日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

桑姫神社の横にある祠には大友宗麟の大友家家紋「杏葉」紋が施されている

スポンサーリンク

歴史ウォーカー

キリシタンが御祭神?!世にも稀な長崎の神社

更新日:

長崎は戦国時代のキリシタン関連遺跡や、幕末に至っては坂本龍馬の海援隊、勝海舟の幕府海軍伝習所などの所縁の地が点在し、歴史的な話題に事欠かない土地です。

そんな、歴史的なスポットの一つに上げられるのですが、ちょっと異色といえる場所があります。長崎湾を一望できる稲佐山の麓に鎮座する淵神社の末社・桑姫神社が、それです。

桑姫神社を麓に置く長崎湾一望の稲佐山

桑姫神社を麓に置く長崎湾一望の稲佐山

斜面を開いて石段を組み入れた淵神社の参道の一番奥へと進むと、末社として稲荷社などが並でいるのですが、稲荷社の更に奥に桑姫神社が、小さな祠の姿で鎮座しています。

淵神社末社の桑姫神社

淵神社末社の桑姫神社

祭神が桑姫さまというお姫様であることから、この末社の名があるのですが、桑姫は、戦国時代末期の人で、淵神社の周辺の村で桑の木を植え、蚕の飼い方を広めたと云うことで、死後に崇敬されることになり、お祭りされているのだそうです。

実は、この桑姫さま。キリシタン大名として有名な大友宗麟の孫娘なのです。そして、もちろん。彼女自身「マセンシア」という洗礼名を持つキリシタンです。

つまり、桑姫神社はキリシタンとして立派に信仰を持っていた人が御祭神という、世にも稀な神社なのです。

桑姫神社の横にある祠には大友宗麟の大友家家紋「杏葉」紋が施されている

桑姫神社の横にある祠には大友宗麟の大友家家紋「杏葉」紋が施されている

愉快といえば良いのでしょうか、それとも素朴だ、ということなのか。この宗教的な寛容さが生んだ神社が存在することについて、ローマ法王にでも報告して、感想を聞いてみたいとかねがね思うFrcoDonです。

スポンサーリンク

FrcoDon・記(福岡在住)




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史ウォーカー
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.