日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史ウォーカー

信長に歯向かい細川藤孝に殺された! 物集女宗入公の440回忌法要を清浄華院で11/1に開催

更新日:

 

突然ですが「物集女」って読めますか?

京都在住の方でしたら常識なのかもしれませんが、答えは「もずめ」であります。関東人は、十中八九読めないでしょう。

しかしこの書き出し、いかにも【オモシロ歴史】な匂いがプンプン漂っておりませんか?

なになに、この名前、誰かビッグネームと関係でもあるの? 有名な武将相手に何かやらかした人なのかしら・・・と、戦国好きならすぐに詮索したくなるところでしょう。

ここであらためて上記のTOP画像に注目していただければと存じます。

物集女 宗入(もずめ そうにゅう)

戦国時代に山城国乙訓郡物集女村(現在の京都府向日市物集女地区)を支配していた国人であり、なんと織田信長に逆らい、さらには勝龍寺城に呼び出されて細川藤孝に殺されてしまったというのです!

勝龍寺城/wikipediaより引用

勝龍寺城/wikipediaより引用

 

いやぁ、出てきましたね、戦国ファン好きな興味深いエピソードが。

謀殺されるぐらいですから、なかなかの実力者だったのでしょう。地元では英雄との声もあるそうです。

普段我々は、「信長の上洛」と一言で済ませがちですが、その途中に潰された六角氏などの大名クラスだけではなく、物集女氏のような国人衆はまだまだ他にもいたことでしょう。

そんなエピソードが知れるというのもなかなか素敵な機会だと思いませんか?

ここからはいよいよ本題ですが、写真の木像は物集女宗入さんであり、清浄華院(浄土宗七大本山の一つ・京都市上京区寺町今出川下がる)に安置されていたのが今年発見されたものであります。

なんでも今年は物集女宗入氏の440回忌にあたるとのことで、その法要が11月1日に開催されますので、よろしければご参加を!

普段、戦国大名に触れる機会はありますが、国人クラスとの接触は、なかなか恵まれないことでしょうから。

法要の詳細は下記をご参照ください。

【概要】
京都府向日市物集女地区に残る物集女城跡最後の城主で、物集女忠重入道宗入公の440回忌法要を行います。西ヶ岡衆と呼ばれた国人(在地領主層)衆の一人で、信長の命により細川藤孝によって誅殺されてしまった武将です。国人としての誇りから信長に屈服せず殺されてしまった悲劇の武将として地元では知られています。

本年、大本山清浄華院に数奇な縁から伝来した木像が彼の物であることが判明し、折しも440回忌である事から法要か営まれることになりました。併せて西が岡衆の活躍を紹介する紙芝居や記念講演が催されます。

【物集女宗入公 四百四十回忌 追善法要】
平成26年11月1日 於・清浄華院 大殿
13時~法 要

法要後
・解 説「物集女宗入公像の発見―物集女宗入創建・聖聚院の歴史」
清浄華院史料編纂室 松田道観

・奉納紙芝居「西岡衆の活躍」
京都乙訓ふるさと歴史研究会 中西 昌史

・記念講演「戦国武士物集女宗入と物集女城」
大阪市立大学教授 仁木 宏

スポンサーリンク

参考:浄土宗大本山清浄華院公式サイト

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-歴史ウォーカー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.