斉)が家治の養子になってからは顕著でした。

武家では、兄弟の順に家督を継承したり、弟が兄の養子になることも珍しくありません。
そこを押し切ったのは、豊千代の父・治済でした。

 

スポンサーリンク

「チャンスさえあれば将軍になれる」という立場が……

治済は一橋家の初代当主であり、吉宗の三男・宗尹(むねただ)の息子でした。

かつて、家重が身体的障害のため家督継承が難しいと思われていた頃、「九代将軍は次男・宗武に」という噂が立っていました。その声があまりにも大きかったので、宗武はてっきり自分が将軍になるものと思っていたのです。

が、吉宗はあくまで長幼の順を重んじ、家重を将軍にしました。
それをなだめる意味もあって、次男・宗武と三男・宗尹を家の外に出したわけです。

しかし、「チャンスさえあれば将軍になれる」という立場は、宗武や宗尹、そしてその息子たちを焚き付けることになりました。
宗武は公然と兄の将軍就任を批難して吉宗に怒られたことがありますし、宗尹は芸術や菓子作りを愛するおとなしい面と、鷹狩を熱狂的に好むという危うい面を持ち合わせていました。

そういう状況を間近で見たであろう治済が、野心を抱かないわけがありません。
しかし、他に徳川の血を引く男子がたくさんいる中で、家重の嫡男・家治よりも年上の自分が将軍に就くのはほぼ不可能。となると、息子を傀儡にして実験を握る……というのが一番やりやすくて現実的なわけです。
重好は、その煽りをくらった形になりますね。

徳川吉宗/Wikipediaより引用

 

田沼意次に賄賂を送り、将軍にしてもらうだと!?

重好に関する目立ったエピソードはありませんが、おそらくは温厚で権力欲があまりなかったのでしょう。
コケにされたも同然の扱いに対して、不平を鳴らしたとかいう話もないようです。

それだけに、重好に仕えていた家臣たちは歯がゆい思いをしていたと思われます。
実際、天明八年(1788年)に幕府に対して「清水家でアヤシイ動きをしている者がいます」と報告されたことがありました。

首謀者は長尾幸兵衛という人物で、田沼意次に3万両もの賄賂を送り、重好を将軍にしてもらおうとしていたようです。

賄賂や陰謀はよろしくありませんが、逆にいえば、家臣がそうしたくなるほど重好がデキた人だったのでしょう。上が立派だと、下もやる気が出ますからね。
もっとも、この頃の意次は既に老中をクビになっていますし、亡くなる直前でしたので、どこまで頼りになったかは怪しいものですが……。

重好はそのまま、特にトラブルも功績もなく、50歳で世を去りました。
家治の男子も既に亡くなっていたため、家重の血筋はこれで断絶してしまっています。

最初からそんな感じだったためか、清水徳川家はその後も実子による相続が行われませんでした。
将軍の弟や次男以降の人が一時的に清水家に入り、御三家のどこかに再び養子に行くということが繰り返されたのです。二昔前の腰掛け就職のようですね。そのため、清水家から直接将軍に就いた人はいません。

 

明治維新後は爵位を返上するも昭和になって再び男爵に

江戸時代中最後に清水家の当主となったのは、最後の将軍徳川慶喜の弟であり水戸徳川家出身の徳川昭武でした。

しかし、幕末に慶喜・昭武の長兄で最後の水戸藩主・慶篤が亡くなったため、昭武は水戸家の家督を継ぎます。

代わりに明治初期までは昭武の甥・篤守が清水家を継いでいますが、明治十七年(1884年)の華族令で伯爵を授けられた後、経済的事情により明治三十二年(1899年)に爵位を返上して一般人同然となりました。
江戸時代もそうでしたが、お偉いさんはお偉いさんで面子を保つための費用でてんてこ舞いだったのです。

その後は清水家自体が歴史の表舞台に立つこともなくなりましたが、篤守の嫡子・好敏が陸軍航空兵分野確立などの功績により、昭和三年(1928年)に男爵になっています。

血が繋がっていないにもかかわらず、清水家は何だか重好の性格がよく現れているような気がしますね。不思議なものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:徳川重好/Wikipedia 清水徳川家/Wikipedia

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.